エンティティのエクスポートとインポート

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

エンティティをエクスポートやインポートすることで、大量のエンティティ データの作成や移動を簡素化できます。

このデータがある場所

エージェントを作成する際は、Dialogflow ES コンソール(ドキュメントに移動コンソールを開く)を使用するのが最も一般的です。コンソールの使用方法は次のとおりです。エンティティ オプションのデータにアクセスするには、次の手順を行います。

  1. Dialogflow ES コンソールに移動します。
  2. エージェントを選択します。
  3. 左側のサイドバーのメニューで [Entities] を選択します。
  4. エージェント用に定義されたカスタム エンティティの [Custom] タブ、またはエージェントで使用するシステム エンティティの [System] タブを選択します。

フォーマット

手動編集可能なインポート / エクスポート形式は JSON 形式と CSV 形式です。

JSON 形式

詳しくは EntityType REST リファレンスをご覧ください。

CSV 形式

CSV コンテンツの形式は次のとおりです。

  • 各エンティティ エントリは 1 行で、改行で終わります。
  • 各値は二重引用符で囲みます。
  • 各値はカンマで区切ります。
  • マップ エンティティの場合:
    • 参照値は行の先頭に配置し、続けて類義語を指定します。
    • エンティティで一致させる場合は、参照値を 2 回含めます。
  • リスト エンティティの場合:
    • 各行には 1 つの値が含まれます。

たとえば、次の 2 つのマップ エンティティ エントリがあります。

"New York City", "New York City", "NYC", "New York City, USA"
"Philadelphia", "Philadelphia", "Philly", "Philadelphia, USA"

書き出し

エンティティをエクスポートするには:

  1. エンティティにカーソルを合わせ、クラウド ダウンロード アイコンをクリックします。
  2. JSON 形式か CSV 形式を選択します。
  3. ファイルの保存先とするシステム上の場所を選択します。

インポート

エンティティをインポートするには:

  1. [その他] アイコン をクリックします。
  2. [Upload entity] をクリックし、ファイルを選択します。