フォローアップ インテント

フォローアップのインテントを使用すると、インテントのペアのコンテキストを自動的に設定できます。フォローアップ インテントは、関連付けられた親インテントの子です。フォローアップ インテントを作成すると、出力コンテキストが自動的に親インテントに追加され、同じ名前の入力コンテキストがフォローアップ インテントに追加されます。前の会話ターンで親のインテントが一致した場合にのみフォローアップ インテントが一致します。複数レベルのネストされたフォローアップ インテントを作成することもできます。

Dialogflow には、「はい」、「いいえ」、「キャンセル」などの一般的なエンドユーザーの応答に対応する事前に定義されたフォローアップ インテントが数多くあります。カスタムの応答を処理する独自のフォローアップ インテントを作成することもできます。

たとえば、ヘア スタイリスト エージェントは次のネストされたインテントを持つことができます。

インテントの
名前
トレーニング
フレーズ
入力
コンテキスト
出力
コンテキスト
インテント
レスポンス
予約 お客様 予約フォローアップ 予約
しますか?
予約 - はい はい 予約フォローアップ 予定 - はい - フォローアップ ヘアカットをしますか?
ヘアカット - はい はい 予定 - はい - フォローアップ 予約が設定されました。
ヘアカット - いいえ いいえ 予定 - はい - フォローアップ さようなら。
予約 - いいえ いいえ 予約フォローアップ さようなら。

このデータがある場所

エージェントを作成する際は、Dialogflow コンソール(ドキュメントを表示コンソールを開く)を使用するのが最も一般的です。コンソールの使用方法は次のとおりです。インテント データにアクセスするには、次の手順を行います。

  1. Dialogflow コンソールに移動します。
  2. エージェントを選択します。
  3. 左側のサイドバーのメニューで [Intents] を選択します。

コンソールではなく API を使用してエージェントを作成する場合は、インテントのリファレンスをご覧ください。API のフィールド名はコンソールのフィールド名と同様です。

フォローアップ インテントを作成する

フォローアップ インテントを作成するには:

  1. インテント リストから、目的の親インテントにマウスポインタを移動します。
  2. [Add follow-up intent] をクリックします。
  3. 事前定義されたフォローアップ インテントのいずれかを選択するか、[Custom] を選択します。事前定義済みのフォローアップの内容には、予期されるエンドユーザーの返答のためのトレーニング フレーズも含まれています。