変数の変更を監視する

このページでは、変数のウォッチャーを作成する方法について説明します。ウォッチャーの詳細については、Runtime Configurator Fundamentals を参照してください。

始める前に

変数の変化を監視する

変数を監視して変化があったかを調べるには、variables().watch メソッドを呼び出します。このメソッドは、60 秒間変数を監視し、変数の値が変化すると返します。値が 60 秒以内に変化しない場合、メソッドは終了し、変数 state=VARIABLE_STATE_UNSPECIFIED を返します。変数が削除された場合、メソッドは変数 state=DELETED と最後に既知だった変数値を返します。

ウォッチャーを設定するには、Deployment Manager、gcloud コマンドライン ツール、API を使用します。

Deployment Manager

これは、Deployment Manager でサポートされていません。代わりにウェイターを作成します。

gcloud

gcloud コマンドライン ツールでは次のように指定します。

gcloud beta runtime-config variables watch [VARIABLE_KEY] --max-wait [TIMEOUT_SEC]

ここで

  • [VARIABLE_KEY] は、監視するキーです。
  • [TIMEOUT_SEC] は、待機する時間(秒)です。デフォルトおよび最大値は 60 秒です。

gcloud は変数を監視し、指定したタイムアウト期間に達するか変数の変更を行った後、値を返します。変数が変更された場合、レスポンスには該当する変数の状態のいずれか 1 つが含まれています。

API

API では、次の URI に POST リクエストを送ります。

https://runtimeconfig.googleapis.com/v1beta1/projects/[PROJECT_ID]/configs/[CONFIG_NAME]/variables/[VARIABLE_KEY]:watch

ここで

  • [PROJECT_ID] は、このリクエストのプロジェクト ID です。
  • [CONFIG_NAME] は、このリクエストの RuntimeConfig リソースの名前です。
  • [VARIABLE_KEY] は、監視するキーです。

必要に応じて、newerThan プロパティによるリクエスト ペイロードを設定することができます。

{
  "newerThan": "[TIMESTAMP]"
}

ここで、[TIMESTAMP] は UTC 「Zulu」形式のエポックからの RFC 3339 のタイムスタンプです。例:

2014-10-02T15:01:23.045123456Z

newerThan プロパティを設定する場合、メソッドは変数の現在のタイムスタンプが指定されたタイムスタンプよりも新しい場合、すぐに返します。newerThan コール間でいかなる変更も見逃さないよう、watch() プロパティを使用します。

メソッドは、該当する変数の状態のうち 1 つを返します。

このメソッドについて、詳しくは variables().watch のドキュメントをご覧ください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Deployment Manager のドキュメント