参照のメリットについて

参照を使用すると、値を直接指定せずに、構成やテンプレートのプロパティを定義できます。

参照を使用すると、リソースが作成されるまで定義されていないプロパティにもアクセスできます。たとえば、構成で仮想マシンを定義する時点では、そのマシンの IP アドレスはわかりませんが、IP アドレスへの参照を作成できます。

このステップでは、ネットワークとそれを参照する仮想マシンを含む two-vms.yaml について説明します。

新しい構成を開く

新しい two-vms.yaml を開き、a-new-network というネットワークを定義します。

cd deploymentmanager-samples/examples/v2/step_by_step_guide/step4_use_references

nano two-vms.yaml  # use your preferred text editor

ネットワークへの参照を確認する

両方の仮想マシン インスタンスの properties セクションで、network の値が新しいネットワークの selfLink を参照しています。このため、ネットワーク インターフェースのプロパティは次のようになります。

networkInterfaces:
- network: $(ref.a-new-network.selfLink)

構成をデプロイする

サンプル ファイルで MY_PROJECT のすべてのインスタンスをプロジェクト ID で置き換え、次のコマンドを実行して構成をデプロイします。

gcloud deployment-manager deployments create deployment-with-references --config two-vms.yaml

デプロイを表示するには、次のコマンドを使用します。

gcloud deployment-manager deployments describe deployment-with-references
gcloud deployment-manager deployments create deployment-with-references --config two-vms.yaml

次のステップ: テンプレートと変数

変数やテンプレートなどを使用すると、複雑な構成を効率的に作成できます。

次のステップでは、テンプレートの詳細と、それを使用して柔軟に構成を行う方法について説明します。

デプロイを削除する

費用の発生を防ぐため、デプロイを削除することをおすすめします。このデプロイは次のステップで必要ありません。次のコマンドを実行して、デプロイを削除します。

gcloud deployment-manager deployments delete deployment-with-references
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Deployment Manager のドキュメント