リソースをデプロイする

設定を作成したので、それを使用してデプロイを作成できます。新しく作成するデプロイには、設定内で定義されたすべてのリソースが含まれます。今回の場合、デプロイには 2 つの仮想マシン インスタンスができます。

設定をデプロイするには、次のコマンドを実行します。

gcloud deployment-manager deployments create deployment-with-2-vms --config two-vms.yaml

しばらくすると、処理が完了してデプロイが正常に作成されたことが表示されます(実際のオペレーション ID は次の例とは異なることに注意してください)。

Waiting for create operation-1432319707382-516afeb5d00f1-b864f0e7-b7103978...done.
Create operation operation-1432319707382-516afeb5d00f1-b864f0e7-b7103978 completed successfully.
NAME           TYPE                 STATE      ERRORS  INTENT
the-first-vm   compute.v1.instance  COMPLETED  []
the-second-vm  compute.v1.instance  COMPLETED  []

デプロイが作成されました。新しいデプロイを確認するには、次のコマンドを実行します。これは、デプロイに含まれる各リソースを、リソースタイプ、一意のリソース ID、リソース名、リソース作成ステータスとともにリスト表示します。

gcloud deployment-manager deployments describe deployment-with-2-vms

また、デプロイのマニフェストを見ることもできます。これは Deployment Manager が生成する読み取り専用ファイルで、デプロイの作成元である構成入力と展開形式の構成を示します。アプリケーション開発の過程では、トラブルシューティングやデプロイに含まれるリソースの確認などに役立ちます。

マニフェストを取得するには:

  1. デプロイについて説明コマンド(describe)を使用します。

    gcloud deployment-manager deployments describe deployment-with-2-vms
    
  2. 出力の manifest 項目で値 manifest-TIMESTAMP を確認します。それがマニフェスト ID です。たとえば、次のようになります。

    ...
    manifest: manifest-1895416789469
    ...
    

  3. マニフェストを取得するには、次のコマンド例のマニフェスト ID を実際のマニフェスト ID に置き換えて実行します。

    gcloud deployment-manager manifests describe manifest-1895416789469 \
      --deployment deployment-with-2-vms
    

デプロイのリソースを表示する

マニフェストには設定が記載されますが、デプロイ内のリソースのリストや現在のリソースのステータスは含まれません。この情報は、デプロイに不具合が発生した場合に、どのリソースが原因の可能性があるか確認できるので有用です。

デプロイのリソースのリストを取得するには、次のコマンドを実行します。

gcloud deployment-manager resources list --deployment deployment-with-2-vms

この例では、ハードコーディングした静的な設定を作成しました。将来の設定では、変数と再利用可能なテンプレートを使用して、より動的な設定を作成することもできます。この静的な設定を、動的で有用なものにする方法については、このガイドの残りの部分に従ってください。

GCP Console インターフェースにデプロイを表示する

作成したすべてのデプロイの展開形式のリストを Google Cloud Platform Console に表示することもできます。方法は次のとおりです。

  1. GCP Console の [デプロイ] ページに移動します。
  2. デプロイを展開表示して関連するリソースを見ます。

    展開したデプロイのスクリーンショット

作成したデプロイは、いつでもここでビジュアル ツリーで見ることができます。このガイドで後に出てくる、より複雑な例では、デプロイ内のリソース階層を理解するのにこのページが役立ちます。

デプロイを削除する

Compute Engine のリソースには費用が発生します。このデプロイは後のステップでは不要なので削除することをおすすめします。このデプロイを削除すると、その中にあるリソースもすべて削除されます。このデプロイを残したままにすると、以降の例と競合を起こします。

デプロイを削除するには:

gcloud deployment-manager deployments delete deployment-with-2-vms

次へ: 参照を使用する

関連トピック

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Deployment Manager のドキュメント