クイックスタート

このクリックスタートでは、Google Cloud Deployment Manager を使用して仮想マシンをデプロイします。仮想マシンをリソースとしてデプロイの構成ファイルに追加します。構成ファイルを作成したら、このファイルを使用してデプロイを作成します。デプロイとは、一緒に作成または管理されるリソースの一式を表します。

デプロイにはさまざまな Google Cloud サービスのリソースを追加できます。これらのリソースは、Deployment Manager で 1 つのファイルとして管理できます。

このクイックスタートでは、基本的な構成ファイルを作成し、このファイルを使用してデプロイを作成します。このチュートリアルでは、Linux、macOS または Windows ターミナルでコマンドを実行します。チュートリアルを始める前に、これらの操作に慣れておく必要があります。

Cloud Shell のクイックスタートに従うと、サンプル構成を編集したり、パソコンに何もインストールせずにリソースをデプロイしたりできます。自分のパソコン上でチュートリアルを実行する場合は、次のセクションに進んでください。

Cloud Shell のクイックスタート

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Google Cloud Platform プロジェクトを選択または作成します。

    [リソースの管理] ページに移動

  3. Google Cloud Platform プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。

    課金を有効にする方法について

  4. Deployment Manager と Compute Engine API を有効にします。

    APIを有効にする

  5. ワークステーションに、gcloud コマンドライン ツールをインストールします。
  6. プロジェクトを使用するように gcloud コマンドライン ツールを構成します。次のコマンドを実行します。[MY_PROJECT] はプロジェクト ID で置き換えます。
    gcloud config set project [MY_PROJECT]

リソースを定義する

構成ファイルに YAML 構文でリソースを記述します。

  1. 下のサンプルをコピーして、テキスト エディタに貼り付けます。

    # Copyright 2016 Google Inc. All rights reserved.
    #
    # Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
    # you may not use this file except in compliance with the License.
    # You may obtain a copy of the License at
    #
    #     http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
    #
    # Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
    # distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
    # WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
    # See the License for the specific language governing permissions and
    # limitations under the License.
    
    # Put all your resources under `resources:`. For each resource, you need:
    # - The type of resource. In this example, the type is a Compute VM instance.
    # - An internal name for the resource.
    # - The properties for the resource. In this example, for VM instances, you add
    #   the machine type, a boot disk, network information, and so on.
    #
    # For a list of supported resources,
    # see https://cloud.google.com/deployment-manager/docs/configuration/supported-resource-types.
    resources:
    - type: compute.v1.instance
      name: quickstart-deployment-vm
      properties:
        # The properties of the resource depend on the type of resource. For a list
        # of properties, see the API reference for the resource.
        zone: us-central1-f
        # Replace [MY_PROJECT] with your project ID
        machineType: https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/[MY_PROJECT]/zones/us-central1-f/machineTypes/f1-micro
        disks:
        - deviceName: boot
          type: PERSISTENT
          boot: true
          autoDelete: true
          initializeParams:
            # Replace [FAMILY_NAME] with the image family name.
            # See a full list of image families at https://cloud.google.com/compute/docs/images#os-compute-support
            sourceImage: https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/debian-cloud/global/images/family/[FAMILY_NAME]
        # Replace [MY_PROJECT] with your project ID
        networkInterfaces:
        - network: https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/[MY_PROJECT]/global/networks/default
          # Access Config required to give the instance a public IP address
          accessConfigs:
          - name: External NAT
            type: ONE_TO_ONE_NAT
    

    この基本的な構成ファイルでは、以下のプロパティを持つ仮想マシンのインスタンス 1 つを含むデプロイを記述しています。

    • マシンタイプ: f1-micro
    • イメージ ファミリー: debian-9
    • ゾーン: us-central1-f
    • ルートの永続ディスク: boot
    • ランダムに割り当てられた外部 IP アドレス
  2. プレースホルダ変数を置き換えます。

    • [MY_PROJECT] は、プロジェクト ID で置き換えます。
    • [FAMILY_NAME] は、イメージ ファミリー debian-9 で置き換えます。
  3. ファイルを vm.yaml という名前で保存します。

リソースをデプロイする

リソースをデプロイするには、gcloud コマンドライン ツールを実行し、構成ファイルを使用して新しいデプロイを作成します。

gcloud deployment-manager deployments create quickstart-deployment --config vm.yaml

デプロイが成功すると、次のようなメッセージが表示されます。

Create operation operation-1432319707382-516afeb5d00f1-b864f0e7-b7103978 completed successfully.
NAME                    TYPE                STATE      ERRORS
quickstart-deployment   compute.v1.instance COMPLETED  -

これで最初のデプロイが完了しました。

新しいデプロイを確認する

デプロイの状態を確認するには、次のコマンドを実行します。

gcloud deployment-manager deployments describe quickstart-deployment

開始時刻と終了時刻、作成されたリソース、警告またはエラーなど、デプロイの説明が表示されます。

fingerprint: xmVVeTtPq-5rr8F-vWFlrg==
id: '54660732508021769'
insertTime: '2016-03-09T04:45:26.032-08:00'
manifest: https://www.googleapis.com/deploymentmanager/v2/projects/myproject/global/deployments/my-first-deployment/manifests/manifest-1457527526037
name: quickstart-deployment
operation:
  endTime: '2016-03-09T04:46:19.480-08:00'
  id: '8993923014899639305'
  kind: deploymentmanager#operation
  name: operation-1457527525951-52d9d126f4618-f1ca6e72-3404bd3b
  operationType: insert
  progress: 100
  startTime: '2016-03-09T04:45:27.275-08:00'
  status: DONE
...
resources:
NAME                     TYPE                 STATE      ERRORS
quickstart-deployment-vm  compute.v1.instance  COMPLETED  -

リソースを確認する

デプロイを作成したら、Cloud Console でリソースを確認します。

  1. デプロイのリストを表示するには、Console で Deployment Manager のページを開きます。 Deployment Manager のページに移動

  2. デプロイのリソースを表示するには、quickstart-deploymen をクリックします。デプロイの概要が表示されます。デプロイの情報とデプロイに含まれるリソースが表示されます。

  3. VM に関する情報を表示するには、quickstart-deployment-vm をクリックします。

クリーンアップ

クイックスタートで使用するリソースについて、Google Cloud Platform アカウントに課金されないようにする手順は次のとおりです。

gcloud deployment-manager deployments delete quickstart-deployment

プロンプトに y と入力します。

The following deployments will be deleted:
- quickstart-deployment

Do you want to continue (y/N)?

作成したデプロイとリソースが完全に削除されます。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Deployment Manager のドキュメント