Python ライブラリをインポートする

Python テンプレートでは、Python ライブラリをインポートして使用できます。Deployment Manager は、テンプレート内の Python コードを安全な環境にアップロードし、実行します。ただし、Python ライブラリを使用するには、次のいずれかが必要です。

  • Deployment Manager がデフォルトでサポートしているライブラリ
  • インポートとして提供できるソースのライブラリ

Deployment Manager は、テンプレートに使用できる特定の Python ライブラリに対応しています。これらのライブラリは主に文字列操作を行います。次のようなライブラリがあります。

システムコールは使用できません。システムコールまたはネットワーク呼び出しを行うコードが含まれていると、テンプレートは拒否されます。これには、前述のサポート ライブラリを使用してシステムコールを実行するメソッドも含まれます。たとえば、sys には、テンプレートで使用すると自動的に拒否されるシステムコールが数多く含まれています。

明示的にサポートされていないライブラリをインポートする場合には、インポートで完全なライブラリ ソースを選択します。これは特に、独自のヘルパー メソッドをインポートする場合に有効です。システムコールに対する制約は、同様にカスタム ライブラリにも適用されます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Deployment Manager のドキュメント