Skaffold のバージョンの管理

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google Cloud Deploy では、Cloud Build を介して Skaffold を使用し、マニフェストをレンダリングしてデプロイすることでアプリケーションをデプロイします。

このページでは、Google Cloud Deploy が使用する Skaffold のバージョンを選択する方法について説明します。このページには、次の情報も含まれています。

Google Cloud Deploy で使用する Skaffold のバージョン

Google Cloud Deploy は、Skaffold LTS バージョンを含むカスタム イメージを使用してオペレーションを実行します。Skaffold のサポートされている各バージョンは、このドキュメントのにリストされており、すべての Google Cloud Deploy イメージのリポジトリにリンクされています。各 Google Cloud Deploy イメージのバージョン番号は Skaffold のバージョン番号に対応しています。

2022 年 8 月 30 日より前の Google Cloud Deploy では、最新の一般公開されている Skaffold イメージの LTS バージョンを使用していました。

サポート対象バージョン

Skaffold バージョン 最大スキーマ バージョン 日付指定 デフォルトかどうか
1.39.xリリースノート v2beta29 2022 年 8 月 19 日 ✓
1.37.xリリースノート v2beta28 2022 年 6 月 1 日
1.35.xリリースノート v2beta26 2022 年 1 月 10 日
1.24.xリリースノート v2beta16

このテーブルの各バージョンは、Artifact Registry のリポジトリにリンクされています。そのリポジトリで、最新バージョンまたは必要なバージョンの最新の日付を探します。リンクされたリポジトリは us-central1 リージョンにありますが、これらのイメージは、Google Cloud Deploy が可能な各リージョンで使用できます。使用されるイメージは、デリバリー パイプラインが作成されたリージョンにあります。

Google Cloud Deploy では、サポートされている各 Skaffold のバージョンに対して最新のパッチリリースが使用されます。特定の Skaffold バージョン パッチを含む新しいバージョンのサポートは、リリースノートで発表されます。

プレビュー版

プレビュー機能を含む Google Cloud Deploy プレビュー イメージを使用できます。

プレビュー イメージ内の Skaffold バージョンはいつでも更新でき、通常のリリース スケジュールには従いません。本番環境のワークロードにはプレビュー バージョンを使用しないことをおすすめします。

プレビュー バージョンは、サポートされているバージョンと同じリポジトリにあります。skaffold_preview で始まるタグが付いたイメージを探します。

一部のプレビュー機能では、Google Cloud Deploy プレビュー イメージが必要です。これらの機能の場合、Google Cloud Deploy では何もしなくてもプレビュー バージョンが使用されます。プレビュー機能を使用してリリースを作成するときに、別の Skaffold バージョンを選択しようとすると、コマンドが失敗します。

リリースに関連付けられた Skaffold のバージョンを確認する

次のコマンドを実行すると、Google Cloud Deploy で使用されているバージョンをいつでも確認できます。

gcloud deploy releases describe RELEASE \
       --delivery-pipeline=DELIVERY_PIPELINE \
       --region=REGION

バージョンは、出力の skaffoldVersion 属性に表示されます。

使用する Skaffold のバージョンを選択する

Skaffold のサポートされている任意のバージョンを使用できます。使用するバージョンを選択するには、gcloud deploy releases create コマンドに --skaffold-version フラグを含めます。

gcloud deploy releases create RELEASE_NAME \
       --delivery-pipeline=PIPELINE_NAME \
       --skaffold-version=SKAFFOLD_VERSION \
       --region=REGION

SKAFFOLD_VERSION」は、このリリースで使用する Skaffold の(サポートされている)バージョンです。バージョンは、番号付きバージョンの場合は n.nn の形式になり、プレビュー バージョンを使用する場合は skaffold_preview の形式にする必要があります。

たとえば、次のコマンドは Skaffold バージョン 1.39 を選択します。

gcloud deploy releases create release-001
                              --delivery-pipeline=my-pipeline
                              --skaffold-version=1.39
                              --region=us-central1

次のコマンドは、Skaffold プレビュー バージョンを選択します。

gcloud deploy releases create release-001
                       --delivery-pipeline=my-pipeline
                       --skaffold-version=skaffold_preview
                       --region=us-central1

Google Cloud Deploy で新しいバージョンを選択する方法

90 日ごとに Skaffold の新しいバージョンが選択されます。この 90 日のサイクルの終了時に、Google Cloud は新しい Skaffold バージョンのサポートを追加します。これで、そのバージョンを Google Cloud Deploy で使用できるようになりました。これが、次の 90 日間のサイクルのすべてのリリースの作成と管理に使用されるデフォルトのバージョンになります。

Google Cloud Deploy のリリースノートが更新され、新たにサポートされる各リリースが通知されます。

Skaffold バージョンの非推奨とメンテナンス ポリシー

Skaffold バージョンは 12 か月間サポートされ、60 日間のメンテナンス期間が適用されます。 このメンテナンス期間は、特定のバージョンに関連付けられたリリースが、そのバージョンのサポート終了後 60 日間引き続きサポートされることを意味しています。これらのリリースからロールアウトは引き続き作成できますが、メンテナンス期間の Skaffold バージョンを使用してリリースを作成することはできません。

60 日間のメンテナンス期間が終了すると、Skaffold のバージョンはサポートされなくなります。サポートされていないバージョンを使用するリリースからロールアウトを作成することはできません。リリースに関連付けられたすべてのデータはそのまま残ります。

次のステップ