プラットフォーム ログにアクセスして使用する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Google Cloud Deploy で生成されたプラットフォーム ログを表示する方法について説明します。Google Cloud のプラットフォーム ログはサービス固有のログです。これを使用すると、問題のデバッグやトラブルシューティングを行うことができ、使用している Google Cloud サービスをより深く理解できます。

Google Cloud Deploy は、次のイベントのログを生成します。

  • レンダリング ステータスの変更(リリースの場合のみ)

  • 次のリソースタイプのステータス変更に関する Pub/Sub 通知の送信失敗。

    • デリバリー パイプライン
    • targets
    • リリース
    • ロールアウト

Google Cloud Deploy によって生成されたプラットフォーム ログにアクセスする

  1. Google Cloud コンソールで Google Cloud のオペレーション スイートのログ エクスプローラ ページを開きます。

  2. クエリペインで [ログ名] プルダウンをクリックし、表示するプラットフォーム ログの [ログ ID] を入力します。

    ログ ID は、プラットフォーム ログのページのリストから取得できます。

    ログ エクスプローラのログ名フィルタ

  3. ログを選択して、[適用] をクリックします。

    使用可能なログは、[クエリ結果] に一覧表示されます。

    Google Cloud Deploy のプラットフォーム ログに対するクエリ結果

  4. ログの内容を表示するには、クエリ結果にリストされているログの横にある矢印をクリックします。

    Google Cloud Deploy のプラットフォーム ログの内容