ストリームの状態とアクション

をご覧ください。

概要

次の図は、ストリームのライフサイクルのさまざまな状態と遷移を示しています。

Datastream ユーザーフローの図

まず、ストリームを作成します。Datastream は、このストリームを使用して、ソース データベースから Cloud Storage の転送先バケットにデータを転送します。ストリームの作成後、ストリームはまだ開始されていないため、ストリームの状態は NOT STARTED になります。

ストリームを作成したら開始します。ストリームのステータスが STARTING に変わります。これは、ストリームが開始および検証中であることを示します。

  • ストリームが有効の場合、ストリームのステータスが STARTING から RUNNING に変わります。
  • ストリームが有効でない場合、ストリームのステータスは STARTING から NOT STARTED に戻ります。ストリームの問題を修正するために対処できるエラーがあります。たとえば、ストリームの接続情報にエラーが関連付けられている場合は、ストリームの定義を変更します。ストリームのすべての問題を解決したら、もう一度再起動してステータスが STARTING に変わり、その後 RUNNING に変わります。

ストリームを一時停止できます。ストリームが一時停止されると、Datastream はソース データベースから宛先に新しいデータを pull しません。ただし、「処理中」のデータは引き続き流れるため、一部のデータは宛先に引き続き書き込まれる場合があります。

そのため、ストリームを一時停止すると、ストリームのステータスは RUNNING から DRAINING に変わります。ストリームのドレインは、ストリームを空にしてデータが含まれないようにするプロセスです。ストリームがすべてのデータをドレインすると、ストリームのステータスは DRAINING から PAUSED に変わります。

一時停止したストリームを再開すると、ストリームのステータスが PAUSED から RUNNING に変わります。

ストリームの作成後、ストリームのライフサイクル中にいつでも実行できるアクションが 2 つあります。