ストリームを変更する

をご覧ください。

概要

ストリームに関する次の情報を変更できます。

  • ストリームの表示名やラベルなどの大まかな情報。
  • Datastream が移行先に転送するか、移行先への転送が制限される移行元データベースのテーブルやスキーマなどの、移行元データベースと移行先の構成情報。Datastream は、この構成情報を使用して正しいデータを移行元データベースから移行先に転送します。

概要情報の変更

  1. Google Cloud Console の [ストリーム] ページに移動します。

    [ストリーム] ページに移動

  2. 変更するストリームをクリックします。

  3. [ストリームの詳細] ページで、[編集] をクリックします。

  4. 表示されるメニューから [ストリーム設定を編集] を選択します。

  5. ストリームの表示名またはラベルを変更します。

  6. 変更を加えたら、[保存] をクリックします。

移行元データベースの構成情報を変更する

  1. Google Cloud Console の [ストリーム] ページに移動します。

    [ストリーム] ページに移動

  2. 変更するストリームをクリックします。

  3. [ストリームの詳細] ページで、[編集] をクリックします。

  4. 表示されるメニューから、[ソース構成の編集] を選択します。

  5. [含めるオブジェクトを選択] セクションで、[含めるオブジェクト] プルダウン メニューを使用して、DataStream が移行先に転送する移行元データベースのテーブルとスキーマを変更します。

  6. 必要に応じて、[除外するオブジェクトを選択する] ノードを展開します。[除外するオブジェクト] フィールドで、DataStream から移行先への転送を制限するテーブルとスキーマを変更します。このリストにテーブルが追加されている場合、テーブルは移行先に pull されなくなります。ただし、移行先からは削除されません。

  7. 必要に応じて、[履歴データのバックフィル モードを選択] ノードを展開して、Datastream の移行先に現在および将来のデータをバックフィルするか、このデータへの変更のみをストリーミングするかを変更します。

    • データの変更に加えて、既存のすべてのデータを移行先にストリーミングするには、[自動] オプションを選択します。

      このオプションを選択すると、[自動バックフィルから除外されたオブジェクト] フィールドで、移行元データベース内のテーブルとスキーマを変更して、DataStream が移行先にバックフィルするのを制限できます。

    • データの変更のみをストリーミングするには、[手動] オプションを選択します。

  8. 変更を加えたら、[保存] をクリックします。

移行先の構成情報を変更する

  1. Google Cloud Console の [ストリーム] ページに移動します。

    [ストリーム] ページに移動

  2. 変更するストリームをクリックします。

  3. [ストリームの詳細] ページで、[編集] をクリックします。

  4. 表示されるメニューから、[移行先の構成を編集] を選択します。

  5. [ストリームのパス接頭辞] フィールドで、Datastream が移行元データベースからスキーマ、テーブル、データを転送する移行先のフォルダを変更します。

  6. [出力形式] メニューから:

    1. Cloud Storage に書き込まれるファイルのフォーマットを選択します。Datastream は現在、Avro と JSON の 2 つの出力形式をサポートしています。
    2. JSON 形式を選択する場合は、[ファイルパスに統合型スキーマ ファイルを含める] と [gzip 圧縮を有効にする] のチェックボックスを選択または選択解除します。
  7. 変更を加えたら、[保存] をクリックします。

ストリームの概要と詳細情報を確認してストリームを変更したら、開始できます。また、実行中のストリームに加えた変更も Datastream によって自動的に更新されます。