SAP OData プラグインの概要

このガイドでは、SAP OData プラグインを使用するデータ パイプラインをデプロイ、構成、実行する方法について説明します。

Open Data Protocol(OData)を使用して、Cloud Data Fusion でバッチベースのデータ抽出のソースとして SAP を使用できます。SAP OData プラグインは、コーディングなしで SAP OData Catalog Service からのデータ転送を構成して実行するのに役立ちます。

サポートされている SAP OData Catalog サービスと DataSource の詳細については、よくある質問をご覧ください。Google Cloud 上の SAP の詳細については、Google Cloud での SAP の概要をご覧ください。

目標

  • SAP ERP システムを構成します(SAP でデータソースを有効にする)。
  • Cloud Data Fusion 環境にプラグインをデプロイします。
  • Cloud Data Fusion から SAP トランスポートをダウンロードし、SAP にインストールします。
  • Cloud Data Fusion と SAP ODP を使用して、SAP データを統合するためのデータ パイプラインを作成します。

始める前に

このプラグインを使用するには、次の分野でのドメインに関する知識が必要です。

  • Cloud Data Fusion でのパイプラインのビルド。
  • IAM によるアクセス管理
  • SAP Cloud とオンプレミスのエンタープライズ リソース プランニング(ERP)システムの構成

ユーザーロール

The tasks on this page are performed by people with the following roles in Google Cloud or in their SAP system:

User type Description
Google Cloud Admin Users assigned this role are administrators of Google Cloud accounts.
Cloud Data Fusion User Users assigned this role are authorized to design and run data pipelines. They are granted, at minimum, the Data Fusion Viewer ( roles/datafusion.viewer) role. If you are using role-based access control, you might need additional roles.
SAP Admin Users assigned this role are administrators of the SAP system. They have access to download software from the SAP service site. It is not an IAM role.
SAP User Users assigned this role are authorized to connect to an SAP system. It is not an IAM role.

OData 抽出の前提条件

  1. OData Catalog サービスを SAP システムでアクティブ化する必要があります。

  2. OData サービスでデータを入力する必要があります。

SAP システムの前提条件

  • SAP NetWeaver 7.02 から SAP NetWeaver リリース 7.31 まで、OData と SAP Gateway 機能は、次の SAP ソフトウェア コンポーネントとともに提供されています。

    • IW_FND
    • GW_CORE
    • IW_BEP
  • SAP NetWeaver リリース 7.40 以降では、すべての機能がコンポーネント SAP_GWFND で利用可能なため、SAP NetWeaver で使用できるようにする必要があります。

省略可: SAP トランスポート ファイルをインストールする

SAP への負荷分散呼び出しに必要な SAP コンポーネントは、zip ファイルとしてアーカイブされる SAP トランスポート ファイルとして提供されます(1 つのトランスポート リクエストが 1 つの cofile と 1 つのデータファイルで構成されます)。この手順を使用すると、SAP で使用可能な作業プロセスに基づいて、SAP への複数の同時呼び出しを制限できます。

次の表に、トランスポート リクエスト ID と関連ファイルを示します。

トランスポート ID Cofile データファイル 内容
ED1K900360 K900360.ED1 R900360.ED1 OData を介して公開される RFC 関数モジュール

トランスポート ファイルを SAP にインポートすると、次の SAP OData プロジェクトが作成されます。

  • OData プロジェクト

    • /GOOG/GET_STATISTIC
    • /GOOG/TH_WPINFO
  • ICF サービスノード: GOOG

SAP トランスポートをインストールするには、次の手順に沿って操作します。

ステップ 1: トランスポート リクエスト ファイルをアップロードする

  1. SAP システム管理者として SAP システムにログインします。
  2. cofile を /usr/sap/trans/cofiles フォルダにコピーします。
  3. データファイルを /usr/sap/trans/data フォルダにコピーします。

ステップ 2: トランスポート リクエスト ファイルをインポートする

SAP 管理者は、次のいずれかの方法でトランスポート リクエスト ファイルをインポートできます。

オプション 1: SAP トランスポート管理システムを使用してトランスポート リクエスト ファイルをインポートする
  1. SAP 管理者として SAP システムにログインします。
  2. トランザクション STMS を入力します。
  3. [概要] > [インポート] をクリックします
  4. [キュー] 列で、現在の SID をダブルクリックします。
  5. [その他] > [その他のリクエスト] > [追加] をクリックします。
  6. トランスポート リクエスト ID を選択し、[続行] をクリックします。
  7. インポート キューでトランスポート リクエストを選択し、[リクエスト] > [インポート] をクリックします。
  8. クライアント番号を入力します。
  9. [オプション] タブで、[オリジナルを上書きする] と [無効なコンポーネント バージョンを無視する] を選択します(選択可能な場合)。

    (省略可)後で実施するトランスポートの再インポートをスケジュール設定するには、[後でインポートするためにトランスポート リクエストをキューに残す]、[トランスポート リクエストを再度インポートする] を選択します。これは、SAP システムのアップグレードとバックアップの復元を行う際に有用です。

  10. [続行] をクリックします。

  11. インポートを確認するには、SE80SU01 などの任意のトランザクションを使用します。

オプション 2: オペレーティング システムレベルでトランスポート リクエスト ファイルをインポートする
  1. SAP システム管理者として SAP システムにログインします。
  2. 次のコマンドを実行して、適切なリクエストをインポート バッファに追加します。

    tp addtobuffer TRANSPORT_REQUEST_ID SID
    

    例: tp addtobuffer IB1K903958 DD1

  3. 次のコマンドを実行して、トランスポート リクエストをインポートします。

    tp import TRANSPORT_REQUEST_ID SID client=NNN U1238
    

    NNN は、クライアント番号に置き換えます(例: tp import IB1K903958 DD1 client=800 U1238)。

  4. SE80SU01 などの適切なトランザクションを使用して、関数モジュールと承認ロールが正常にインポートされていることを確認します。

SAP カタログ サービス用のフィルタ可能列のリストを取得する

フィルタ条件には一部の DataSource 列のみを使用できます(設計による SAP の制限です)。

SAP カタログ サービス用のフィルタ可能列のリストを取得するには、次の手順に沿って操作します。

  1. SAP システムにログインします。
  2. t-code SEGW に移動します。
  3. OData プロジェクト名を入力します。これはサービス名の部分文字列です。次に例を示します。

    • サービス名: MM_PUR_POITEMS_MONI_SRV
    • プロジェクト名(MM_PUR_POITEMS_MONI
  4. Enter キーを押します。

  5. フィルタリングするエンティティに移動し、[プロパティ] を選択します。

    [プロパティ] に表示されているフィールドをフィルタとして使用できます。サポートされているオペレーションは Equalbetween(Range)です。

    SAP のプロパティ

式言語でサポートされる演算子のリストについては、OData オープンソース ドキュメント URI 規則(OData バージョン 2.0)をご覧ください。

フィルタを含む URI の例:

/sap/opu/odata/sap/MM_PUR_POITEMS_MONI_SRV/C_PurchaseOrderItemMoni(P_DisplayCurrency='USD')/Results/?$filter=(PurchaseOrder eq '4500000000')

SAP ERP システムを構成する

SAP OData プラグインは、データが抽出される各 SAP Server でアクティブ化された OData サービスを使用します。この OData サービスは、SAP が提供する標準または SAP システムで開発されたカスタム OData サービスとして設定できます。

ステップ 1: SAP Gateway 2.0 をインストールする

SAP(Basis)管理者は、NetWeaver リリースに応じて、SAP Gateway 2.0 コンポーネントが SAP ソースシステムで使用できることを確認する必要があります。SAP Gateway 2.0 のインストールの詳細については、SAP ONE Support Launchpad にログインして注 1569624 をご覧ください(ログインが必要)。

ステップ 2: OData サービスを有効にする

ソースシステムで必要な OData サービスを有効にします。詳細については、フロントエンド サーバー: OData サービスの有効化をご覧ください。

ステップ 3: 承認ロールを作成する

DataSource に接続するには、SAP で必要な承認を含む承認ロールを作成し、SAP ユーザーに付与します。

SAP で承認ロールを作成するには、次の手順を行います。

  1. SAP GUI で、トランザクション コード PFCG を入力して [Role Maintenance] ウィンドウを開きます。
  2. [ロール] フィールドにロールの名前を入力します。

    例: ZODATA_AUTH

  3. [Single Role] をクリックします。

    [Create Roles] ウィンドウが開きます。

  4. [説明] 欄に説明を入力し、[保存] をクリックします。

    例: Authorizations for SAP OData plugin

  5. [承認] タブをクリックします。ウィンドウのタイトルが [ロールを変更] に変わります。

  6. [認証データの編集とプロファイルの作成] で、 [認証データの変更] をクリックします。

    [テンプレートを選択] ウィンドウが開きます。

  7. [テンプレートを選択しない] をクリックします。

    [Change role: Authorizations] ウィンドウが開きます。

  8. [手動] をクリックします。

  9. 次の SAP 承認テーブルに示されている承認を指定してください。

  10. [保存] をクリックします。

  11. 承認のロールを有効にするには、生成アイコンをクリックします。

SAP 承認

オブジェクト クラス オブジェクト クラス テキスト 承認オブジェクト 承認オブジェクト テキスト 承認 テキスト
AAAB アプリケーション間承認オブジェクト S_SERVICE 外部サービスの開始時に確認する SRV_NAME プログラム、トランザクション、または関数のモジュール名 *
AAAB アプリケーション間承認オブジェクト S_SERVICE 外部サービスの開始時に確認する SRV_TYPE チェックフラグと承認のデフォルト値の種類 HT
FI 財務会計 F_UNI_HIER ユニバーサル階層アクセス ACTVT 作業内容 03
FI 財務会計 F_UNI_HIER ユニバーサル階層アクセス HRYTYPE 階層タイプ *
FI 財務会計 F_UNI_HIER ユニバーサル階層アクセス HRYID 階層 ID *

Cloud Data Fusion で Cloud Data Fusion ユーザーとしてデータ パイプラインを設計して実行するには、DataSource に接続するプラグインを構成するための SAP ユーザー認証情報(ユーザー名とパスワード)が必要です。

SAP ユーザーは、Communications または Dialog タイプである必要があります。SAP ダイアログ リソースの使用を避けるには、Communications タイプをおすすめします。ユーザーは SAP トランザクション コード SU01 を使用して作成できます。

省略可: 手順 4: 接続を保護する

プライベート Cloud Data Fusion インスタンスと SAP との間のネットワーク通信を保護できます。

接続を保護するには、次の手順に沿って操作します。

  1. SAP 管理者は X509 証明書を生成する必要があります。証明書を生成するには、SSL サーバー PSE の作成をご覧ください。
  2. Google Cloud 管理者は、X509 ファイルを、Cloud Data Fusion インスタンスと同じプロジェクト内の読み取り可能な Cloud Storage バケットにコピーし、プラグインを構成するときにバケットのパスを、それを入力する Cloud Data Fusion ユーザーに渡す必要があります。
  3. Google Cloud 管理者は、パイプラインを設計および実行する Cloud Data Fusion ユーザーに、X509 ファイルの読み取りアクセス権を付与する必要があります。

省略可: ステップ 5: カスタム OData サービスを作成する

SAP でカスタム OData サービスを作成することによって、データの抽出方法をカスタマイズできます。

Cloud Data Fusion を設定する

Cloud Data Fusion インスタンスと SAP サーバー間の通信が有効になっていることを確認します。プライベート インスタンスの場合は、ネットワーク ピアリングを設定します。SAP Systems がホストされているプロジェクトでネットワーク ピアリングが確立されると、Cloud Data Fusion インスタンスに接続するために追加の構成を行う必要はありません。SAP システムと Cloud Data Fusion インスタンスの両方が、同じプロジェクト内にある必要があります。

ステップ 1: Cloud Data Fusion 環境を設定する

プラグインの Cloud Data Fusion 環境を構成するには:

  1. Google Cloud Console で、Cloud Data Fusion の [Instances] ページに移動します。

    [インスタンス] に移動

  2. 目的のインスタンスを選択します。

    [インスタンスの詳細] ページが開きます。

  3. インスタンスがバージョン 6.4.0 以降にアップグレードされていることを確認します。インスタンスがそれよりも前のバージョンである場合は、アップグレードする必要があります。

  4. インスタンスを開きます。Cloud Data Fusion UI が開いたら、[Hub] をクリックします。

  5. [SAP] タブ > [SAP OData] を選択します。

    [SAP] タブが表示されない場合は、SAP 統合のトラブルシューティングをご覧ください。

  6. [SAP OData プラグインのデプロイ] をクリックします。

    プラグインが [Studio] ページの [ソース] メニューに表示されます。

    Data Fusion Studio ページの [ソース] メニューにある OData

ステップ 2: プラグインを構成する

SAP OData プラグインは、SAP DataSource の内容を読み取ります。

レコードをフィルタするには、SAP OData Properties ページで次のプロパティを構成します。

プロパティ名 説明
基本
参照名 リネージ、メタデータのアノテーションなどのためにこのソースを一意に識別するために使用する名前。
SAP OData ベース URL SAP ゲートウェイ OData ベース URL
OData バージョン サポートされている SAP OData バージョン
サービス名: エンティティを抽出する SAP OData サービスの名前
エンティティ名 抽出されるエンティティの名前
[スキーマの取得] ボタン SAP からのメタデータに基づいてスキーマを生成し、SAP のデータタイプを対応する Cloud Data Fusion のデータタイプに自動的にマッピングします([検証] ボタンと同一の機能)。
認証情報 *
SAP タイプ 基本(ユーザー名とパスワードを使用)
SAP ログオン ユーザー名 SAP ユーザー名
推奨: SAP ログオンユーザー名が定期的に変更される場合は、マクロを使用します。
SAP ログオン パスワード SAP ユーザーのパスワード
推奨: パスワードなどの機密性の高い値には、セキュアなマクロを使用します。
SAP X.509 クライアント証明書
SAP NetWeaver Application Server for ABAP の X.509 クライアント証明書の使用をご覧ください)
GCP プロジェクト ID プロジェクトのグローバルに一意の識別子。[X.509 Certificate Cloud Storage Path] フィールドにマクロ値が含まれていない場合、このフィールドは必須です。
GCS パス ユーザーがアップロードした X.509 証明書を含む Cloud Storage バケットパス。これは、要件に基づいて、安全な呼び出しのために SAP アプリケーション サーバーに対応します(接続のセキュリティ保護ステップをご覧ください)。
パスフレーズ 提供された X.509 証明書に対応するパスフレーズ
Advanced
フィルタ オプション フィールドを読み取る必要がある値を示します。このフィルタ条件を使用して、出力データの量を制限します。たとえば、「Price Gt 200」は、「Price」フィールド値が「200」より大きいレコードを選択します。 (SAP カタログ サービス用のフィルタ可能な列のリストを取得するをご覧ください)。
フィールドの選択 抽出されたデータ内に保持するフィールド(例: カテゴリ、価格、名前、サプライヤー/住所など)
フィールドを展開する 抽出された出力データで展開する複雑なフィールドのリスト(例: 製品/サプライヤー)
スキップする行数 スキップする行の合計数(例: 10)
取得する行数 抽出される行の総数
生成するスプリット数 入力データの分割に使用されるスプリット数。パーティションが増えると並列処理のレベルは高くなりますが、より多くのリソースとオーバーヘッドが必要になります。
オンプレミスの SAP システムの場合、指定しない場合、SAP で使用可能なダイアログ処理プロセスの 50% がデフォルトになります。指定すると、指定した内容と SAP で利用可能な作業プロセスの 50% との間で最適化されます。
SAP クラウドの場合、指定しない場合、デフォルトで 7 になります。 指定した数はすべてデフォルトよりも優先されます。
バッチサイズ SAP への各ネットワーク呼び出しで取得する行数。サイズが小さいと、ネットワーク コールが頻繁に発生し、関連するオーバーヘッドが繰り返されます。サイズが大きくなると、SAP でのデータ取得が遅くなり、過剰なリソースが発生する可能性があります。値が 0 に設定されている場合、デフォルト値は 2500 であり、各バッチでフェッチできる行の上限は 5000 です。

* マクロは、認証情報プロパティでサポートされています。これにより、SAP 接続を一元管理できます。たとえば、ランタイム パラメータや Argument Setter プラグインを使用して、実行時に値を設定できます。

サポートされている OData 型

次の表に、SAP アプリケーションで使用される OData v2 データ型と Cloud Data Fusion データ型のマッピングを示します。

OData 型 説明(SAP) Cloud Data Fusion のデータ型
数値
SByte 符号付き 8 ビット整数値 int
Byte 符号なし 8 ビット整数値 int
Int16 符号付き 16 ビット整数値 int
Int32 符号付き 32 ビット整数値 int
Int64 文字「L」が付加された符号付き 64 ビット整数値
例: 64L-352L
long
単一 およそ ± 1.18e -38 ~ ± 3.40e +38 の値を表すことができる 7 桁の精度を持つ浮動小数点数で、文字「f」を付加します。
例: 2.0f
float
倍精度 およそ 2.23e -308 ~ ± 1.79e +308 の範囲の値を表すことができる 15 桁の精度を持つ浮動小数点数で、文字「d」が付加されます。
例: 1E+10d2.029d2.0d
double
小数 固定精度とスケールを持つ数値。負の 10^255 + 1 から正の 10^255 -1 までの数値を表し、文字「M」または「m」が付加されます。
      例:2.345M
decimal
文字
GUID 16 バイト(128 ビット)の一意の ID 値。先頭は「guid」です。
      例: guid'12345678-aaaa-bbbb-cccc-ddddeeeeffff'
string
文字列 UTF-8 でエンコードされた固定または可変長の文字データ string
Byte
バイナリ 「X」または「binary」で始まる固定または可変長のバイナリデータ(どちらも大文字と小文字が区別されます)
例: X'23AB'binary'23ABFF'
bytes
論理
ブール値 バイナリ値ロジックの数学的概念 boolean
日時
日時 1753 年 1 月 1 日午前 12 時 00 分 00 秒から 9999 年 12 月 31 日午後 11 時 59 分 59 秒までの値を持つ日時 timestamp
時間 0:00:00.x~23:59:59.y の範囲の時刻(x と y は精度によって異なる) time
DateTimeOffset オフセットとして表示される日時(GMT からの分単位)。1753 年 1 月 1 日午前 12 時 00 分 00 秒から 9999 年 12 月 31 日午後 11 時 59 分 59 秒までの値を示します。 timestamp
複合施設
ナビゲーション プロパティと非ナビゲーション プロパティ(多重度 = *) 多重度が 1 対多のシンプルな型のコレクション。 array
string
int など。
プロパティ(多重度 = 0.1) 多重度が 1 対 1 の他の複雑な型への参照 record

検証

右上の [検証] または [スキーマを取得] をクリックします。

プラグインはプロパティを検証し、SAP からのメタデータに基づいてスキーマを生成します。SAP のデータ型は、対応する Cloud Data Fusion のデータ型に自動的にマッピングされます。

データ パイプラインを実行する

  1. パイプラインをデプロイしたら、上部中央パネルで [構成] をクリックします。
  2. [リソース] を選択します。
  3. 必要に応じて、パイプラインで使用されるデータの全体的なサイズと変換数に基づいて、[エグゼキュータの CPU] と [メモリ] を変更します。
  4. [保存] をクリックします。
  5. データ パイプラインを開始するには、[実行] をクリックします。

パフォーマンス

このプラグインは、Cloud Data Fusion の並列化機能を使用します。次のガイドラインは、ランタイム環境を構成して、ランタイム エンジンに十分なリソースを提供し、意図したレベルの並列性とパフォーマンスを達成する際に有効です。

プラグイン構成を最適化する

推奨: SAP システムのメモリ設定に精通されていない場合は、[生成するスプリット数] と [バッチサイズ] は空白(未指定)のままにしておきます。

パイプライン実行時のパフォーマンスを改善するには、次の構成を使用します。

  • 生成するスプリット数: 816 の値をおすすめします。ただし、SAP 側で適切な構成を使用して、32 または 64 に引き上げることができます(SAP の作業プロセスに適切なメモリリソースを割り当てます)。この構成により、Cloud Data Fusion 側の並列処理が改善されます。ランタイム エンジンは、指定された数のパーティション(および SAP 接続)を作成し、同時にレコードを抽出します。

    • SAP オンプレミス システムの場合: 指定しない場合、SAP で使用可能なダイアログ処理プロセスの 50% にデフォルトで設定されます。指定すると、指定した内容と SAP で利用可能な作業プロセスの 50% との間で最適化されます。

    • SAP クラウド システムの場合: 指定しない場合、デフォルトで 7 になります。指定した数値が優先されます。

    • オンプレミス システムとクラウド システムの場合: 抽出するレコードの数が 2500 未満の場合、スプリット数は 1 です。

  • バッチサイズ: SAP へのすべてのネットワーク呼び出しでフェッチするレコードの数。バッチサイズが小さいと、ネットワーク呼び出しが頻繁に発生し、関連するオーバーヘッドが繰り返されます。最小数は 1000 で、最大数は 50000 です。

詳細については、OData エンティティの上限をご覧ください。

Cloud Data Fusion のリソース設定

推奨: エグゼキュータごとに 1 つの CPU と 4 GB のメモリを使用します(この値は各エグゼキュータ プロセスに適用されます)。これらは [構成] > [リソース] ダイアログで設定します。

Cloud Data Fusion の構成ウィンドウでリソースの設定を最適化する

Dataproc クラスタの設定

推奨: 少なくとも、意図したスプリット数よりも多い CPU 総数を(ワーカー間で)割り当ててください(プラグインの構成を参照)。

各ワーカーには、Dataproc の設定で CPU ごとに 6.5 GB 以上のメモリを割り当てることが必要です(Cloud Data Fusion のエグゼキュータごとに使用可能な 4 GB 以上のメモリが割り当てられます)。その他の設定はデフォルト値のままにできます。

推奨: 永続的な Dataproc クラスタを使用して、データ パイプラインのランタイムを削減します(これにより、数分かかることがあります)。これは Compute Engine の構成セクションで設定します。

構成とスループットの例

開発とテスト構成の例

  • 8 個のワーカーを持つ Dataproc クラスタ(それぞれ 4 個の CPU と 26 GB のメモリ)。[生成するスプリット数] を最大 28 にします。
  • 2 個のワーカーを持つ Dataproc クラスタ(それぞれ 8 個の CPU と 52 GB のメモリ)。[生成するスプリット数] を最大 12 にします。

本番環境の構成とスループットの例

  • 8 個のワーカーを持つ Dataproc クラスタ(それぞれ 8 個の CPU と 32 GB のメモリ)。[生成するスプリット数] を最大 32(利用可能な合計 CPU の半分)にします。
  • 16 個のワーカーを持つ Dataproc クラスタ(それぞれ 8 個の CPU と 32 GB のメモリを搭載)。[生成するスプリット数] を最大 64(利用可能な合計 CPU の半分)にします。

SAP S4HANA 1909 本番環境ソース システムのスループットの例

次の表にスループットの例を示します。特に指定のない限り、表示されるスループットはフィルタ オプションなしです。フィルタ オプションを使用すると、スループットが低下します。

バッチサイズ スプリット OData サービス 合計行数 抽出された行 スループット(1 秒あたりの行数)
1000 4 ZACDOCA_CDS 5.37 M 5.37 M 1069
2500 10 ZACDOCA_CDS 5.37 M 5.37 M 3384
5000 8 ZACDOCA_CDS 5.37 M 5.37 M 4630
5000 9 ZACDOCA_CDS 5.37 M 5.37 M 4817

SAP S4HANA クラウド本番環境ソースシステムのスループットの例

バッチサイズ スプリット OData サービス 合計行数 抽出された行 スループット(GB/時間)
2500 40 TEST_04_UOM_ODATA_CDS/ 201 M 10 M 25.48
5000 50 TEST_04_UOM_ODATA_CDS/ 201 M 10 M 26.78

よくある質問

どの SAP プロダクトとバージョンがサポートされていますか?

サポートされているソースには、SAP S4/HANA 1909 以降、SAP クラウド上の S4/HANA、OData サービスを公開できる SAP アプリケーションが含まれます。

サポートされている SAP OData のバージョンを教えてください。

OData バージョン 2 がサポートされています。

どのような SAP デプロイモデルがサポートされていますか?

プラグインのテストは、Google Cloud にデプロイされた SAP S/4HANA サーバーを使用して行われました。

どのタイプの SAP OData Catalog サービスが抽出でサポートされていますか?

プラグインは、次の DataSource タイプをサポートします。

  • トランザクション データ
  • OData を通じて公開される CDS ビュー
  • マスターデータ

    • 属性
    • テキスト
    • 階層

このプラグインを使用する前に実装する必要がある SAP ノートはありますか?

いいえ。ただし、SAP システムで SAP Gateway を使用できることを確認してください。詳細については、注 1560585 をご覧ください(この外部サイトには SAP ログインが必要です)。

データ量またはレコードの幅に上限はありますか?

抽出されるデータの量に対して定義された上限はありません。Google で、1 回の呼び出しで抽出された最大 600 万行をテストしたところ、レコードの幅は 1 KB でした。クラウド上の SAP S4/HANA については、1 回の呼び出しで最大 1,000 万行が抽出され、レコードの幅は 1 KB でした。

予想されるプラグインのスループットはどの程度ですか?

[パフォーマンス] セクションのガイドラインに沿って構成された環境では、プラグインは 1 時間あたり約 38 GB を抽出できます。実際のパフォーマンスは、Cloud Data Fusion、SAP システム負荷またはネットワーク トラフィックによって異なる場合があります。

デルタ(変更データ)の抽出はサポートされていますか?

いいえ。デルタ抽出は、このプラグインではサポートされていません。

エラーのシナリオ

このプラグインは、実行時に Cloud Data Fusion データ パイプライン ログにログエントリを書き込みます。簡単に識別できるように、これらのエントリには CDF_SAP という接頭辞が付いています。

設計時に、プラグインの設定を検証すると、[プロパティ] タブにメッセージが表示され、赤でハイライト表示されます。

次の表に、いくつかの一般的なエラー メッセージを示します( 内のテキストは、実行時に実際の値に置き換えられます)。

メッセージ ID メッセージ 推奨される対応
なし 接続タイプ「」に必須のプロパティ「」。 実際の値またはマクロ変数を入力します。
なし プロパティ「」に無効な値。 負でない整数(小数点のない 0 以上の整数)またはマクロ変数を入力します。
CDF_SAP_ODATA_01505 Cloud Data Fusion 出力スキーマを準備できませんでした。提供されたランタイム マクロの値を確認してください。 指定したマクロの値が正しいことを確認します。
該当なし SAP X509 認定「<GCS Pat in UI inputh>」がありません。必要な X509 証明書が、指定した Google Cloud Storage バケット「<GCS バケット名>」にアップロードされていることを確認してください。 指定した GCS パスが正しいことを確認してください。
CDF_SAP_ODATA_01532 SAP OData 接続の問題に関連する一般的なエラーコード
指定された SAP OData サービスを呼び出すことができませんでした。根本原因: <SAP OData サービスの根本原因メッセージ>
メッセージに表示された根本原因を確認し、適切な措置を講じます。
CDF_SAP_ODATA_01534 SAP OData サービスエラーに関連する一般的なエラーコード。
サービスの検証に失敗しました。根本原因: AP OData サービスの根本原因メッセージ>
メッセージに表示された根本原因を確認し、適切な措置を講じます。
CDF_SAP_ODATA_01503 <SAP OData サービス エンティティ名> から使用可能なレコード数の合計を取得できませんでした。根本原因: <SAP Odata サービスの根本原因メッセージ> メッセージに表示された根本原因を確認し、適切な措置を講じます。
CDF_SAP_ODATA_01506 <SAP OData サービス エンティティ名> に抽出されるレコードが見つかりませんでした。 指定されたエンティティにレコードが含まれていることを確認してください メッセージに表示された根本原因を確認し、適切な措置を講じます。
CDF_SAP_ODATA_01537 <SAP OData サービス エンティティ名> のレコードを処理できませんでした。 根本原因: <SAP OData サービスの根本原因メッセージ> メッセージに表示された根本原因を確認し、適切な措置を講じます。
CDF_SAP_ODATA_01536 <SAP OData サービス エンティティ名> からレコードを pull できませんでした。 根本原因: <SAP OData サービスの根本原因メッセージ> メッセージに表示された根本原因を確認し、適切な措置を講じます。
CDF_SAP_ODATA_01504 指定された OData サービス <SAP OData サービス名> のエンコードされたメタデータ文字列を生成できませんでした。 根本原因: <SAP OData サービスの根本原因メッセージ> メッセージに表示された根本原因を確認し、適切な措置を講じます。
CDF_SAP_ODATA_01533 サービス <SAP OData サービス名> に対して指定されたエンコード済みメタデータ文字列からメタデータをデコードできませんでした。根本原因: <SAP OData サービスの根本原因メッセージ> メッセージに表示された根本原因を確認し、適切な措置を講じます。

次のステップ