Data Catalog(ベータ版、近日提供予定)

フルマネージドでスケーラビリティの高いデータ検出およびメタデータ管理サービス

データの検出と管理

Google Cloud 内のデータの検出と管理

Data Catalog は、フルマネージドでスケーラブルなメタデータ管理サービスです。このサービスを利用することで、組織は Google Cloud 内のすべてのデータをすばやく検出、管理、把握できます。データ検出のためのシンプルで使いやすい検索インターフェース、テクニカル メタデータとビジネス メタデータの両方をキャプチャする柔軟で強力なカタログ化システム、Cloud Data Loss Prevention(DLP)Cloud Identity and Access Management(IAM)との統合によるセキュリティとコンプライアンスの強固な基盤を提供します。

データ検出を簡易化

あらゆる規模のデータ検出を簡易化

Data Catalog は、あらゆる規模のデータ検出を簡易化するフルマネージドなメタデータ管理サービスです。インフラストラクチャの設定や管理は必要ありません。このサービスは、Gmail や Google ドライブをサポートする Google 検索テクノロジーを活用しているため、お客様は場所を問わず、すばやく簡単にデータアセットを見つけることができます。強力で使いやすい検索インターフェースには、組み込みのアクセスレベル制御が備わっているため、シームレスで安全な方法でデータ探索を開始できます。この強力なツールにより、企業はその規模を問わず、自社のビジネス メタデータをスキーマ化したタグとして整理できるようになりました。組織内のあらゆるデータを検出できるようになったため、データに基づいて意思決定を行う文化が促進されるようになります。

すべてのデータセットをまとめて表示

すべてのデータセットをまとめて表示

Data Catalog は Google Cloud 全体のデータカタログを一元化し、安全に提供するため、組織はすべてのデータアセットの全体像を確認できます。このサービスは、BigQuery と Cloud Pub/Sub のテクニカル メタデータを自動的に取り込みます。これにより、お客様はビジネス メタデータをタグやカスタム API、UI を使ってスキーマ化された形式でキャプチャし、データアセットを簡単かつ効率的な方法でカタログ化できます。Google は戦略的パートナーと協力して、お客様が場所を問わずすべてのデータアセットを見つけることができるエコシステムを構築しています。Data Catalog を使用すると、組織全体で知識の共有とコラボレーションを促進できるため、ユーザーはデータアセットからより多くの価値を生み出すことができます。

データ ガバナンス

データ ガバナンスの基盤を提供

Data Catalog は、データ管理にまで適用されるアクセスレベル制御(ACL)を備えた、強力なセキュリティとコンプライアンスの基盤を提供します。これによって、適切なユーザーによる適切なデータの検索やアクセスを可能にする、ガバナンスの基盤を実現できます。Data Catalog はデータの検出に役立つと同時に、透明性の実現に向けた道筋を提供します。データを適切に管理するためには、どのようなデータがあり、どこに格納されているかを知る必要があるためです。Cloud DLP との統合で機密情報の自動検出とタグ付けが行われるため、機密データの検索と管理プロセスを簡略化できます。

特長

サーバーレス

フルマネージドでスケーラブルなメタデータ管理サービス。インフラストラクチャの設定や管理が不要なため、本来の業務に専念できます。

サービスとしてのメタデータ

カスタム API と UI を使ってデータアセットをカタログ化するメタデータ管理サービス。データの場所を問わず、すべてのデータをまとめて確認できます。

一元的なカタログ

テクニカル メタデータ(自動)とビジネス メタデータ(タグ)を構造化された形式でキャプチャする、柔軟で強力なカタログ化システム。

検索と発見

強力な構造化検索機能を備えたシンプルで使いやすい UI でデータアセットをすばやく簡単に検索。Gmail と Google ドライブをサポートする Google 検索テクノロジーを活用しています。

スキーマ化されたメタデータ

単純なテキストタグだけでなく、スキーマ化されたタグ(Enum、Bool、DateTime など)をサポートし、整理された豊富なビジネス メタデータを組織に提供します。

Cloud DLP との統合

機密データを検出、分類して情報を提供し、データ管理プロセスの簡易化を支援します。

Cloud IAM との統合

アクセスレベル制御を提供し、データアセットの読み取り、書き込み、検索にソース ACL を適用。エンタープライズ クラスのアクセス制御を提供します。

ガバナンス

Cloud DLP と Cloud IAM との統合により、強力なセキュリティとコンプライアンスの基盤を提供します。

Data Catalog のフルマネージドでスケーラブルなサービスが持つバックエンド システムとして使用できる柔軟性は、当社のカスタム ソリューションを支えています。すべてのメタデータを一元化するカタログ システムのおかげで、GCP 内のすべてのデータアセットを迅速に検索できるようになりました。

Go-Jek 社 ビジネス インテリジェンスおよび成長担当シニア バイス プレジデント Crystal Widjaja 氏

料金

Data Catalog の料金設定は、メタデータの料金とカタログ API 呼び出しの料金で構成されています。

メタデータの料金

メタデータ

ビジネス メタデータと、Data Catalog によって取り込まれたオンプレミスに保存されているメタデータ

チェックマーク 保存されるメタデータのうち、最初の 1 MB は無料

チェックマーク 保存されるメタデータが 1 MB を超える場合は、1 GB あたり月額 $100

注: ビジネス メタデータとは、お客様にとって有益なビジネス上の背景情報を持つ追加メタデータを指します(例: has_pii、data_owner、delete_by_date、retain_till_date、business_logic、data_glossary_term など)。

テクニカル メタデータとは、すでに GCP サービスに存在しているメタデータを指します(例: テーブルや列の名前や説明、作成日、更新日など)。このメタデータはすべてのユーザーに無料で提供され、GCP 内のデータアセットの検出を簡略化します。

Catalog API 呼び出しの料金

カタログ API 呼び出し

すべての読み取り、書き込み、検索 API 呼び出しを表します。

チェックマーク 1 か月あたり、最初の 100 万回の Catalog API 呼び出しは無料

チェックマーク 100 万回超過分の API 呼び出しは、10 万回あたり月額 $10

パートナーシップと統合

Data Catalog は戦略的パートナーとの統合により強力なエコシステムを構築し、長期的な連携の基盤を築いています。そのため、お客様のニーズに合ったプラットフォームを使用してハイブリッド クラウド環境を構築しつつ、統合的なデータ検出を実現することができます。

Informatica は Google Cloud のパートナーとして、お客様が場所を問わずすべてのデータアセットを検出、管理できるよう支援しています。Google Cloud Data Catalog と Informatica の Enterprise Data Catalog サービスおよび Axon Data Governance サービスとの相互運用性により、データアセットの包括的な把握が可能になります。また、データユーザーにとってはビジネスニーズに関連した信頼できるデータを見つけることができるようにになります。

Informatica 社ビッグデータ、クラウド、データ統合担当シニア バイス プレジデント兼ジェネラル マネージャー Ronen Schwartz 氏
Collibra のロゴ Informatica のロゴ Tableau ロゴ Looker ロゴ

リソース

このプロダクトはまもなくベータ版を提供予定です。プロダクトのリリース段階の詳細については、こちらをご覧ください。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...