Cloud Composer

Apache Airflow を基に構築された、フルマネージドのワークフロー オーケストレーション サービス

無料トライアル

複雑なワークフローをシンプルに

Cloud Composer は、フルマネージド ワークフロー オーケストレーション サービスです。クラウドとオンプレミス データセンターにまたがるパイプラインの作成、スケジューリング、モニタリングを実現します。Cloud Composer は、よく利用されている Apache Airflow オープンソース プロジェクトを基に構築され、Python プログラミング言語を使用して運用されており、使いやすく、特定のベンダーにロックインされることはありません。

オーケストレーションを容易に

Cloud Composer パイプラインは、Python を使用して有向非巡回グラフ(DAG)として構成でき、ユーザーの経験を問わずに簡単にワークフローを作成したり、スケジュールを設定したりできます。ワンクリックでデプロイでき、コネクタの豊富なライブラリにすぐにアクセスしたり、実行中のワークフローをさまざまな形式でグラフィカルに確認したりできます。これにより、トラブルシューティングが容易になるため、パイプラインの信頼性が向上します。また、有向非巡回グラフは自動的に同期されるため、ジョブをスケジュールに沿って確実に実行できます。

オーケストレーションを容易に

GCP ワークロードのエンドツーエンド統合

Cloud Composer は Google Cloud Platform のサービスと密接に統合されており、すべてのパイプラインをオーケストレートできます。Google BigQuery、Cloud Dataflow、Cloud Dataproc、Cloud Datastore、Cloud Storage、Cloud Pub/Sub、Cloud ML Engine など、複数のサービスとの強固な統合が組み込まれています。

GCP ワークロードのエンドツーエンド統合

ハイブリッド環境およびマルチクラウド環境の作成

ワークフローはオンプレミスや複数のクラウドで実行されていたり、GCP 内ですべてが実行されていたりしますが、Cloud Composer では、ワークフローの場所を問わずに単一のオーケストレーション ツールでパイプラインを接続できます。統合されたツールで複数ワークフローの作成、スケジューリング、モニタリングを行えるため、実環境におけるサイロ化を回避し、インフラストラクチャへの負担を軽減できます。

ハイブリッド環境およびマルチクラウド環境の作成

コア技術にオープンソースを採用

Cloud Composer は、オープンソースのオーケストレーション ツールとして広く使用されている Apache Airflow で構築されています。Google も貢献しているこのオープンソース プロジェクトでは、特定ベンダーに依存することなく、さまざまなプラットフォームと組み合わせて利用できます。対象プラットフォームは、Airflow コミュニティの拡大とともに追加されていく予定です。

コア技術にオープンソースを採用

Cloud Composer の特長

マルチクラウド
複数クラウドをまたいでデータ接続、処理、サービスを提供するワークフローを作成し、包括的なデータ環境を提供します。
ハイブリッド
オンプレミスおよびパブリック クラウド間のワークフローをオーケストレートすることで、ハイブリッド データ環境の維持やクラウドへの移行における負担を軽減します。
プログラミング言語に Python を採用
既存の Python のスキルを活用して、Cloud Composer で動的にワークフローを作成したり、スケジューリングを行ったりすることができます。
フルマネージド
Cloud Composer で管理することで、リソースのプロビジョニングではなく、ワークフローの作成、スケジューリング、モニタリングにより注力できるようになります。
オープンソース
Cloud Composer は Apache Airflow で構築されています。特定ベンダーへの依存を回避し、ポータビリティを確保できます。
統合
BigQueryDataflowDataprocDatastoreCloud StoragePub/SubCloud ML Engine との統合が組み込まれており、エンドツーエンドでの GCP ワークロードのオーケストレーションが可能です。
信頼性
使いやすいチャートで環境をモニタリングしたり、障害原因をトラブルシューティングしたりできるため、ワークフローの信頼性が向上します。

Cloud Composer の料金

Cloud Composer では使用量に応じた課金が採用されています。vCPU/時、GB/月、GB(転送量)/月など、測定された使用量に基づいてお支払いいただけます。Cloud Composer では、その構成要素として複数の GCP サービスを使用しているため、複数の料金単位が用意されています。

料金は、使用量や継続利用を問わずに一律です。

アイオワ(us-central1) サウスカロライナ(us-east1) 北バージニア(us-east4) ベルギー(europe-west1) ムンバイ(asia-south1) 東京(asia-northeast1)
項目 料金(米ドル)
ウェブのコア時間
データベースのコア時間
ウェブとデータベースのストレージ
ネットワーク(下り)
米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

フィードバックを送信...