Cloud Composer

Apache Airflow で構築された、フルマネージドのワークフロー オーケストレーション サービスです。

このプロダクトのドキュメントを見る

複雑なワークフローをシンプルに

Cloud Composer は、フルマネージドなワークフロー オーケストレーション サービスです。クラウドとオンプレミス データセンターにまたがるワークフローの作成、スケジューリング、モニタリングを実現します。よく利用されている Apache Airflow オープンソース プロジェクトを基に構築され、Python プログラミング言語を使用して運用されています。使いやすく、特定のベンダーに依存することがありません。

「オーケストレーションを容易に」ロゴ

オーケストレーションを容易に

Cloud Composer のパイプラインは、Python を使用して有向非巡回グラフ(DAG)として構成されており、経験の浅いユーザーでも簡単にワークフローを作成してスケジューリングできます。デプロイはワンクリックで完了するため、すぐにコネクタの豊富なライブラリにアクセスし、実行中のワークフローをさまざまな形式でグラフィカルに表示できます。これにより、トラブルシューティングが容易になり、パイプラインの信頼性が向上します。また、有向非巡回グラフは自動的に同期されるため、ジョブをスケジュールに沿って確実に実行できます。

「GCP ワークロードのエンドツーエンドの統合」ロゴ

GCP ワークロードのエンドツーエンドの統合

Cloud Composer は Google Cloud Platform のサービスと密接に統合されており、パイプライン全体をオーケストレートできます。Cloud Composer には、BigQuery、Cloud Dataflow、Cloud Dataproc、Cloud Datastore、Cloud Storage、Cloud Pub/Sub、AI Platform などのさまざまなプロダクトとの強固な統合が組み込まれています。

「ハイブリッド環境やマルチクラウド環境を作成」ロゴ

ハイブリッド環境やマルチクラウド環境を作成

ワークフローがオンプレミスにあるか、複数のクラウドにまたがっているか、あるいは GCP 内ですべて完結しているかにかかわらず、Cloud Composer は単一のオーケストレーション ツールでパイプラインを接続できます。ワークフローを一体的に作成、スケジューリング、モニタリングできるため、実環境におけるサイロ化が回避され、インフラストラクチャに重点を置く必要がありません。

「コア技術にオープンソースを採用」ロゴ

コア技術にオープンソースを採用

Cloud Composer は、オープンソースのオーケストレーション ツールとして広く使用されている Apache Airflow で構築されています。Google も貢献しているこのオープンソース プロジェクトは、特定のベンダーに依存することなく、さまざまなプラットフォームと組み合わせて利用できます。対象のプラットフォームは、Airflow コミュニティが拡大するにつれて増えていきます。

特徴

マルチクラウド

複数のクラウドにまたがってデータ接続、処理、サービスを提供するワークフローを作成し、統一的なデータ環境を提供します。

オープンソース

Cloud Composer は Apache Airflow で構築されています。特定のベンダーへの依存を回避し、ポータビリティを確保できます。

ハイブリッド

オンプレミスとパブリック クラウドにまたがるワークフローをオーケストレートすることで、クラウドへの移行が容易になり、ハイブリッド データ環境を維持することもできます。

統合

BigQueryCloud DataflowCloud DataprocCloud DatastoreCloud StorageCloud Pub/SubAI Platform などのプロダクトとの統合が組み込まれており、GCP ワークロードをエンドツーエンドでオーケストレートできます。

プログラミング言語に Python を採用

既存の Python のスキルを活用して、Cloud Composer で動的にワークフローを作成し、スケジューリングできます。

信頼性

使いやすいチャートで環境のモニタリングや問題のトラブルシューティングができるため、ワークフローの信頼性が改善されます。

フルマネージド

Cloud Composer はフルマネージド サービスなので、リソースのプロビジョニングに気をとられず、ワークフローの作成、スケジューリング、モニタリングに専念できます。

Blue Apron では、新鮮な食材を時間通りに配達するために、データ ワークフローを完璧に運用する必要があります。Cloud Composer なら、Python を使用して 1 か所からワークフローの作成、スケジューリング、モニタリングができるため、パイプラインのオーケストレーションに対する信頼性が高まります。

Blue Apron 社 スタッフ ソフトウェア エンジニア Michael Collis 氏

料金

Cloud Composer は使用量に応じて課金されます。vCPU/時、GB/月、GB(転送量)/月で測定された使用量に基づいて料金が発生します。Cloud Composer では、その構成要素として複数の GCP プロダクトを使用しているため、複数の料金単位が用意されています。

料金は、使用量や継続利用を問わず一律です。

次のステップ

Google Cloud をご利用のお客様には、12 か月間有効の無料クレジット $300 分を差し上げます。

無料トライアル
開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用