NOAA Global Historical Climatology Network の天候データ

BigQuery を使用して一般公開データセットをクエリする方法

BigQuery は、フルマネージドのデータ ウェアハウスおよび分析プラットフォームです。SQL クエリを使用して分析できる一般公開データセットが用意されています。BigQuery の一般公開データセットにアクセスするには、ウェブ UIコマンドライン ツールを使用します。また、クライアント ライブラリJava.NETPython など)を使用して BigQuery REST API を呼び出してアクセスすることもできます。

現在、BigQuery の一般公開データセットは US マルチリージョン ロケーションに格納されています。一般公開データセットをクエリする場合は、コマンドラインで --location=US フラグを指定するか、BigQuery ウェブ UI で処理ロケーションとして US を選択するか、API でジョブリソースjobReference セクションの location プロパティを指定します。一般公開データセットは米国内に格納されているため、一般公開データのクエリ結果を別のリージョンにあるテーブルに書き込むことはできず、一般公開データセットのテーブルを別のリージョンにあるテーブルと結合することもできません。

BigQuery の一般公開データセットの使用を開始するには、プロジェクトを作成または選択します。毎月、最初の 1 テラバイトのデータの処理については課金されないため、課金を有効にせずに一般公開データセットのクエリを開始できます。無料枠を超える可能性がある場合は、課金を有効にする必要があります。

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    [リソースの管理] ページに移動

  3. プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。

    課金を有効にする方法について

  4. 新しいプロジェクトでは、BigQuery が自動的に有効になります。既存のプロジェクトで BigQuery を有効にする手順は以下のとおりです。 BigQuery API を有効にする。

    Enable the API

データセットの概要

NOAA の Global Historical Climatology Network(GHCN)は世界中の地上観測所からの気象情報をまとめた統合データベースであり、一般的な品質保証レビューを受けています。GHCN-D(日次)と GHCN-M(月次)の 2 種類の GHCN データセットが BigQuery で使用できます。GHCN データセットに含まれるデータは 20 以上のソースから取得され、1763 年以降の毎年のデータが含まれています。

このデータセットで使用可能なデータ変数の詳しい説明については、NOAA の readme.txt をご覧ください。

BigQuery コンソールで GHCN-D と GHCN-M の探索を開始できます。

NOAA GHCN 日次データセットに移動

NOAA GHCN 月次データセットに移動

サンプルクエリ

BigQuery を使用してこのデータで実行できる SQL クエリの例をいくつか示します。

特定の位置に近い気象観測所の検索

この例ではシカゴ(緯度 = 41.88、経度 = -87.63)に近い観測所を検索します。

#standardSQL
SELECT
  id,
  name,
  state,
  latitude,
  longitude
FROM
  `bigquery-public-data.ghcn_d.ghcnd_stations`
WHERE
  latitude > 41.7
  AND latitude < 42
  AND longitude > -87.7
  AND longitude < -87.5

上位 10 件の結果のみを以下に示します。

+-------------+----------------------------+-------+----------+-----------+
|     id      |            name            | state | latitude | longitude |
+-------------+----------------------------+-------+----------+-----------+
| USC00111564 | "CHICAGO S WTR FILT PLT"   | IL    |    41.75 |    -87.55 |
| US1ILCK0204 | "BOOT CAMP-CHICAGO 4.2 SW" | IL    |  41.8421 |  -87.6891 |
| US1ILCK0151 | "EVERGREEN PARK 0.5 NE"    | IL    |  41.7274 |  -87.6949 |
| USC00111562 | "CHICAGO SAN DIST OFC"     | IL    |     41.9 |  -87.6333 |
| US1ILCK0240 | "CHICAGO 2.7 WNW"          | IL    |  41.9018 |  -87.6726 |
| US1ILCK0179 | "CHICAGO 4.8 NNW"          | IL    |  41.9481 |  -87.6588 |
| US1ILCK0097 | "CHICAGO 6.8 NNE"          | IL    |  41.9301 |  -87.6393 |
| US1ILCK0104 | "LINCOLNWOOD 5.1 SE"       | IL    |  41.9494 |  -87.6703 |
| USC00111584 | "CHICAGO WB CITY 2"        | IL    |  41.8833 |  -87.6333 |
| USC00111526 | "CHICAGO GRANT PARK"       | IL    |  41.8833 |  -87.6167 |
+-------------+----------------------------+-------+----------+-----------+

特定の観測所での 1 日の降水量

シカゴにある気象観測所の ID(これはオヘア空港に対応します)をクエリに指定して、そこで観測された 2015 年の各日付の降水量(mm)を取得する例を以下に示します。

#standardSQL
SELECT
  wx.date,
  wx.value/10.0 AS prcp
FROM
  `bigquery-public-data.ghcn_d.ghcnd_2015` AS wx
WHERE
  id = 'USW00094846'
  AND qflag IS NULL
  AND element = 'PRCP'
ORDER BY wx.date

上位 10 件の結果のみを以下に示します。

+------------+------+
|    date    | prcp |
+------------+------+
| 2015-01-01 |  0.0 |
| 2015-01-02 |  0.0 |
| 2015-01-03 | 14.5 |
| 2015-01-04 |  3.3 |
| 2015-01-05 |  3.8 |
| 2015-01-06 |  0.3 |
| 2015-01-07 |  0.0 |
| 2015-01-08 |  1.5 |
| 2015-01-09 |  0.0 |
| 2015-01-10 |  0.0 |
+------------+------+

過去 2 週間の天候

過去 14 日間の 1 日の最低 / 最高気温(℃)と降水量(mm)を取得します。必要に応じて、テーブル名の年を 2016 から変更してください。

#standardSQL
SELECT
  date,
  MAX(prcp) AS prcp,
  MAX(tmin) AS tmin,
  MAX(tmax) AS tmax
FROM (
  SELECT
    wx.date AS date,
    IF (wx.element = 'PRCP', wx.value/10, NULL) AS prcp,
    IF (wx.element = 'TMIN', wx.value/10, NULL) AS tmin,
    IF (wx.element = 'TMAX', wx.value/10, NULL) AS tmax
  FROM
    `bigquery-public-data.ghcn_d.ghcnd_2017` AS wx
  WHERE
    id = 'USW00094846'
    AND DATE_DIFF(CURRENT_DATE(), wx.date, DAY) < 15
)
GROUP BY
  date
ORDER BY
  date ASC

上位 10 件の結果のみを以下に示します。

+------------+------+------+------+
|    date    | prcp | tmin | tmax |
+------------+------+------+------+
| 2017-11-14 |  0.0 | -1.0 |  9.4 |
| 2017-11-15 |  4.3 |  1.7 | 11.1 |
| 2017-11-16 |  0.0 |  0.6 |  3.3 |
| 2017-11-17 |  3.6 |  1.7 |  8.9 |
| 2017-11-18 | 13.7 |  1.7 |  8.9 |
| 2017-11-19 |  0.0 | -1.0 |  2.8 |
| 2017-11-20 |  0.0 | -1.0 | 11.1 |
| 2017-11-21 |  0.5 | -2.7 |  6.7 |
| 2017-11-22 |  0.0 | -5.5 |  1.7 |
| 2017-11-23 |  0.0 |  0.0 |  7.8 |
+------------+------+------+------+

データについて

データセット ソース: NOAA

カテゴリ: 天候

使用: このデータセットは、データセット ソースによって規定されている条件(http://www.data.gov/privacy-policy#data_policy)の下ですべてのユーザーに公開されています。Google はこのデータセットを「現状のまま」提供し、明示、黙示を問わず、いかなる保証も行いません。Google は、このデータセットの使用によって直接または間接の損害が発生したとしても一切責任を負いません。

更新頻度: 毎日、毎月

BigQuery での表示: NOAA GHCN 日次データセットに移動NOAA GHCN 月次データセットに移動

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。