Google Cloud プロジェクトの作成

App Engine にアプリをデプロイするには、Google Cloud プロジェクトと App Engine アプリケーション リソースを作成する必要があります。

Cloud プロジェクトは、App Engine アプリケーションや他の Google Cloud リソースを保持する最上位コンテナです。

App Engine アプリケーションは、App Engine を有効にするために作成する必要があるリソースです。App Engine アプリケーション リソースでは、ウェブサービスを実行するリージョンを定義し、関連する設定、認証情報、メタデータを格納します。Cloud プロジェクトごとに作成できる App Engine アプリケーション リソースは 1 つだけで、リソースの作成後に指定したリージョンを変更することはできません。

App Engine を有効にした Cloud プロジェクトがすでにある場合は、ウェブサービスの作成に進みます。

Cloud プロジェクトの作成

Cloud SDK を使用して Cloud プロジェクトと App Engine リソースを作成するには、次のようにします。

  1. Cloud SDK をインストールし、初期化します。 プロンプトが表示されたら、[新しいプロジェクトを作成] を選択します。すでに SDK がインストールされている場合は、gcloud projects create PICK_A_NAME を実行してプロジェクトを作成できます。
  2. 次の gcloud コマンドを実行して App Engine を有効にし、関連するアプリケーション リソースを作成します。選択したロケーションは後で変更することはできません。
    gcloud app create
  3. プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。

    課金を有効にする方法について

    ヒント: このトピックのサンプル アプリだけを実行する場合は、無料の割り当て分を超過することはありません。他のサンプルを実行して同じ GCP プロジェクトに他のサービスを追加するなどして、無料の割り当てを超過した場合にのみ課金されます。

App Engine のロケーション

App Engine はリージョナルです。つまり、アプリを実行するインフラは特定のリージョンに配置され、リージョン内のすべてのゾーンで冗長的に利用できるように Google によって管理されています。

レイテンシ、可用性、耐久性の要件を満たすことが、アプリを実行するリージョンを選択する際の主な要素になります。通常は、アプリのユーザーに最も近いリージョンを選択できますが、アプリで使用する Google Cloud の他のプロダクトやサービスのロケーションも考慮する必要があります。使用するサービスが複数のロケーションにまたがっていると、アプリのレイテンシだけでなく、料金にも影響する可能性があります。

App Engine は次のリージョンで利用できます。

  • northamerica-northeast1(モントリオール)
  • us-central(アイオワ)
  • us-west2(ロサンゼルス)
  • us-west3(ソルトレイクシティ)
  • us-west4(ラスベガス)
  • us-east1(サウスカロライナ)
  • us-east4(北バージニア)
  • southamerica-east1(サンパウロ)
  • europe-west(ベルギー)
  • europe-west2(ロンドン)
  • europe-west3(フランクフルト)
  • europe-west6(チューリッヒ)
  • asia-northeast1(東京)
  • asia-northeast2(大阪)
  • asia-northeast3(ソウル)
  • asia-east2(香港)
  • asia-south1(ムンバイ)
  • australia-southeast1(シドニー)

設定したアプリのリージョンは変更できません。

App Engine アプリケーションをすでに作成している場合は、次のいずれかの方法でリージョンを表示できます。

次のステップ

以上で Cloud プロジェクトが設定され、基本的なウェブサービスを作成する準備が整いました。