ゲストブック アプリケーションの作成

このチュートリアルでは、App Engine 用のサンプル Python アプリケーションをビルドして実行する方法について説明し、サンプルコードのコード チュートリアルを行います。このサンプルは、ユーザーが公開メッセージ ボードにメッセージを投稿できる簡単なゲストブックです。

目標

  • Python を使用して App Engine アプリをビルドし、テストする。
  • ユーザー認証のためにアプリケーションを Google アカウントと統合する。
  • webapp2 フレームワークを使用する。
  • Jinja2 テンプレートを使用する。
  • Cloud Datastore にデータを保存する。
  • App Engine にアプリをデプロイする。

費用

このチュートリアルを本稼働環境でテストしても、App Engine の無料割り当てに十分収まります。

始める前に

  1. 新しい GCP Console プロジェクトを作成するか、Google Cloud Platform Console から既存のプロジェクトのプロジェクト ID を取得します。

    プロジェクト ページに移動

    ヒント: gcloud で既存のプロジェクト ID のリストを取得します。

  2. Google Cloud SDK をインストールしてから、gcloud ツールを初期化します。
    SDK をダウンロード

GitHub からプロジェクトのクローンを作成する

  1. ローカルマシンにゲストブック アプリケーションのリポジトリのクローンを作成します。

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/appengine-guestbook-python.git
  2. サンプルコードのあるディレクトリに移動します。

    cd appengine-guestbook-python
    

ローカルでビルドして実行する

サンプルをローカルでビルドして実行するには、次の手順を行います。

  1. appengine-guestbook-python ディレクトリで次のコマンドを実行して、ローカルの開発用ウェブサーバーを起動します。

    dev_appserver.py ./
    

    開発用ウェブサーバーが起動し、ポート 8080 でリクエストをリッスンします。

  2. ウェブブラウザで http://localhost:8080/ にアクセスしてアプリを表示します。

    [ログイン] をクリックし、任意のメールアドレスでログインします。開発用サーバーは、指定されたメールを有効かどうかに関係なく受け入れます。本番環境にデプロイしたときは、この同じコードで有効な Google アカウントとメールが必要になります。

  3. Ctrl+C キーを押して、開発用サーバーを停止します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python 2 の App Engine スタンダード環境