App Engine スタンダード環境で Node.js を使用するためのクイックスタート

は、

このクイックスタート ガイドでは、サンプルアプリを App Engine にデプロイする方法を紹介します。App Engine 向けのアプリのコーディングについて学習したい場合は、アプリの構築をご覧ください。

始める前に

  1. GCP Console を使用して Google Cloud Platform プロジェクトを作成し、アプリケーションのリソースを配置するリージョンを選択して、課金を有効にします。

    Console に移動

    リージョンを選択して課金を有効にすると、[ダッシュボード] が開きます。

  2. 開発環境を準備します。Google Cloud Shell またはローカルマシンを使用できます。

    Cloud Shell

    Cloud Shell を起動します。これには、事前にインストールが必要な以下のツールがすべて備わっています。

    Cloud Shell を開く

    ローカルマシン

    Node.js をインストールし、Cloud SDK をセットアップします。

    1. Node.js と npm(Node Package Manager)をダウンロードしてインストールします。

      Node.js および npm をダウンロードしてインストールする

    2. Cloud SDK をダウンロードしてインストールします。Cloud SDK ページの手順に従って、gcloud コマンドライン ツールで GCP プロジェクト ID を初期化して設定します。

      Google Cloud SDK をダウンロードしてインストールする

      SDK for App Engine をダウンロードすることで、SDK for App Engine の使用を規定する利用規約の各条項に従うことに同意したとみなされます。

App Engine のロケーション

App Engine はリージョナルです。つまり、アプリを実行するインフラストラクチャは特定のリージョンに配置され、そのリージョン内のすべてのゾーンで冗長的に利用できるように Google によって管理されます。

レイテンシ、可用性、耐久性の要件を満たすことが、アプリを実行するリージョンを選択する際の主な要素になります。一般に、アプリのユーザーに最も近いリージョンを選択できますが、アプリで使用されている他の GCP プロダクトやサービスのロケーションを考慮する必要があります。使用するサービスが複数のロケーションにまたがっていると、アプリのレイテンシだけでなく、料金にも影響します。

App Engine は次のリージョンで利用できます。

  • northamerica-northeast1(モントリオール)
  • us-central(アイオワ)
  • us-west2(ロサンゼルス)
  • us-east1(サウスカロライナ)
  • us-east4(バージニア北部)
  • southamerica-east1(サンパウロ)*
  • europe-west(ベルギー)
  • europe-west2(ロンドン)
  • europe-west3(フランクフルト)
  • asia-northeast1(東京)
  • asia-south1(ムンバイ)
  • australia-southeast1(シドニー)

* サンパウロ リージョンをご利用のお客様には、すべてのリージョナル プロダクト SLA が引き続き有効です。ただし、北米と南米を対象とするマルチリージョン機能およびクロスリージョン機能は、可用性またはパフォーマンスが一時的に低下する可能性があります。

アプリのリージョンを設定した後で変更することはできません。

App Engine アプリケーションがすでに作成してあれば、gcloud app describe コマンドを実行するか GCP Console の App Engine ダッシュボードを開くことで、リージョンを表示できます。App Engine アプリケーションのリージョンは http://[YOUR_PROJECT_ID].appspot.com に表示されます。

サンプルコードをダウンロードする

ここではシンプルな Hello World アプリケーションを使用し、App Engine へのウェブサービスのデプロイについて簡単に説明します。コードを開発環境にダウンロードする手順は以下のとおりです。

  1. Node.js サンプルアプリ リポジトリをダウンロードします。

    Cloud Shell

    git リポジトリのクローンを作成します。

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/nodejs-docs-samples

    ローカルマシン

    ZIP ファイルとしてリポジトリをダウンロードし、展開します。

    あるいは、Git を使用する場合は、次のコマンドでリポジトリのクローンを作成します。

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/nodejs-docs-samples

  2. Hello World アプリが格納されているディレクトリに移動します。

    cd nodejs-docs-samples/appengine/hello-world/standard
    

Hello World をローカルで実行する

  1. プロジェクトの依存関係をインストールします。

    npm install
    
  2. HTTP サーバーを始動します。

    npm start
    
  3. ウェブブラウザでアプリを表示します。

    Cloud Shell

    Cloud Shell ツールバーの [ウェブ プレビュー] ウェブでプレビューをクリックし、[ポート 8080 でプレビュー] を選択します。

    ローカルマシン

    ウェブブラウザで http://localhost:8080 にアクセスします。

    Hello, world! というメッセージ がページに表示されます。

  4. ターミナル ウィンドウで Ctrl+C キーを押して HTTP サーバーを停止します。

Hello World を App Engine にデプロイして実行する

  1. hello-world/standard ディレクトリで次のコマンドを実行し、Hello World アプリを App Engine 上にデプロイします。

    gcloud app deploy
    
  2. https://YOUR_PROJECT_ID.appspot.com で公開されているアプリを表示します。

    gcloud app browse
    

Hello, world! というメッセージ が、App Engine インスタンス上で実行されているウェブサーバーによって配信されます。

これで完了です。 App Engine に Node.js ウェブサービスを正常にデプロイしました。

クリーンアップ

App Engine の学習を続けたい場合は、GCP プロジェクトを保存して、アプリの構築に進むことができます。

あるいは、GCP プロジェクトを削除して、そのプロジェクト内のすべてのリソースへの課金を停止することもできます。

  1. GCP Console で [プロジェクト] ページに移動します。

    プロジェクト ページに移動

  2. プロジェクト リストで、削除するプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。
  3. ダイアログでプロジェクト ID を入力し、[シャットダウン] をクリックしてプロジェクトを削除します。

次のステップ

以上、App Engine 上でウェブサービスをデプロイしました。App Engine における Node.js のさらに詳しい使い方を知りたい方は、アプリの構築をお読みください。

App Engine スタンダード環境での Node.js ランタイムの詳細については、Node.js ランタイム環境をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Node.js 用 App Engine スタンダード環境に関するドキュメント