Web Risk API

ウェブサイトとクライアント アプリケーションで悪意のある URL を検出します。

このプロダクトのドキュメントを見る

Web Risk API の概要のロゴ

概要

Google では、安全でないウェブリソースのリストを常に更新しています。Web Risk API とは、このリストに照らし合わせてクライアント アプリケーションが URL をチェックできるようにする Google Cloud サービスです。安全でないウェブリソースには、フィッシング サイトや詐欺サイトなどのソーシャル エンジニアリング サイトや、マルウェアまたは望ましくないソフトウェアをホストするサイトなどが含まれます。Web Risk API を使用すると、既知の不正なサイトをすばやく特定できます。感染したリンクをユーザーがクリックする前に警告する、お客様のサイトから既知の感染したページへのリンクをユーザーが投稿できないようにするなどの手段を講じることができます。Web Risk API には、100 万を超える安全でない URL のデータが含まれています。毎日数十億の URL を調べることで、最新の状態が保たれています。

ユーザーの安全確保のロゴ

ユーザーの安全を確保

ビジネスにとって、ユーザーは不可欠な存在です。ユーザーとビジネスの安全を確保するには、セキュリティ管理が必要です。Web Risk API を使用すると、感染した URL をお客様のサイトにユーザーが投稿することや、お客様のプラットフォームを介して悪意のあるリンクを共有することを防止できます。また、安全でないことが判明しているサイトにアクセスする前に警告できます。

Google のウェブ展開を活用のロゴ

Google のウェブ展開を活用

Google Cloud のユーザー保護技術は、ウェブ上でユーザーを保護する Google の長年の経験の上に培われたものです。Google は、安全でないウェブリソースのリストを常に更新しています。企業はこれを使用して、危険な URL をサイトから遠ざけ、ユーザーの安全性を維持できます。

Google Cloud のウェブリスク技術をアプリに簡単に統合のロゴ

Google Cloud のウェブリスク技術をアプリに簡単に統合

柔軟な API ベースのサービスの Web Risk API を利用して、クラウドまたはオンプレミスでホストされているウェブサイトまたはアプリケーションに安全でない URL が存在するかどうかを調べられます。

特長

安全ではない既知の URL の包括的なリスト

Google が常に更新している安全でないウェブリソースのリストを活用して、フィッシング サイトや詐欺サイト、マルウェアや望ましくないソフトウェアをホストしているサイトを特定します。

アプリケーションに依存しない

Web Risk API は、クラウドベースかオンプレミスでホストされているかにかかわらず、アプリケーションとウェブサイトに統合できます。

Lookup API

Lookup API を使用すると、クライアント アプリケーションからリクエストを送信して、書き込まれた URL が、既知の安全でない URL のリストに含まれているかどうかを確認できます。不正な既知の URL が見つかると、フラグが付けられて返されます。

Update API

Update API を使用して、安全でない URL のリストのハッシュ バージョンをダウンロードし、ローカル データベースに保存します。ローカル データベースで一致するものが見つかった場合、クライアントは Web Risk API サーバーに検証リクエストを送信して、その URL が安全でない URL のリストに存在するかを確認できます。

料金

1,000 回の呼び出しごとの料金(月あたり)
API 呼び出しの種類 1 か月あたり
1~100,000 回
1 か月あたり 100,001~10,000,000 回 1 か月あたり 10,000,001 回以上
Lookup API uris.search 無料 1,000 URL あたり $0.50 お問い合わせ
Update API hashes.search 1,000 回あたり $50 お問い合わせ お問い合わせ

次のステップに進む

Google Cloud をご利用のお客様には、最大 12 か月間有効の無料クレジット $300 分を差し上げます。

クイックスタートを見る
開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用