Cloud Trace

本番環境におけるパフォーマンスの障害を検出。

このプロダクトのドキュメントを見る

「Cloud Trace の概要」のロゴ

誰でも使用できる分散トレース システム

Cloud Trace は分散トレース システムであり、アプリケーションからレイテンシ データを収集し、Google Cloud Console に表示します。アプリケーション内でやり取りされるリクエストをトラックし、ほぼリアルタイムでパフォーマンスの分析情報を提供します。Cloud Trace は、アプリケーションのすべてのトレースを自動的に分析し、パフォーマンス低下の原因となるレイテンシの詳細レポートを生成します。また、VM、コンテナ、App Engine プロジェクトからもトレースを取得できます。

パフォーマンスのボトルネックを検出

Cloud Trace を使用すると、リクエストごとに詳しいレイテンシ情報を分析したり、アプリケーション全体のレイテンシを確認したりできます。提供されるさまざまなツールとフィルタを使用して、ボトルネックの発生場所を迅速に突き止め、根本原因を特定できます。Cloud Trace は、Google がきわめて大規模なサービスを運用し続けるために使用しているツールをベースにしています。

「問題を迅速かつ自動的に検出」のロゴ

問題を迅速かつ自動的に検出

Cloud Trace は、プロジェクトからデータを継続的に収集して分析し、アプリケーションのパフォーマンスにおける最近の変化を自動的に特定します。このようなレイテンシの分布は分析レポート機能を使って表示し、時系列やバージョン間での比較が可能です。アプリケーションのレイテンシ プロファイルに大幅な変化が見つかると、Cloud Trace が自動的に通知します。

「幅広いプラットフォームのサポート」のロゴ

幅広いプラットフォームのサポート

Cloud Trace の言語別の SDK を使用すると、VM で実行中のプロジェクトを分析できます(Google Cloud で管理されていない VM も分析可能です)。Trace SDK は現在、Java、Node.js、Ruby、Go に対応しています。Trace API は、どのようなソースからのトレースデータの送受信にも使用できます。Zipkin コレクタを使用して、Zipkin トレーサーから Cloud Trace にデータを送信することもできます。App Engine で実行しているプロジェクトのデータは自動的に収集されます。

特長

設定は簡単

App Engine アプリケーションはすべて自動的にトレースされます。それ以外のアプリケーションの場合は、ライブラリを使用して、最小限の設定を行うだけでトレースできます。前述のパフォーマンス レポートと分析機能はすぐに利用できます。

パフォーマンス分析情報

エンドポイントごとにトレース結果を自動的に評価し、パフォーマンスのボトルネックを検出します。

自動分析

トレース対象のアプリケーションごとに、日々のパフォーマンス レポートが自動的に作成されます。また、必要に応じてレポートを生成することもできます。

カスタム ワークロードに対する拡張性

Trace API と言語別の SDK は、仮想マシンとコンテナで実行しているアプリケーションのトレースに使用できます。トレースされたデータは、Trace API を介して Cloud Trace の UI に表示されます。

レイテンシの変化の検出

アプリケーションのパフォーマンス レポートを時系列で評価し、アプリケーションのレイテンシの悪化を特定します。

Cloud Trace の分析機能のおかげで、レイテンシの変化をすぐに把握できました。Cloud Trace のタイムラインで、レイテンシのボトルネックの発生場所をすぐに特定し、解決できたのです。

Dovetail Games 社 プリンシパル オンライン テクノロジスト Keith Marsh 氏

リソース

料金

Cloud Trace の料金の詳細については、こちらをご覧ください。

機能 料金 毎月の無料割り当て量 発効日
Trace での取り込み 100 万スパンごとに $0.20 最初の 250 万スパン 2018 年 11 月 1 日

次のステップ

$300 分の無料クレジットと 20 以上の Always Free プロダクトを活用して Google Cloud で構築を開始しましょう。

開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用

Java は Oracle およびその関連会社の登録商標です。