Cloud Tasks

分散タスクキュー

Cloud Tasks は、大量の分散タスクの実行、ディスパッチ、配布を管理できるフルマネージド サービスです。Cloud Tasks を使用すると、ユーザー リクエストやサービス間リクエストの外部で作業を非同期で実行できます。

より応答性の高いアプリケーションを構築する

非同期実行は、リクエストのレイテンシを削減し、アプリケーションの応答性をさらに高める、十分に確立された方法です。Cloud Tasks を使用すると、スケジュール、重複排除、構成可能な再試行ポリシー、バージョン リダイレクトなどの機能により、こうしたリクエストの整理や管理ができます。

マイクロサービスの切り離しとスケーリング

Cloud Tasks によって、アプリケーションをより効率的に構造化し、スケールできます。専用サービスでタスクハンドラを実装すると、マイクロサービスを独立してスケールできます。

リソース消費の管理

Cloud Tasks では、キューのレートを制限することで、サービスの負荷をさらに効率的に管理したり、均等化したりできます。分散タスクの実行、ディスパッチ、配布を簡単に管理できます。

リリースとインシデントの適切な処理

Cloud Tasks により、処理中のリクエストを保持できます。一時停止、再試行、新しいバージョンへのリダイレクトで、リクエストをドロップせずに、バグの処理や、デプロイのステージングを行う余地が生じます。

Cloud Tasks の機能

スケーラブルなフルマネージド ソリューション
Google が提供しているプロダクトが稼働しているものと同じフルマネージド サービス上に構築します。
レートの制御と再試行の制御
タスクがディスパッチされるレート、試行の最大数、試行の間に待機する最小時間を設定することで実行を制御します。
ダッシュボードとコマンドライン インターフェース
Cloud Console から gcloud コマンドラインを使用してキューとタスクを管理、モニタリング、調査できます。
確実な配信
Cloud Tasks は、at-least-once 配信を保証します。ほとんどのタスクは 1 回のみ配信されます。
App Engine ターゲット
すべての App Engine サービスまたはハンドラ(スタンダード環境またはフレキシブル環境)をターゲットとするタスクを追加します。
タスクの重複排除
同じタスクが複数回追加されても、ディスパッチは 1 回のみ行われます。
将来のスケジューリング
タスクが実行される時刻を制御します。
一般的な言語
Java、Python、Node.js、PHP、Go 対応のクライアント ライブラリをご用意しています。また言語を問わず、どこからでも REST API を使用して、タスクをキューに入れることができます。
パブリッシュ / サブスクライブ メッセージング、イベント配信、ストリーミング ソリューションをお探しの場合は、Cloud Pub/Sub をご覧ください。

Cloud Tasks の料金

オペレーション(1 か月あたり) 料金(100 万回あたり)
最初の 100 万回 無料
50 億回まで $0.40

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。