データを移行してデータベースのメジャー バージョンをアップグレードする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ここでは、新しいバージョンの SQL Server を実行しているインスタンスにデータを移行する方法を説明します。このメソッドを続行する前に、データベースのメジャー バージョンのインプレース アップグレードを検討してください。

メジャー バージョン アップグレードの計画

  1. 対象のメジャー バージョンとターゲット エディションを選択します。

    Cloud SQL でサポートされているバージョンのリストをご覧ください。

  2. SQL Server のバージョンごとに提供される機能を検討し、非互換性に対処します。

    新しいメジャー バージョンでは、互換性のない変更が導入され、データベース インスタンスをアップグレードする前に、アプリケーション コード、スキーマ、またはデータベース設定の変更が必要になる場合があります。対象メジャー バージョンのリリースノートを確認して、対処が必要な非互換性を特定します。メジャー バージョンをいくつかスキップする場合は、スキップする各バージョンの非互換性に対処します。

  3. ドライランでアップグレードをテストします。

    本番環境データベースをアップグレードする前に、テスト インスタンスを使用してエンドツーエンドのアップグレード プロセスのドライランを実行します。本番環境ワークロードのエクスポートによるパフォーマンスへの影響を避けるため、本番環境データベースの代わりにクローンを使用してアップグレードをテストすることをおすすめします。

    アップグレードが正常に完了したことを確認するだけでなく、アップグレードの予想ダウンタイムの把握、アップグレード ワークフローの確認、アップグレードされたデータベースでアプリケーションが想定どおりに動作することの確認のためのテストを実施します。ストレージの自動増量をまだ有効にしていない場合は、アップグレード後のドライラン インスタンスによるディスク ストレージの使用量をメモし、アップグレード前に本番環境インスタンスのストレージ容量を増やす必要があるかどうかを判断します。

  4. アップグレードのタイミングを決めます。

データの移行

移行するには、ソース インスタンスから BAK ファイルにデータをエクスポートし、移行先のインスタンスにデータをインポートします。

新しいバージョンのデータベースを実行している Cloud SQL インスタンスにデータを移行する手順は次のとおりです。

  1. 目的の SQL Server のバージョンで移行先のインスタンスを作成します。

    移動先インスタンスが次のものを備えていることを確認します。

    • 現在のインスタンスのすべてのデータを保持するのに十分なストレージ。
    • 現在のインスタンスと同じ承認済みネットワーク。詳細
    • 同じユーザー アカウント(同じ SQL Server の権限とパスワード)。

    詳細については、インスタンスの作成をご覧ください。

  2. ローカル SQL Server ツールで新しいインスタンスに接続できることを確認し、必要な場合はツールを更新します。

  3. BAK ファイルにデータをエクスポートするの手順で、現在のインスタンスのデータを SQL Server BAK ファイルにエクスポートします。

    sqlserver システム データベースはエクスポートしないでください。sqlserver データベースは、他のデータベースを作成する前に接続するデフォルトのデータベースです。別のデータベースを作成したら、新しいデータベースに切り替えてテーブルを作成し、データを挿入します。アプリケーション データには sqlserver データベースを使用しないでください。

  4. 必要に応じて Cloud Storage バケットを作成し、BAK ファイルをバケットにアップロードします。

  5. BAK ファイルからインポートするの手順に沿って、移行先のインスタンスにデータをインポートします。

  6. 新しいインスタンスに接続するようにアプリケーションを更新します。

  7. データベースの互換性レベルをアップグレードします。

  8. 新しいインスタンスが正常に動作していることを確認し、古いインスタンスを削除します。

次のステップ