Compute Engine を使用した Microsoft SQL Server の障害復旧計画の作成

このホワイト ペーパーでは、Google Cloud Platform で Microsoft SQL Server 用の安価な障害復旧ソリューションを実装する方法について説明します。対象者は次のとおりです。

  • システム管理者。
  • データベース管理者。
  • 本番環境の SQL Server インスタンスの保護を考えているユーザー。
  • 別のデータセンターまたは他のコロケーション サイトを使用していない、または使用したくないユーザー。

このホワイト ペーパーでは、次のことを説明します。

  • SQL Server データベースを Google Cloud Storage にコピーする。
  • Google Compute Engine で SQL Server 仮想マシン(VM)をスピンアップしてバックアップをテストする。
  • 無料のスクリプトをいくつか使用して、最新の時点にバックアップを復元する。
  • バックアップをテストして破損していないことを確認する。

従来のデータベース トランザクションログの配布では、プライマリ SQL Server がログのバックアップを作成するたびに、別の SQL Server は新しく作成されたバックアップ ファイルを認識して、それを復元します。この方法では、いつでもすぐに使用できるスタンバイ SQL Server を用意します。ただし、このアプローチはコストがかかる可能性があります。クラウドベースの戦略を使用した場合でも、定期的にログのバックアップを作成し、それらのファイルをクラウドに同期させることができます。障害が発生した場合、またはバックアップをテストするだけの場合は、クラウドで SQL Server をスピンアップして、それらのバックアップを復元し、データベースをテストして破損をチェックします。

バックアップ ファイルをクラウドに同期させるところが、このプロセスで最も困難なステップになります。次の点に留意してください。

  • これらのファイルは小さくない場合があります(特に完全バックアップの場合)。
  • ファイルが SQL Server に格納されない可能性があります。たとえば、バックアップをファイル共有または UNC パスに書き込むことがあります。
  • インターネットの帯域幅が制限される場合があります。
  • 同期にはコマンドライン ツールを利用する必要があります。

完全なホワイト ペーパーを読むには、次のボタンをクリックしてください。

PDF をダウンロード

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...