Service Infrastructure の概要

Service Infrastructure は Google の基礎的なサービス プラットフォームであり、Endpoints やその他のサービスで API やサービスの作成と管理に使用されています。Service Infrastructure は、認証、ロギング、モニタリング、課金、割り当ての管理に使用できます。

仕組み

Service Infrastructure を使用するには、サービス構成を作成、デプロイします。サービス構成は、各ユーザーの割り当て制限など、提供するサービスの振る舞いを指定します。実行時にサービスは Service Infrastructure に対し API 呼び出しを実行して、前提条件(ユーザーに十分な割り当て量が残っており、テレメトリを報告するかどうかなど)を確認します。

API とサービスの一覧表示、有効化、無効化

Service Infrastructure に関連して、Service Usage API を使用して GCP プロジェクト内の他の API とサービスの一覧表示、有効化、無効化ができます。GCP サービスとその API、および Endpoints を使用して作成されたサービスも一覧表示および有効化できます。サービスと API を一覧表示および有効化する方法の詳細については、Service Usage のドキュメントをご覧ください。

パブリック IP アドレスとプライベート IP アドレス

マネージド サービスを使用するユーザー(サービス ユーザー)は、サービスによってプロビジョニングされるリソースにパブリック IP アドレスまたはプライベート IP アドレス(RFC 1918)を設定できます。どちらを使用するかは人それぞれで、プライベート IP アドレスの高いセキュリティを好む人もいれば、パブリック IP アドレスの柔軟性を好む人もいます。

たとえば、サービス ユーザーは Cloud SQL サービスを有効にしてから、Endpoints API を使用して Cloud SQL インスタンスをプロビジョニングできます。各 Cloud SQL インスタンスには、パブリック IP アドレス、プライベート IP アドレス、またはその両方を設定できます。これらのどのオプションを提供するかはサービス プロデューサーが決定します。

パブリック接続には追加の構成は必要ありません。それに対して、プライベート接続を提供するには、Service Networking API をアクティブにしてテナント プロジェクトを使用する必要があります。詳細については、プライベート サービス アクセスの有効化をご覧ください。

使ってみる

Service Infrastructure の最適な使用方法は、Endpoints を使用して間接的に使用する方法です。Service Infrastructure の詳細については、マネージド サービスの作成と削除をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Service Infrastructure のドキュメント