用語集

有効なサービス

  • ユーザーがマネージド サービスを使用できるようにするには、まずそのサービスをサービス ユーザー プロジェクトに対して有効にする必要があります。サービス ユーザー プロジェクト に対してマネージド サービスを有効にすると、ユーザーがそのサービスを利用できるようになり、Google Cloud Console にモニタリング ページが追加されます。また、プロジェクトで課金が有効にされている場合は、サービスに対する課金が有効になります。

マネージド サービス

  • マネージド サービスは、API などの明確に定義されたインターフェースからサービスにアクセスできるようにします。ユーザーはマネージド サービスにアクセスするときに、基盤となるリソース(サービスを実装するコンピューティングやストレージなど)を管理する必要はありません。

    たとえば、Compute Engine と Cloud SQL を使用してデータ ストレージ サービスを構築し、API としてユーザーに提供できます。ユーザーはその API のみを利用します。ユーザーはマネージド サービスがどのよう実装されているかを知らず、それを意識することはありません。マネージド サービスのことを単に「サービス」と呼ぶこともあります。

オペレーション

  • Service Infrastructure では、オペレーションという汎用的なコンセプトを使用して、API 呼び出しやリソース使用状況などのマネージド サービスのアクティビティを表します。各オペレーションはマネージド サービスと特定のサービス ユーザーに関連付けられます。また、オペレーションごとに、どのようなオペレーションなのかを説明する一連のプロパティ(API メソッド名やリソース使用量など)があります。

限定公開サービス

  • 限定公開サービスは、Cloud Endpoints を使用して作成された API など、その特定のサービスを明示的に共有しているユーザーやグループのメンバーのみが有効にできます。

    限定公開サービスは、パブリック IP アドレスまたはプライベート IP アドレス(RFC 1918)を介した接続に関係するものではありません。

公開サービス

  • 公開 API とサービスは、すべてのユーザーに対してグローバルに表示されます。パブリック Google Cloud API とサービスの例には、BigQuery APICloud StorageCloud Monitoring API などがあります。すべての公開 API の一覧については、Cloud API をご覧ください。

    公開サービスは、パブリック IP アドレスまたはプライベート IP アドレス(RFC 1918)を介した接続に関係するものではありません。

サービス構成

  • マネージド サービスは、名前、タイトル、RPC API の定義、REST API の定義、ドキュメント、認証など、幅広い機能を対象に含むサービス構成によって記述されます。

    マネージド サービスの構成を変更するには、更新されたサービス構成を公開する必要があります。詳細については、サービス構成の管理をご覧ください。

    Service Management API では、OpenAPI 仕様(以前は Swagger 仕様と呼ばれていたもの)を公開することもできます。この仕様は対応するサービス構成に自動的に変換されます。

サービス ユーザー

  • マネージド サービスが有効にされていてそのサービスの API を利用できる Google Cloud プロジェクトの所有者(ユーザーやユーザー グループなど)。1 つのマネージド サービスを多くのサービス ユーザーが利用できます。

Service Consumer Management API

Service Control API

Service Management API

  • Service Management API は、マネージド サービスサービス構成の作成やライフサイクルを管理します。Service Management API を使用して、Google Cloud でマネージド サービスをロールアウト、公開、更新します。これにより、ユーザーがマネージド サービスを検索、有効化、使用できるようになります。

サービス プロデューサー

  • マネージド サービスが有効にされていてそのサービスの API を利用できる Google Cloud プロジェクトの所有者(ユーザーやユーザー グループなど)。各マネージド サービスは 1 つのサービス プロデューサーによって所有されます。

サービス ロールアウト

  • サービス ロールアウトは、Service Management API によってサービス構成が Google Cloud Platform にどのようにデプロイされ、それらの構成がどのように適用されるかを定義します。これにより、同時にデプロイする複数のサービス構成バージョンと、それらの使用方法を示す戦略を指定できます。

    Service Management API ではサービス ロールアウトの履歴が保管されているので、以前の構成バージョンにロールバックできます。サービス構成をロールバックするには、以前送信したロールアウト レコードのクローンを作成する新しいロールアウトを開始します。

Service Usage API

  • Google Cloud プロジェクトの API を一覧表示、有効化、無効化するため、マネージド サービスの開発者とユーザーにメソッドを提供します。

テナント プロジェクト

テナンシー ユニット

  • テナンシー ユニットは、マネージド サービスのデプロイに使用されるサービス単位かつサービス ユーザー単位の独立した環境を提供します。新しいユーザーがサービスの使用を開始したら、そのサービス ユーザーに固有のすべてのリソースを 1 つのテナンシー ユニットで作成できます。サービス ユーザー単位で個別のテナンシー ユニットを作成すると、ユーザーのデータを確実に分離できます。ユーザーがサービスの使用を停止した場合、テナンシー ユニットを削除することで、そのユーザーのデータが確実に削除されます。テナンシー ユニットの詳細については、テナンシー ユニットのスタートガイドをご覧ください。