Service Directory(ベータ版)

サービスの公開、探索、接続を 1 つにまとめた場所。

このプロダクトのドキュメントを見る

Service Directory を使用するメリット。

サービス中心のネットワーク ソリューション

Service Directory は、すべてのアプリケーションを公開、探索、接続する場所を 1 か所にまとめ、管理や運用の複雑さを軽減します。高度で大規模なサービス インベントリ管理をマネージド サービスで提供することで、それに要する手間を不要とします。また、サービスのエンドポイントの数を問わず、リアルタイムのサービス情報を提供します。これにより、アプリケーションが解決するリソース情報を最新のもののみとし、サービスのネットワーク到達性を高めることができます。

最新情報

「サービスの管理と運用をシンプルに」のロゴ

サービスの管理と運用をシンプルに

Service Directory では、複数のクラウド環境やオンプレミス環境にまたがるすべてのサービスをまとめて 1 か所に表示できるので、管理や運用の複雑さが軽減されます。また、Service Directory はフルマネージド ソリューションであるため、運用上のオーバーヘッドのない、高度で大規模なサービスのインベントリ管理が可能になり、DevOps チームの生産性がアップします。

「マルチクラウドのサービスへの大規模接続」のロゴ

ハイブリッドおよびマルチクラウド サービスへの大規模接続

Service Directory では、マルチクラウド環境にまたがるすべてのサービスを簡単に把握できます。これには Compute Engine VM、Google Kubernetes Engine(GKE)のほか、オンプレミスやサードパーティのクラウドで実行されている外部サービスも含まれます。すべてのサービスのエンドポイント情報を管理するので、アプリケーションの到達可能性が向上します。

特長

豊富なメタデータによるサービス命名の柔軟性

カスタム名と豊富なメタデータでサービスを定義することで、サービスをグループ化して、クライアントのエンドポイント解決がより簡単になります。

Service Directory は、マルチクラウド環境でアクセス可能な、マネージド型のスケーラブルなエンドポイント登録機能と参照サービスを提供します。お客様が異なる種類のサービスに登録していても、DNS、HTTP、gRPC を介して解決できます。

マネージド ソリューション

Service Directory はサービスのインベントリ管理を大規模に向上させるマネージド サービスで、手作業を不要とし、ライフサイクル運用の複雑さを低減します。

豊富な権限機能

サービス情報を更新または参照を適切なチームのみに限定できます。これにより、サービス開発者は、誤って他のサービスチームに影響させる心配が不要となります。

Cloud Logging

Cloud Logging を介して、監査ログとすべてのリクエストとレスポンスのログを表示できます。 監査ログにより、誰が、いつ、どこで、どのような操作をしたのかを確認できます。Service Directory は、管理アクティビティとデータアクセスの 2 種類の監査ログを記録します。

追加のソフトウェアの実行は不要

Service Directory には、ニーズに合わせてスケールする一貫性の高い命名システムが備わっているため、追加のソフトウェアを実行する必要はありません。

料金

Service Directory はベータ版期間中無料でご利用いただけます。

次のステップ

$300 分の無料クレジットと 20 以上の Always Free プロダクトを活用して Google Cloud で構築を開始しましょう。

開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用

このプロダクトはベータ版です。 プロダクトのリリース段階の詳細については、こちらをご覧ください。