金融のロゴ

シンガポール金融管理局(MAS)ガイドライン

シンガポール金融管理局(MAS)は、シンガポールの中央銀行であり、金融規制当局でもあります。MAS は、金融機関(FI)のアウトソーシング業務を統制するためにアウトソーシングに関するガイドライン(MAS ガイドライン)を策定しました。MAS はクラウド サービスをアウトソーシングの 1 形態とみなしています。

MAS ガイドラインには法的拘束力はありませんが、MAS は金融機関がアウトソーシング サービスを使用する場合に推奨事項に従うことを求めています。これは特に、アウトソーシングする事業活動の影響や重要性などの要素を考慮した定性的判断によって MAS が「重要」とみなすアウトソーシング契約に適用されます。最終的に、金融機関はクラウド サービスの使用に適用される業界のフレームワーク、認定、規制に対応する責任および説明責任を負い、MAS の監視の対象となります。Google Cloud では、お客様のコンプライアンスを支援するために、MAS ガイドラインのマッピングおよびシンガポールの金融機関向けの Cloud のベスト プラクティスに関するホワイトペーパーを提供し、金融機関が MAS ガイドラインを満たすために Google Cloud がどのように役立つかを詳しく説明しています。

関連するプロダクトとサービス