トピックの削除

トピックを削除します。

このコードサンプルが含まれるドキュメント ページ

コンテキストで使用されているコードサンプルを表示するには、次のドキュメントをご覧ください。

コードサンプル

C#

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C# 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.PubSub.V1;

public class DeleteTopicSample
{
    public void DeleteTopic(string projectId, string topicId)
    {
        PublisherServiceApiClient publisher = PublisherServiceApiClient.Create();
        TopicName topicName = TopicName.FromProjectTopic(projectId, topicId);
        publisher.DeleteTopic(topicName);
    }
}

C++

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C++ 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace pubsub = google::cloud::pubsub;
[](pubsub::TopicAdminClient client, std::string const& project_id,
   std::string const& topic_id) {
  auto status = client.DeleteTopic(
      pubsub::Topic(std::move(project_id), std::move(topic_id)));
  // Note that kNotFound is a possible result when the library retries.
  if (status.code() == google::cloud::StatusCode::kNotFound) {
    std::cout << "The topic was not found\n";
    return;
  }
  if (!status.ok()) throw std::runtime_error(status.message());

  std::cout << "The topic was successfully deleted\n";
}

Go

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func delete(w io.Writer, projectID, topicID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// topicID := "my-topic"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	t := client.Topic(topicID)
	if err := t.Delete(ctx); err != nil {
		return fmt.Errorf("Delete: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Deleted topic: %v\n", t)
	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.api.gax.rpc.NotFoundException;
import com.google.cloud.pubsub.v1.TopicAdminClient;
import com.google.pubsub.v1.TopicName;
import java.io.IOException;

public class DeleteTopicExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String topicId = "your-topic-id";

    deleteTopicExample(projectId, topicId);
  }

  public static void deleteTopicExample(String projectId, String topicId) throws IOException {
    try (TopicAdminClient topicAdminClient = TopicAdminClient.create()) {
      TopicName topicName = TopicName.of(projectId, topicId);
      try {
        topicAdminClient.deleteTopic(topicName);
        System.out.println("Deleted topic.");
      } catch (NotFoundException e) {
        System.out.println(e.getMessage());
      }
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment this variable before running the sample.
 */
// const topicName = 'YOUR_TOPIC_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function deleteTopic() {
  /**
   * TODO(developer): Uncomment the following line to run the sample.
   */
  // const topicName = 'my-topic';

  // Deletes the topic
  await pubSubClient.topic(topicName).delete();
  console.log(`Topic ${topicName} deleted.`);
}

deleteTopic().catch(console.error);

PHP

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Creates a Pub/Sub topic.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $topicName  The Pub/Sub topic name.
 */
function delete_topic($projectId, $topicName)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $topic = $pubsub->topic($topicName);
    $topic->delete();

    printf('Topic deleted: %s' . PHP_EOL, $topic->name());
}

Python

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer)
# project_id = "your-project-id"
# topic_id = "your-topic-id"

publisher = pubsub_v1.PublisherClient()
topic_path = publisher.topic_path(project_id, topic_id)

publisher.delete_topic(request={"topic": topic_path})

print("Topic deleted: {}".format(topic_path))

Ruby

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# topic_id = "your-topic-id"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new

topic = pubsub.topic topic_id
topic.delete

puts "Topic #{topic_id} deleted."

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索および条件付き検索を行うには、Google Cloud のサンプル ブラウザをご覧ください。