わかりやすい料金体系

Google は一目でわかる料金体系を提供し、支出を最適化できるよう取り組んでいます。

低価格
Google Cloud Platform は、多くのコンピューティング ワークロードで他のクラウドと比べて 60% もコストを抑えられます。前払い金はありません。Google Compute Engine は過去 3 年の間に 3 回も料金を下げました。前払いのサービスと比較して 1 年間および 3 年間の試算額については、こちらをご覧ください。

Philips Hue がどの程度の成功を収められるかわからなかったため、事前コストを多額に投入することなく短期間でスケールしなければなりませんでした。

George Yianni 氏、Philips Lighting 技術責任者
従量課金制
Google Cloud Platform では、究極の従量課金制を採用しています。秒単位の課金や継続利用による自動割引といった業界屈指の斬新な料金体系もその一例です。カスタム マシンタイプを使えば、ワークロードに合わせてマシンを選ぶことができ、ベンダーの料金体系に合わせて過剰にプロビジョニングする必要がなくなるため、最大で 50% のコスト削減も可能です。他のプロバイダでは、ジョブがわずか数分で完了しても 1 時間分の料金が請求されることがあります。あるいは、必要なのが 20 GB だけであっても 32 GB を購入しなければならないこともあります。このため不要なコストが発生します。従量課金制の GCP ならこの無駄を省くことができます。
解除手数料は不要
サービスをオフにすれば、その瞬間にそのサービスへの課金が終了します1。従来のホスティング ソリューションとは異なり、Google ではお客様を長期的な契約に拘束することはありません。GCP をお使いのお客様は、GCP を継続的に利用する理由として、競争力のある料金、継続利用による自動割引、クラス最高のパフォーマンス、革新的なソリューション、しっかりとしたセキュリティ原則および慣例などを挙げています。前払いによる束縛がなくても GCP をお選びいただけることを確信しています。
1 定額料金の BigQuery を除きます。サポート料は解約日までの日数で日割り計算されます。