Cloud NAT

GCP のマネージド型高性能ネットワーク アドレス変換。
インターネットへのアクセスを簡単に制御

インターネットへのアクセスを簡単に制御

アプリケーションをクラウドで実行しているからといって、外部からアプリケーションにアクセス可能にするわけにはいきません。Google Cloud のマネージド ネットワーク アドレス変換サービスである Cloud NAT を使用すると、アプリケーション インスタンスをパブリック IP アドレスなしでプロビジョニングする一方で、更新、パッチ適用、構成管理などのためには、制御された効率的な方法でインスタンスからインターネットへのアクセスを許可することができます。外部リソースは Cloud NAT ゲートウェイを越えてプライベート インスタンスに直接アクセスできないため、Google Cloud VPC を切り離して保護できます。

高性能 NAT

Cloud NAT は中間プロキシを管理する必要がないソフトウェア定義ソリューションであり、チョークポイントのない設計は、高い信頼性、パフォーマンス、スケーラビリティを実現します。

あらゆるワークロードに対応

Google Cloud はあらゆるワークロードで最適なクラウドとなることを目指しています。Cloud NAT サービスが Compute Engine と Google Kubernetes Engine(GKE)の両方と連携できるように設計されているのは、まさにそのためです。

スケーラビリティを考慮した設計

非常にスケーラブルなアプリケーション デプロイメントに特化して設計された Cloud NAT ゲートウェイは、1 つの NAT ゲートウェイで複数の NAT IP アドレスを処理するように構成できます。また、複数の NAT ゲートウェイを必要とせずに、ネットワークの規模に応じてスケーリングできます。

リージョン全体の高可用性

アプリケーションを常に稼働させ続けることは重要です。そのため、Cloud NAT は信頼性を念頭に置いて設計されています。たとえ 1 つのゾーンがダウンしても、Cloud NAT はリージョン全体で使用可能な状態を保ちます。

柔軟な IP アドレス割り当て

個別の要件に基づいて NAT IP 割り当てを選択できます。手動モードでは自由に IP を指定でき、自動モードではインスタンス数に基づいて自動的に NAT IP を割り当ててスケーリングできます。

特長

マネージド NAT サービス

GCP によるマネージド型のネットワーク アドレス変換サービスを提供します。Cloud NAT を使用すると、NAT ゲートウェイのデプロイと保守が不要になり、ネットワーク アドレス変換のメリットを活用できます。

フレキシブル

Compute Engine 仮想マシン(VM)と Google Kubernetes Engine(コンテナ)の両方をサポートしています。

ゲートウェイごとに複数の NAT IP をサポート

NAT ゲートウェイごとに複数の NAT IP アドレス構成をサポートしています。

タイムアウト タイマー

構成可能な NAT タイムアウト タイマー。カスタマイズ可能なネットワーク アドレス変換エントリを管理するタイマーを、Console と API の両方を使用して構成できます。

すべてのサブネットに NAT を提供

サブネット内のインスタンス数に関係なく、1 つの NAT ゲートウェイで VPC リージョン内のすべてのサブネットに NAT を提供できます。

高可用性

リージョン全体の高可用性。1 つのゾーンが利用できない場合でも、NAT ゲートウェイ自体は引き続き利用できます。

既存の Google Cloud のデプロイをどのように処理するか確かめるために Cloud NAT を構成したところ、すぐに思ったとおりに機能しました。

bol.com リード システム エンジニア Wietse Muizelaar 氏

技術リソース

チュートリアルを試したり、クイックスタートを開始したりしましょう。

料金

詳細については、料金のページをご覧ください。

Google Cloud

使ってみる

無料で体験

Google Cloud を新規でご利用のお客様には、無料クレジット $300 分と 12 か月間の無料技術サポートを差し上げます。

さらにサポートが必要な場合

Google のエキスパートが、適切なソリューションの構築や、お客様のニーズに合ったパートナーを見つけるお手伝いをいたします。

フィードバックを送信...