Google Monitoring API の概要

Google Monitoring API v3 を使用することにより、Google Cloud Platform および Amazon Web Services から 900 種類以上の Stackdriver Monitoring 指標にアクセスすることができるようになります。独自のカスタム指標を作成したり、グループを使用してクラウド リソースを整理することができます。

API リファレンス ドキュメントについては、Google Monitoring API を参照してください。

指標

指標概念とそれらを表すデータ構造の概要については、指標、時系列、リソースを参照してください。

カスタム指標や組込み指標を管理する方法については、カスタム指標の使用を参照してください。

使用可能な指標の詳細リストについては、指標リストを参照してください。

グループ

グループは、監視対象リソースの動的コレクションです。Stackdriver Monitoring 内ではいつでも手動でグループを作成することができますが、v3 API ではグループを作成および使用するコードを書き込むことが可能です。

詳細については、API 内のグループ コレクションを参照してください。

フィルタ

V3 API は、モニタリング フィルタを使用して、指標を選択したり、時系列データを取得したり、グループ内にリソースを収集したりします。詳細については、モニタリング フィルタを参照してください。

V2 API のユーザー

Cloud Monitoring v2 API を使用している場合は、できるだけ早く v3 に移行してください。詳しくは、移行ガイドを参照してください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。