Migrate for Compute Engine スタートガイド

このガイドでは、Google Cloud Migrate for Compute Engine(旧称 Velostrata)を設定し、VM を Google Cloud に移行するためのエンドツーエンドのデプロイ手順の概要を説明します。

Migrate for Compute Engine について

Migrate for Compute Engine では、データをバックグラウンドで透過的に移行しつつ、Google Cloud で実行中のエンタープライズ アプリケーションを数分以内に取得します。Migrate for Compute Engine を使用すると、アプリケーションの書き換え、イメージの変更、管理プロセスの変更を行わずに、アプリケーションの検証、実行、Google Cloud への移行を行うことができます。

Migrate for Compute Engine ソリューション アーキテクチャ、機能、用語の詳細については、Google Cloud リファレンス アーキテクチャをご覧ください。

移行の要件を確認する

ソース プラットフォームから移行するための要件を確認してください。

移行環境を設定する

移行の前に、移行環境(ネットワーク構成、移行を調整する移行マネージャー、ソース プラットフォームの構成、ストレージ データの移行先のパイプとしての Cloud Extension など)を設定します。

ネットワークとアクセスの構成

Migrate for Compute Engine コンポーネントのデプロイを開始する前に、ネットワーキングサービス アカウントを構成して、Migrate for Compute Engine コンポーネントとソース プラットフォーム間の通信を許可します。

Migrate for Compute Engine Manager を設定する

Migrate for Compute Engine Manager をデプロイして、移行する VM の選択、移行オペレーションの選択、移行の管理ができるようにします。

移行元としてソース プラットフォームを構成する

  • VMware vSphere をソースとして準備する

    VM をオンプレミス環境から Google Cloud に移行するには、VM の移行元として vSphere を準備する必要があります。

  • AWS をソースとして準備する

    AWS から VM を移行するには、まず AWS 環境を準備し、Google Cloud に接続する必要があります。

  • Azure をソースとして準備する

    Azure から VM を移行するには、まず Azure 環境を準備し、Google Cloud に接続する必要があります。

Cloud Extension を設定する

Google Cloud に 1 つ以上の Cloud Extension をインストールします。これらは、移行元と移行先の間の VM ストレージのパイプとして機能します。

最初の VM を移行する

Migrate for Compute Engine Manager と Cloud Extension の構成が完了して使用できるようになったら、Compute Engine への VM の移行を開始できます。

最も一般的な操作の手順については、次のリンクをご覧ください。

困ったときは

デプロイを続行できない場合は、Google にお問い合わせください

その他のインポート オプション

Migrate for Compute Engine を使用するだけでなく、既存の環境(オンプレミスや他のクラウド プロバイダなど)で使用可能な VM インスタンス、カスタム イメージまたはディスクを Compute Engine に追加できます。

どのインポート方法を選択するかは、VM インスタンス、ディスク、イメージのどれをインポートするかによって異なります。

次の表に、Migrate for Compute Engine 以外のインポート方法の概要を示します。

インポートする項目 ツールまたは手順 最適な用途
VM インスタンス(OVA または OVF 形式) 仮想アプライアンスのインポート 仮想アプライアンスのインポート仮想アプライアンスは、事前にパッケージ化されている仮想マシンです。
仮想ディスクまたはイメージ
仮想ディスクのインポート
オンプレミス環境から仮想ディスクまたはテンプレート ディスクをインポートする場合

この方法では、images importコマンドを使用します。

高度なカスタマイズが必要な場合、またはソースディスクの形式が import コマンドでサポートされていない場合は、ディスクを手動でインポートして構成できます。
マシンイメージ 仮想アプライアンスからマシンイメージを作成する マシンイメージをインポートします。マシンイメージは、VM インスタンスの作成に必要な 1 つ以上のディスクのすべての構成、メタデータ、権限、データを格納する Compute Engine リソースです。

この方法は、仮想アプライアンスからマシンイメージを作成する場合に最適です。

次のステップ

次の技術的なリファレンス シリーズでは、Migrate for Compute Engine を使用して移行元の環境から Google Cloud に VM を移行する手順を説明しています。