コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Memorystore for Redis の料金

このドキュメントでは、Memorystore の料金の詳細について説明します。Google Cloud 料金計算ツールを使用して Memorystore の使用コストを見積もることもできます。

Memorystore for Memcached の料金について詳しくは、Memorystore for Memcached の料金ページをご覧ください。

料金の概要

Memorystore の料金は、次のコンポーネントに基づいて計算されます。

  • サービスティア: Redis インスタンスがスタンドアロンか高可用性かを決定します。

  • プロビジョニングされた容量: Redis インスタンスで利用可能なストレージ量とスループットを決定します。

  • リージョン: Redis インスタンスをプロビジョニングするロケーションを決定します。

  • レプリカ(公開プレビュー版): スタンダード ティアのインスタンス内にあるノード数を決定します。リードレプリカが有効になっているインスタンスにのみ適用されます。

サービスティア

Memorystore では、次のサービスティアが提供されます。

  • ベーシック ティア: スタンドアロンの Redis インスタンスを提供します。シンプルな Redis キャッシュを必要とするアプリケーションには、このティアを使用します。

  • スタンダード ティア: ゾーン間のレプリケーションが自動的に有効になり、自動フェイルオーバーが行われる高可用性の Redis インスタンスを提供します。

    2021 年 11 月 11 日現在、スタンダード ティアのインスタンスはリード レプリカ(プレビュー版)をサポートしています。これにより、インスタンスに最大 5 つのレプリカを追加し、レプリカを使用して読み取りクエリをスケーリングできます。リード レプリカの有効化が料金に及ぼす影響については、リード レプリカを使用するインスタンスの料金をご覧ください。

プロビジョニングされた容量

Memorystore インスタンスをプロビジョニングするときは、そのインスタンスで使用する最大ストレージ容量を選択します。各インスタンスは、プロビジョニングされた容量に基づいて、いずれかの容量ティアに分類されます。たとえば、3 GB のインスタンスは 1~4 GB の容量ティアに分類されます。インスタンスの容量ティアは、次の要素に影響します。

  • プロビジョニングされた容量に対して支払う料金。たとえば、3 GB のベーシック ティア インスタンスをプロビジョニングした場合は、そのインスタンスがプロビジョニングされたリージョンの M1 ベーシック ティアの料金に基づいて課金されます。

  • Redis インスタンスで実現できるパフォーマンス。Redis のバージョン 6 では、メモリ階層を高めてスループットを向上させることができます。たとえば、一般的なワークロード パターンでは、M2 から M3 以上に階層をスケールすると、パフォーマンスが向上します。

リードレプリカを使用しないインスタンスの料金

料金は、サービスティア、プロビジョニングされた容量、インスタンスがプロビジョニングされたリージョンによって異なります。Memorystore インスタンスの料金は、インスタンスでプロビジョニングされる容量(GB 単位)に基づいて 1 秒単位で課金されます。 次の表は、1 時間(3,600 秒)使用した場合の 1 GB あたりの料金を示したものです。

ベーシック ティアとスタンダード ティアの料金を確認するには、表の上部にあるプルダウン リストからリージョンを選択します。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

次のように課金されます。

  • 料金は秒単位で切り上げられます。
  • Redis インスタンスを作成すると、プロジェクトによる Memorystore の課金が開始されます。インスタンスを使用するかどうかに関係なく、プロビジョニングされた容量に基づいて課金されます。
  • Memorystore インスタンスの容量は、いつでも変更できます。容量を変更したことで容量ティアの分類が変わる場合は、Memorystore のスケーリング オペレーションが完了すると直ちに、新しい容量ティアに基づいて課金されるようになります。

リードレプリカを使用するインスタンスの料金

2021 年 11 月 11 日現在、スタンダード ティアのインスタンスはリードレプリカ(公開プレビュー版)をサポートしています。リードレプリカを使用してインスタンスを作成するには、Cloud Console、gcloud、Memorystore API のいずれかを使用します。この機能を使用すると、最大 5 つのレプリカをプロビジョニングでき、レプリカを読み取りにフル活用できるようになります。複数のレプリカを使用すると、障害発生時のインスタンスの冗長性と可用性も向上します。リードレプリカは、M2 以上のメモリ階層でのみサポートされます。リードレプリカの詳細については、リードレプリカをご覧ください。

リード レプリカを有効にした場合の料金への影響

スタンダード ティアのインスタンスでリード レプリカ(プレビュー)を有効にすると、請求に関して次の変更が行われます。

  • インスタンスは新しい SKU として課金されます。
  • 料金は、プロビジョニングされた容量、ノード数、インスタンスがプロビジョニングされるリージョンによって異なります。

次の表に、インスタンスでリード レプリカが有効になっている場合のノードの料金を示します。

次のように課金されます。

  • 料金は秒単位で切り上げられます。
  • Redis インスタンスを作成すると、プロジェクトによる Memorystore の課金が開始されます。インスタンスを使用するかどうかに関係なく、プロビジョニングされた容量に基づいて課金されます。
  • Memorystore インスタンスの容量とレプリカ数はいつでも変更できます。容量を変更したことで容量ティアの分類が変わる場合は、Memorystore のスケーリング オペレーションが完了すると直ちに、新しい容量ティアに基づいて課金されるようになります。

ネットワークの料金

Memorystore では、同じリージョンのクライアントからアクセスする場合、Memorystore インスタンスからの上り(内向き)や下り(外向き)は課金されません。

別のリージョンのクライアントから Memorystore インスタンスにアクセスする場合は、Redis インスタンスからクライアント アプリケーションへの下り(外向き)ネットワーク トラフィックに対して料金が発生します。その料金は、あるリージョンから別のリージョンに転送された合計 GB に対して課金されます。

Memorystore の下り(外向き)ネットワークの料金の一覧については、以下の表をご覧ください。

トラフィックの種類 料金
北アメリカ内の Google Cloud リージョン間の下り(外向き)(GB 単位) $0.01
ヨーロッパ内の Google Cloud リージョン間の下り(外向き)(GB 単位) $0.02
アジア内の Google Cloud リージョン間の下り(外向き)(GB 単位) $0.05
オセアニア内の Google Cloud リージョン間の下り(外向き)(GB 単位) $0.08
別の大陸(インドネシアとオセアニアを除く)の Google Cloud リージョンへの下り(外向き)(GB 単位) $0.08
インドネシア / オセアニア 1 と任意の Google Cloud リージョン間の下り / 上り(GB 単位) $0.15

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

1 オセアニアには、オーストラリアとニュージーランドに加えて、パプアニューギニアやフィジーなど周辺の太平洋諸島が含まれます。このリージョンにハワイは含まれません。

料金の例

リードレプリカが無効になっているベーシック ティア インスタンスとスタンダード ティア インスタンス

インスタンスの 1 時間あたりの費用を計算するには、プロビジョニングされた容量に、対応する容量ティアの単価を掛けます。

  • ベーシック ティア M2 インスタンスの計算: 8 GB のベーシック ティア インスタンスをプロビジョニングすると、8 GB に対応する容量ティアは M2 となります。アイオワ リージョンでベーシック ティアの M2 インスタンスをプロビジョニングした場合の単価は、GB あたり 1 時間につき $0.027 です。 時間あたりの費用は 8 × $0.027 なので、1 時間につき約 $0.22、つまり月額 $160.60($0.22 × 730)ということになります。

  • スタンダード ティア M3 インスタンスの実行とスケーリング: アイオワ リージョンで 20 GB のスタンダード ティア インスタンスをプロビジョニングし、そのインスタンスを 90 分間実行すると、$1.38(20 GB × $0.046 GB/時間 × 1.5 時間)が課金されます。このスタンダード ティア M3 インスタンスのプロビジョニング済み容量を 20 GB から 50 GB(M4)インスタンスに変更すると、スケーリング オペレーションが完了した時点から M4 の料金($0.035 GB/時間)が課金されるようになります。

Memorystore 料金計算ツールを使用して、Memorystore を使用した場合の料金を見積もることもできます。

リードレプリカが有効になっているスタンダード ティア インスタンス

リード レプリカが有効になっているインスタンスの 1 時間あたりの費用を計算するには、プロビジョニングされた容量に、対応する容量ティアのノードの単価とノード数を掛けます。

たとえば、リードレプリカを有効にした場合は、$2.85(50 × $0.019 × 2 × 1.5)が請求されます。ここで、50 GB はプロビジョニングされた容量であり、$0.019 は M4 ノードの GB 時間あたりの単価、2 はノード数(1 つのプライマリと 1 つのレプリカ)、1.5 は 1 時間の使用量です。

次のステップ

カスタム見積もりのリクエスト

Google Cloud の従量制課金では、使用したサービスに対してのみ料金が発生します。カスタム見積もりをご希望の場合は、Google のセールスチームにお問い合わせください。
お問い合わせ