Memorystore for Redis のメンテナンスについて

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Memorystore for Redis のメンテナンスの概要について説明します。

メンテナンスの時間枠をスケジュール設定する際の手順については、メンテナンスの時間枠の検索と設定をご覧ください。

概要

Memorystore for Redis はインスタンスを定期的に更新し、サービスの信頼性、パフォーマンス、セキュリティ、最新性を確保します。これらの更新のほとんどは、Redis インスタンスの稼働中に行われます。ただし、一部のシステム更新では短時間サービスの中断が必要になります。こうした更新はメンテナンスと呼ばれます。メンテナンスは通常、以下のカテゴリに分類されます。

  • Memorystore の機能。 Memorystore の機能の中には、起動するためにメンテナンス更新が必要なものがあります。

  • オペレーティング システムのパッチ。Google では、オペレーティング システムに存在する新たなセキュリティ脆弱性を継続的に監視しています。こうした脆弱性が見つかると、オペレーティング システムにパッチを適用し、新たなリスクからシステムを保護します。

  • データベースのバージョン アップグレード。メンテナンスには、互換性を破る変更や互換性のない変更を含まない OSS Redis パッチのマイナー バージョン アップデートが含まれます。

メンテナンスの影響

ベーシック ティアとスタンダード ティアの両方のインスタンスは、メンテナンス中に接続がリセットされます。メンテナンスの発生後にアプリケーションをインスタンスに再接続するには、指数バックオフを使用する再試行メカニズムを作成する必要があります。

また、定期メンテナンス時にシステム メモリ使用率の指標が 50% 以下になるように対策する必要があります。これを行うには、インスタンスのトラフィックが少ない時間のスケジュールを設定するか、メンテナンスの時間枠でインスタンス サイズを一時的にスケールアップして、システム メモリ使用率の指標が 50% 以下になるようにします。

スタンダード ティアの影響

メンテナンス中に、スタンダード ティアのインスタンスがフェイルオーバーを実行します。通常、フェイルオーバーは数秒間続きます。フェイルオーバー後、クライアント アプリケーションは再接続する必要があります。今後のメンテナンスを通知するメールを受信したら、非本番環境インスタンスで手動フェイルオーバーを実行して、メンテナンスがインスタンスに与える影響をテストできます。

ベーシック ティアの影響

ベーシック ティアのインスタンスはメンテナンス中に使用できず、通常は約 5 分間続きます。

メンテナンスの設定

Memorystore では、アプリケーションに最適なタイミングでメンテナンスが行われるように構成できます。これを行うには、メンテナンスの時間枠を構成します。

メンテナンスの時間枠は Memorystore インスタンスごとに設定され、次の構成オプションを使用できます。

  • 曜日。 メンテナンスが実施される日を指定します。
  • 開始時間。メンテナンスの開始時間。

メンテナンスの時間枠の期間は 1 時間です。

インスタンスでメンテナンスの時間枠が構成されている場合、将来の自動メンテナンスはこれらを優先するようにスケジューリングされます。インスタンスにメンテナンスの時間枠が指定されていない場合、メンテナンスは事前通知なしでいつでも開始できます。

メンテナンスの例

ショッピング カート サービスを管理する小売業の開発者を例に考えてみましょう。ここでは、本番環境用の Memorystore for Redis インスタンスが 1 つあります。インスタンスのトラフィック処理量が最も少ない時間帯(日曜日の深夜 0 時頃)にメンテナンスを行いたいと考えています。

この場合、本番環境のインスタンスのメンテナンスを次のように設定します。

  • 曜日。 Sunday
  • 開始時間。1 AM

今後のメンテナンスに関する通知

メンテナンスが予定されている少なくとも 1 週間前に、今後のメンテナンスに関する通知をメールで受け取るよう設定できます。通知のメールフィルタを設定する場合、メールのタイトルは "Upcoming maintenance for your Cloud Memorystore instance [your-instance-name]" です。

メンテナンス通知は、デフォルトでは送信されません。今後のメンテナンスに関する通知を受け取るには、次のすべての操作を行う必要があります。

  1. メンテナンスの時間枠を設定します
  2. メンテナンス通知をオプトインする
  3. Memorystore がインスタンスのメンテナンス更新をスケジュール設定する 7 日前までに、この両方を行ってください。そうしなかった場合、システムから次回のメンテナンスの通知を送信するのに十分な時間内に登録が完了しません。

通知は Google アカウントに関連付けられているメールアドレスに送信されます。チームのメール エイリアスなどのカスタムメール エイリアスは構成できません。また、ご自分以外のメールアドレスを登録することもできません。

登録すると、特定のプロジェクト内でメンテナンスの時間枠が設定されているすべての Memorystore インスタンスのメンテナンス通知にオプトインします。インスタンスごとに 1 つの通知が届きます。

定期メンテナンスを探索する方法については、定期メンテナンスを探索するをご覧ください。

メンテナンスのスケジュール変更

インスタンスのメンテナンスの時間枠が設定されている場合、メンテナンスが現在スケジュールされている時刻以前に、いつでもメンテナンスのスケジュールを変更できます。たとえば、現在スケジュールされているメンテナンス時間内に新しいサービスをリリースする場合は、メンテナンスの時間枠をリリースの数日後に変更することをおすすめします。

元のスケジュール日時から 1 週間以内であれば、メンテナンスのスケジュールを複数回変更できます。 新しいメンテナンスの時間枠には、次のようなスケジュールのオプションがあります。

  • 今すぐ更新定期メンテナンスの時間枠を待つのではなく、更新をすぐにインスタンスに適用できます。
  • 次の予定時間枠に延期します。 これにより、メンテナンスが 1 週間延期されます。
  • カスタムの日時このオプションでは、当初スケジュールされていたメンテナンス時刻の 1 週間以内の特定の時間を選択できます。

メンテナンスのスケジュール変更による追加の動作は次のとおりです。

  • 現在の定期メンテナンスまでの時間が 1 時間未満の場合、メンテナンスのスケジュールを変更することはできません。
  • 1 回のオペレーションで複数の Redis インスタンスのスケジュールを変更することはできません。個別にスケジュールを変更する必要があります。

メンテナンスのスケジュールを変更する手順については、計画的なメンテナンスのスケジュールを変更するをご覧ください。

よくある質問

Memorystore for Redis のメンテナンス ポリシーに関するよくある質問は次のとおりです。

標準階層インスタンスでのメンテナンスの影響は?

メンテナンス中に、スタンダード ティアのインスタンスがフェイルオーバーを実行します。通常、フェイルオーバーは数秒間続きます。フェイルオーバー後、クライアント アプリケーションは再接続する必要があります。影響について詳しくは、メンテナンスの影響をご覧ください。

基本階層インスタンスでのメンテナンスの影響は?

ベーシック ティアのインスタンスはメンテナンス中に使用できず、通常は約 5 分間続きます。影響について詳しくは、メンテナンスの影響をご覧ください。

インスタンスのメンテナンスがいつスケジュールされているかを確認するにはどうすればよいですか?

インスタンスのメンテナンスがスケジュールされる時期を確認するために、通知を登録することをおすすめします。また、Cloud コンソールで手動で確認することもできます。 Cloud コンソールが空白で、メンテナンスの時間枠がすでに設定されている場合、スケジュールされた今後のメンテナンスはまだありません。

今後のメンテナンスに関する通知はいつ届きますか?

メンテナンス通知に登録していて、メンテナンスの時間枠を設定している場合は、メンテナンス イベントの 7 日前までにメールでアラートが送信されます。

メンテナンスはいつまで延期できますか?

インスタンスのメンテナンスがスケジュールされると、インスタンスはすぐに更新を開始できます。または、更新を延期(最初にスケジュールされたメンテナンス時間から最大 7 日間)できます。たとえば、10 月 11 日午後 11 時 15 分にメンテナンスがスケジュールされている場合、10 月 18 日午後 11 時 15 分まで延期できます。何もしなければ、メンテナンスはスケジュールされた時間に適用されます。

詳細については、メンテナンスのスケジュール変更をご覧ください。

メンテナンス中にインスタンスの IP アドレスは変更されますか?

Memorystore for Redis インスタンスに接続するときは、サービス IP アドレスを指定します。この IP アドレスは、メンテナンス中や、実施する他のアクションによって変更されることはありません。このサービスは、サービス IP アドレスを使用することで、インスタンスのフェイルオーバーなどのイベントを自動的に処理します。

メンテナンス更新をスムーズに行うためには、どのようなベスト プラクティスに従うべきですか?

スムーズなメンテナンス更新を有効にするために、次のアクションを行うことをおすすめします。

  1. Redis の使用ピーク時にメンテナンスが適用されないような時間に、メンテナンスの時間枠を設定する必要があります。
  2. インスタンスのメンテナンス更新がスケジュールされる少なくとも 7 日前にメールで受け取るためには、メンテナンスの通知にオプトインする必要があります。
  3. メンテナンスの開始時に、[システム メモリ使用率] 指標が 50% 未満であることを確認します。これを行うには、インスタンスのトラフィックが少ない時間のスケジュールを設定するか、メンテナンスの時間枠でインスタンス サイズを一時的にスケールアップします。

メンテナンスを直ちに適用すべきタイミングは?

メンテナンスを直ちに適用すべき状況の 1 つは、テスト インスタンス上で本番環境インスタンスへの影響を確認する場合です。メンテナンスのスケジュールを変更して、それをテスト インスタンスに直ちに適用できます。これにより、その影響を確認し、必要に応じて本番環境インスタンスのメンテナンスを延期できます。

メンテナンスの更新は常にメンテナンスの時間枠内に完了していますか?

更新は指定したメンテナンスの時間枠で開始されます。通常、更新は時間枠内で完了しますが、それが保証されているわけではありません。

メンテナンスをオプトアウトしたり、特定のインスタンスのメンテナンスを先にスケジュールしたりできますか?

いいえ。メンテナンスのオプトアウトや、メンテナンスの初期スケジュールの制御はできません。ただし、メンテナンスのスケジュールを変更して、最大 7 日間延期することは可能です。

次のステップ

  • Redis インスタンスのメンテナンス時間枠の管理に必要な権限を表示する。