アプリケーションの統合: 設定

このセクションは、アプリケーションを Google Cloud Marketplace と統合する手順の概要です。大まかには、次の方法でアプリケーションを Google Cloud と統合します。

  • バックエンドの統合

    アプリケーションのバックエンドを次の Google API およびサービスと統合する必要があります。

    • Pub/Sub と統合して、ユーザーがソリューションに登録したときなど、Google Cloud Marketplace から通知を受け取ります。通知を受けるためにサブスクライブする必要がある Pub/Sub トピックは、パートナー エンジニアが作成します。

      Pub/Sub トピックのサブスクライブについては、Pub/Sub サブスクライバー ガイドをご覧ください。

    • Partner Procurement API と統合して顧客のアカウントを作成し、これらのアカウントを Google Cloud Marketplace の購入とリンクさせます。また、ユーザーがサブスクリプション プランを変更またはキャンセルした場合は、Partner Procurement API を使用して、リンクされたアカウントを更新する必要があります。

    • 従量制料金モデルを選択した場合は、Service Control と統合して使用状況情報を報告します。

    アプリケーションのバックエンドと Google Cloud Marketplace の統合の詳細については、バックエンドの統合をご覧ください。

    基本プロダクトのバックエンドを Google Cloud Marketplace と統合する例およびサンプルコードのチュートリアルについては、マネージド サービスを統合するための Codelab をご覧ください。

  • フロントエンドの統合

    アプリケーションのフロントエンドでは、次の統合を設定する必要があります。

    • Google Cloud Marketplace を通じてソリューションを購入する新規顧客向けのアクティベーション ページを作成します。新規顧客がこのページに誘導されると、Google はユーザーのアカウント ID を含む JSON ウェブトークン(JWT)も送信します。このアカウント ID を使用して、ユーザーの新しいアカウントを作成し、Google アカウントにリンクさせることができます。

    • シングル サインオン(SSO)を統合し、ユーザーが自分の Google アカウントを使用してアプリケーションにログインできるようにします。SSO を統合するには、アプリケーションで、ユーザーのアカウント ID を含む JWT を検証する必要があります。アプリケーションは、ユーザーのリンクされたアカウントでアカウント ID を確認する必要があります。

    アプリケーションのフロントエンドと Google Cloud Marketplace の統合の詳細については、フロントエンドの統合をご覧ください。

始める前に

  • パートナー エンジニアが Cloud Commerce Partner Procurement API へのアクセスを有効にしていることを確認します。

Google API との統合

クライアント ライブラリを使用して、アプリケーションを Google API と統合できます。これにより、Google プロダクトにログラマティックにアクセスできます。クライアント ライブラリは、Java、Python、.NET などの一般的な開発プラットフォームで利用できます。

API のクライアント ライブラリ ページから、お使いのプラットフォーム用のクライアント ライブラリをインストールします。

クライアント ライブラリを使用して、以下のことができます。

  • Pub/Sub サブスクリプションに接続し、受信メッセージを処理します。

  • 従量制料金を選択した場合は、Service Control API に接続して、使用状況データを Google に報告します。

顧客用のリンクされたアカウントを作成し、ユーザー アカウントに関する更新を送受信するには、Partner Procurement API とも統合する必要があります。Partner Procurement API は制限されているため、この API 用の新しいクライアント ライブラリを構築する必要があります。

新しいクライアント ライブラリを構築するには、Google クライアント ライブラリをインストールし、API ディスカバリ ドキュメントから新しいライブラリを構築する必要があります。Partner Procurement API のディスカバリ ドキュメントは、次の URL にあります。

https://cloudcommerceprocurement.googleapis.com/$discovery/rest?version=v1

たとえば、Partner Procurement API の Python クライアント ライブラリを構築する場合は、build() メソッドを使用します。クライアント ライブラリを構築するサンプルコードについては、GitHub の codelab サンプルをご覧ください。

Cloud Console での API の有効化

パートナー エンジニアが Partner Procurement API へのアクセスを有効にしたら、次の URL にアクセスして Cloud Console でこの API を有効にします。

https://console.cloud.google.com/apis/api/cloudcommerceprocurement.googleapis.com/overview?project=YOUR_PROJECT_ID

ここで、YOUR_PROJECT_ID は、環境を設定したときに作成したソリューションをホストするプロジェクトを表します。