Cloud Marketplace のアクセス制御

このページでは、Cloud Marketplace で商用ソリューションを購入して管理するために必要な Identity and Access Management(IAM)のロールと権限について説明します。

IAM では、誰(ID)がどのリソースに対してどのようなアクセス権(ロール)を持つかを定義することにより、アクセス制御を管理します。Cloud Marketplace 上の商用アプリの場合、Google Cloud 組織のユーザーは、Cloud Marketplace プランへの登録および料金プランの変更を行うために IAM ロールが必要です。

始める前に

  • gcloud を使用して Cloud Marketplace のロールと権限を付与するには、Cloud SDK をインストールします。それ以外の場合は、Cloud Console を使用してロールを付与できます。

ソリューションの購入と管理に必要な IAM のロール

Cloud Marketplace からサービスを購入するユーザーには、課金管理者(roles/billing.admin)IAM ロールを割り当てることをおすすめします。

サービスにアクセスするユーザーには、少なくともプロジェクト閲覧者(roles/viewer)のロールが必要です。

ユーザー権限をきめ細かく制御する必要がある場合は、付与する権限を使用してカスタムロールを作成できます。

IAM のロールと権限のリスト

次の IAM ロールの 1 つまたは複数をユーザーに付与できます。ユーザーに付与するロールに応じて、Google Cloud の請求先アカウント、組織、プロジェクトにもロールを割り当てる必要があります。詳細については、ユーザーに IAM ロールを付与するをご覧ください。

ロール 役職 説明 権限 最下位のリソース
roles/consumerprocurement.entitlementManager Consumer Procurement Entitlement 管理者ベータ版 エンタイトルメントを管理し、コンシューマ プロジェクトのサービス状態の有効化、無効化、検査を行うことができます。
  • consumerprocurement.entitlements.*
  • consumerprocurement.freeTrials.*
  • resourcemanager.projects.get
  • resourcemanager.projects.list
  • serviceusage.operations.get
  • serviceusage.services.disable
  • serviceusage.services.enable
  • serviceusage.services.get
  • serviceusage.services.list
roles/consumerprocurement.entitlementViewer Consumer Procurement Entitlement 閲覧者ベータ版 ユーザー プロジェクトのエンタイトルメントとサービスの状態を検査できます。
  • consumerprocurement.entitlements.*
  • consumerprocurement.freeTrials.get
  • consumerprocurement.freeTrials.list
  • resourcemanager.projects.get
  • resourcemanager.projects.list
  • serviceusage.services.get
  • serviceusage.services.list
roles/consumerprocurement.orderAdmin Consumer Procurement Order 管理者ベータ版 購入を管理できます。
  • consumerprocurement.accounts.*
  • consumerprocurement.orders.*
roles/consumerprocurement.orderViewer Consumer Procurement Order 閲覧者ベータ版 購入を検査できます。
  • consumerprocurement.accounts.get
  • consumerprocurement.accounts.list
  • consumerprocurement.orders.get
  • consumerprocurement.orders.list

ユーザーに IAM ロールを付与する

前のテーブルのロールから、consumerprocurement.orderAdmin ロールと consumerprocurement.orderViewer ロールは請求先アカウント レベルまたは組織レベルで割り当てる必要があります。consumerprocurement.entitlementManager ロールと consumerprocurement.entitlementViewer ロールは、プロジェクト レベルまたは組織レベルで割り当てる必要があります。

gcloud を使用してユーザーにロールを付与するには、次のいずれかのコマンドを実行します。

組織

組織レベルでロールを割り当てるには、resourcemanager.organizationAdmin が必要です。

gcloud organizations add-iam-policy-binding org-name \
--member=member --role=role-id

プレースホルダの値は次のとおりです。

  • org-name: ロールが付与される組織。
  • member: アクセス権が付与されるユーザー。
  • role-id: 前のテーブルからのロール ID。

請求先アカウント

請求先アカウント レベルでロールを割り当てるには、billing.admin が必要です。

gcloud beta billing accounts set-iam-policy account-id \
policy-file

プレースホルダの値は次のとおりです。

  • account-id: 請求先アカウント ID。[請求先アカウントの管理] ページで確認できます。
  • policy-file: JSON または YAML 形式の IAM ポリシー ファイル。ポリシー ファイルには、前のテーブルのロール ID と、ロールを割り当てるユーザーが含まれている必要があります。

プロジェクト

プロジェクト レベルでロールを割り当てるには、resourcemanager.folderAdmin が必要です。

gcloud projects add-iam-policy-binding project-id \
--member=member --role=role-id

プレースホルダの値は次のとおりです。

  • project-id: ロールが付与されるプロジェクト。
  • member: アクセス権が付与されるユーザー。
  • role-id: 前のテーブルからのロール ID。

Cloud Console を使用してユーザーにロールを付与するには、ユーザーのアクセス権の付与、変更、取り消しに関する IAM ドキュメントをご覧ください。

Cloud Marketplace でのカスタムロールの使用

ユーザーに付与する権限を細かく制御するには、付与したい権限のみを持つカスタムロールを作成します。

Cloud Marketplace からサービスを購入するユーザー用のカスタムロールを作成する場合、ロールには次の権限を含める必要があります。