ログ ダッシュボード

ログ ダッシュボードには、Google Cloud プロジェクト内で実行中のシステムの健全性の概要が表示されます。これにより、時間経過とともに Cloud プロジェクト内の各リソースのログ重大度フィールドが可視化されます。これはワークロードのモニタリングに役立ち、これにより、システムの動作の傾向を把握して、問題を診断して解決できます。

ログ ダッシュボードは、ログデータを生成しているリソースに関する情報のみを提供します。

ログ ダッシュボードの使用

ログ ダッシュボードに移動するには、次のいずれかの操作を行います。

ログ ダッシュボードは、リソースタイプごとにグラフのペアで編成されます。最初のグラフでは、特定の種類のリソースタイプに関連するすべてのログが重大度で分類され、ログの重大度の時系列分布を確認できます。2 番目のグラフには、そのリソースタイプのエラーログのみが表示されます。

次のスクリーンショットは、グラフのペアの 1 つを示しています。

グラフは重大度とエラーで表示されます

ダッシュボードは、リソースタイプのセットに焦点を当て、それぞれがグラフのペアで表されます。グラフのペアは、次のように事前に整理されます。

  • Google Kubernetes Engine

  • Compute Engine

  • App Engine

  • Cloud Load Balancing

  • Cloud SQL

  • BigQuery

ログを表示して分析する

グラフを使用して、グラフに表示されるログを調べることができます。このセクションでは、グラフの使用方法について説明します。

個別のバーにポインタを置くと、ログの分布に関する詳細を表示できます。ログビューアで重大度タイプのログエントリを表示するには、グラフでログの重大度タイプを選択し、[ログを表示] をクリックします。[ログ エクスプローラ] ページに移動し、対応するクエリを実行します。

[ログエントリを表示] をクリックして、ログ エクスプローラでエントリを表示します。

[その他のグラフ オプション] をクリックし、メニューから操作を選択します。

  • PNG 形式でグラフをダウンロード

  • Metrics Explorer でログデータを表示する

  • 凡例表示を切り換え

  • グラフを全画面表示する

ログの表示の詳細については、ログ エクスプローラ インターフェースの使用Logging のクエリ言語のページをご覧ください。

期間の選択

ログ ダッシュボードのグラフには、デフォルトで 1 日分のデータが表示されます。期間を変更するには、期間メニューを選択して期間を選択するか、任意の期間を入力します。

プルダウン メニューを使用して期間を選択する