コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
ジャンプ先

クラウド管理とは

クラウド管理とは、クラウド上で運用されるクラウド コンピューティングのプロダクトやサービスを組織的に管理することです。ここでは、パブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウド、マルチクラウド環境を制御、維持するために使用されるプロセス、戦略、ポリシー、技術について説明します。

現在、一部または全部をクラウドで運用していると思われます。そのため、クラウド コンピューティング リソース、インフラストラクチャ、サービスを最も効率的に評価、モニタリング、管理する方法が必要です。

クラウド環境のスムーズな稼働を維持するには、リソースのプロビジョニングとオーケストレーションから、クラウドの消費とデプロイの自動化、リソースのライフサイクル管理、費用の最適化、パフォーマンス モニタリング、セキュリティまで、多くの基盤となるタスクが必要です。

Google Cloud の管理ツールで、クラウド、API、アプリケーションの管理タスクを効率化する方法を確認する。

クラウド管理の定義

クラウド管理とは、パブリック、プライベート、ハイブリッドのクラウド環境で、クラウド コンピューティングのインフラストラクチャ、リソース、サービスの制御と監視を維持するプロセスです。クラウドの管理ツールとテクノロジーにより、IT 管理者は管理、可視化、スケーラビリティを実現できると同時に、変化に迅速に対応できます。 

クラウド環境の管理に伴う課題

クラウド コンピューティングへの依存度が高まり続けているため、多くの組織が複雑化するアーキテクチャの管理や、クラウド戦略を適切に実装するために必要な監視をすることが困難になっています。

また、クラウド サービスとソリューションの可能性を十分に認識するには、クラウドへの移行時に発生する可能性があるクラウド環境の管理に伴う課題を理解することも必要です。

相互運用性

現代の IT 環境は、オンプレミス、パブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウド、マルチクラウド環境などに分散するケースが増えています。チームは、さまざまな異種システムの管理をシンプルな方法で統合できる必要があります。

無秩序なクラウド

セルフサービスは、生産性と開発スピードを向上させるだけでなく、管理不能になることもあります。クラウド リソースの状況を把握できなくなり、監視や制御なしに、組織全体でクラウド リソースが増殖したり増加したりする可能性があります。無秩序なクラウドでは、費用が急増し、セキュリティ リスクが生じ、その後の管理が複雑になる可能性があります。

費用評価

クラウド環境では真のコスト管理が可能ですが、クラウドコストを見積もり、無駄を特定するには依然として多くの課題が存在します。単一のサービスの費用を計算するには、アカウント、リージョン、その他のクラウドベースのツールやサービス全体で詳細情報を収集することが必要な場合があります。組織内の個々のビジネス ユニットで支払いを受けるべき重複リソースがある場合、この作業はさらに複雑になる可能性があります。

セキュリティとプライバシー

アクセスを管理する方法、データを保護する方法、内外の脅威からクラウド環境を保護する方法など、クラウド セキュリティは引き続きすべての組織とクラウド サービス プロバイダにとって最優先事項です。多くの企業は、最高のパフォーマンスを得るためにリソースの有効活用と、強力なポリシーとリスク軽減とのバランスに苦労しています。  

クラウドのコンピューティング リソースとサービスは、クラウド管理機能なしではインフラストラクチャ、アプリケーション、データを制御できません。

クラウド管理ツールとテクノロジーは、クラウドベースの資産とアプリケーションを効果的に監視し、自動化ワークフローを促進し、情報に基づいた意思決定を行うための戦略とプロセスを可能にするため、費用対効果に優れたクラウドのコストと使用を実現します。

クラウド管理機能

クラウド管理ツールとテクノロジーは、クラウドベースの資産とアプリケーションを効果的に監視し、自動化ワークフローを促進し、情報に基づいた意思決定を行うための戦略とプロセスを可能にするため、費用対効果に優れたクラウドのコストと使用を実現します。

一般的なクラウド管理機能は次のとおりです。

自動化

アプリケーション管理は、特に大規模な環境の場合、繰り返し行われる可能性があります。クラウド管理により、リソースをプログラムで管理し、容量管理、継続的インテグレーション、オーケストレーションを自動化して、運用上の負担を軽減します。

コンプライアンスとガバナンスをご覧ください

クラウドに移行すると、基盤となるインフラストラクチャとアプリケーションに対する一定の制御が放棄されることになりますが、その場合でもアクセスの監視とコンプライアンスの維持は維持する必要があります。クラウド管理では、クラウド ユーザーと構成が規制要件や組織ポリシーに適合していることを確実に通知し、問題に迅速に対処できるようにしています。

セキュリティ

クラウド セキュリティはクラウド サービス プロバイダと責任を共有するものであるため、クラウド管理は、クラウド環境でデータ、アプリケーション、およびサービスを保護する上で非常に積極的な役割を果たします。最先端のクラウド管理ツールで、堅牢な脅威インテリジェンスと検出を行う機械学習機能を提供し、セキュリティ モニタリングとプロセスを効率化します。

モニタリングとロギング

クラウド管理により、発生したイベントのモニタリングとロギングを行い、環境全体で何が起きているのかを調べて把握することができるため、クラウドのオブザーバビリティを実現できます。ログファイルの集計、分析、関連付けができていれば、エラーの特定、インシデント管理の自動化、パフォーマンスの最適化に役立ちます。

パフォーマンスと費用に関するレポート

最初から注意を払わないと、クラウド コンピューティングの費用が予算を超過してしまう可能性があります。クラウド管理では、費用管理、レポート、予測が提供されるので、リソースがいつ、どのように使用されているかを正確に把握できます。これにより、リソースをより効果的に割り当て、課金対象を使用しているかどうかを把握し、不要なコストを排除できます。

クラウド管理の仕組み

クラウド管理ツールは、パブリック クラウド、ハイブリッド クラウド、マルチクラウド環境にわたるクラウド アプリケーションやサービスのデプロイと運用を管理する手段を提供します。優れたクラウド管理プラットフォームを使用すると、クラウド インフラストラクチャの各部分の使用状況とパフォーマンスを追跡およびモニタリングできます。これにより、ワークロードを実行する最適な方法について情報に基づいた意思決定を行うことができます。

従来のクラウド管理ツールとソフトウェアは、独自のデータベースとサーバーを持つ仮想マシンとしてデプロイされていました。サーバーは API を使用して、クラウド環境内で通信するリソースと通信します。クラウドベースのアプリケーションやパフォーマンス データなどのイベントでアクティビティをキャプチャし、ウェブ インターフェースを介してアクセスできる統合ダッシュボードに分析および統合できます。クラウド リソースと同様に、安全な接続さえあれば、どこからでもクラウド管理ツールにアクセスできます。

ほとんどのクラウド サービス プロバイダは、独自のプラットフォーム上でクラウド管理をサービスとして提供し、クラウド アプリケーション全体のパフォーマンスと使用状況のデータを収集して分析情報を生成し、アラートを送信できるレポート機能を備えています。ただし、ハイブリッドまたはマルチクラウドの環境で運用している場合に、複数のプロバイダからの報告が必要になり、問題が発生する可能性があります。また、業界をリードするクラウド プロバイダは、簡単なインテグレーションとオープン プラットフォームによってクラウド管理ツールを統合できます。

クラウド管理の役割と、その重要性について

クラウドで何百もの、場合によっては何千ものアプリケーションやサーバーを管理する場合に、クラウド管理は不可欠です。すべてを手動で行うのは非効率的というだけではなく、不可能です。最新の IT 環境に移行したことで、組織はアプリケーションを拡張し、イノベーションを加速できるようになりましたが、同時に複雑さも増しています。

クラウド管理によって、全体的な IT パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、コスト管理を実現できます。クラウド管理の主なメリットは次のとおりです。

価値創出までの時間を短縮

クラウド管理によって、ルーティンのタスクやメンテナンスに費やす時間を削減できます。自動化されたプロビジョニングとデプロイのためのセルフサービス アクセスは、アプリケーション ライフサイクル全体にわたるアジャイル開発をサポートし、デリバリーを迅速化してエラーを削減します。

環境全体の可視性

保有するリソース、そのリソースの使用状況、クラウド管理でアクセスできるユーザーを追跡して、無秩序なクラウド支出に備えます。また、ワークロードに最適なバランスを特定して、クラウドの容量を最大限に活用することもできます。

一元化された管理

クラウド管理ツールにより、アプリケーション、オペレーティング システム、ストレージ、クラウド セキュリティ ツールなどを統合できます。その結果、複数のクラウドと環境にわたって、リソース割り当て、コンプライアンス、セキュリティ、費用管理に対する整合性のある統合管理が可能になります。

コンプライアンスとセキュリティの向上

クラウド管理は、クラウド ポリシー、ガイドライン、規制要件の遵守に役立ちます。また、セキュリティ プロセスを効率化し、環境間での使用状況と構成を自動的にモニタリングして、違反やその他の新たなインシデントを迅速に特定できます。

クラウド支出の最適化

クラウドの費用の追跡や予測は必ずしも容易ではありません。 クラウド管理ソリューションは、チャージバックとショーバックを含む詳細なレポートを提供します。これにより、使用状況の把握、リソースの割り当ての効率化、支出を正確に予測できるようになります。

環境のサステナビリティ

クラウド管理により、無駄なリソースを削減し、クラウド インフラストラクチャのエネルギー消費を削減するための戦略を推進、適用できます。 

Google Cloud でビジネスの課題を解決する

新規のお客様には、Google Cloud で使用できる無料クレジット $300 分を差し上げます。
使ってみる
お客様独自の課題については、Google Cloud のセールス スペシャリストまで詳しくご相談ください。
お問い合わせ

クラウド管理戦略

パブリック、プライベート、ハイブリッド、マルチクラウドの環境を効果的に管理するには、単にテクノロジーやツールだけでなく、強力なクラウド管理戦略も必要です。確固たる戦略の策定は組織によって異なります。ビジネスニーズに最適なプロセス、テクノロジー、スキルセットを見つける必要があります。

強力なクラウド管理戦略:

  • すべての環境で一貫した制御を行い、最適な場所にサービスをデプロイして統合できます。
  • アジャイルなチェンジ マネジメントを実現しながら、容量、使用状況、コスト、セキュリティを継続的にモニタリングして分析できます。
  • セキュリティとコンプライアンスをコントロールしながら、セキュリティ制御と自動化されたポリシーの適用を、速度を妨げずに実現します。
  • コストからユーザーの変更、違反に至るまで、クラウド リソースとサービスを絶えず見直して、問題が今後発生する前に特定し、それに応じてビジネスルールとプロセスを更新します。

これはすべてを網羅しているわけではありませんが、クラウド管理戦略の策定を開始するにあたっては、これらの基本事項から始めることをおすすめします。