コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
ジャンプ先

クラウド ホスティングとは

以前は、ウェブサイトやアプリケーションのホスティングは、デジタル プラットフォーム プロバイダの登録をし、本質的に単一のサーバーまたはコンピューティング クラスタをレンタルするだけでした。ウェブ ホスティング サービスは、ウェブそのものと同じ頃に存在していました。過去 10 年間で、Web サイトやアプリがクラウド全体に広がる仮想サーバー上に存在するクラウド ホスティングは、デジタル資産をオンラインにするための優れた方法になりました。

Google Cloud には、ドメインとアプリケーションのホスティングのためのさまざまなソリューションが用意されています。これには、ドメインを登録、管理する機能や、グローバル コンテンツ配信ネットワークに接続して、最適なパフォーマンスと最小限のレイテンシでユーザーにコンテンツを提供する機能が含まれます。

ご関心をお持ちであれば、新規のお客様には、Google Cloud で使用できる無料クレジット $300 分を差し上げます。

クラウド ホスティングの定義

クラウド ホスティングは、クラウドを使用してアプリケーションやウェブサイトをインターネット上で利用できるようにする機能です。クラウド ホスティングでは、仮想サーバーと物理サーバーのネットワークからコンピューティング リソースをプールできるため、スケーラビリティと柔軟性を迅速に高めて変更を加えることができます。ほとんどの場合、クラウド ホスティングは従量課金制です。つまり、チームは使用したものに対して支払いを行うので、リソースのオーバープロビジョニングやアンダープロビジョニングを心配する必要はありません。

クラウド ホスティングとウェブ ホスティング

従来のウェブ ホスティングは、通常、ウェブサイトのすべてのファイルとコンテンツを含む 1 つのサーバーで実行されます。 ユーザーがドメインにアクセスすると、ウェブブラウザがドキュメントとファイルをダウンロードします。

ウェブ ホスティングには、共有、専用、マネージド、仮想プライベート サーバー(VPS)の 4 種類のプライマリ環境があります。共有ウェブ ホスティング サービスとは、インターネットに接続しているさまざまなドメイン間で 1 台のサーバーを共有するサービスです。さまざまなウェブサイトがサーバーの費用を共有するため、これは最もコスト効率の良いホスティング オプションです。同時に、個々のウェブサイトが 1 つのサーバーのリソースに限定されるため、共有ホスティングでは個々のウェブサイトのスケーラビリティが制限されます。この問題は、ドメインが他の Web サイトやアプリケーションと共有されていない 1 つ以上のサーバーをリースする専用ホスティングで解決されますが、多くの場合、クライアントはサーバーを自分で管理する必要があります。

マネージド ホスティング サービスは専用のホスティング サービスに似ていますが、セキュリティ、ソフトウェアとハードウェアのアップグレード、バックアップ サービスなど、サーバーのメンテナンスはすべてホスティング プロバイダが行います。マネージド ホスティングは、サーバーを維持するために必要な自社の専門知識がないウェブサイトやアプリで役立ちます。

クラウド ホスティングとウェブ ホスティングにはいくつかの違いがあります。 特に、ウェブ ホスティングでは、ウェブサイトで需要が増えてリソースの増加が必要になった場合、ユーザーがサービスプランを変更して計算能力を高める必要があるため、スケーラビリティが問題になります。クラウド ホスティングを使用すると、サイトのコンテンツを複数のリージョンにまたがる複数の仮想サーバーに分散でき、需要の増加に合わせて簡単にスケーリングできます。このため、クラウド ホスティングはウェブ ホスティングよりも堅牢で信頼性が高いうえ、必要に応じてパラメータをより柔軟に調整できます。

クラウド ホスティングと VPS の比較

VPS は、単一サーバーでホストされる仮想の独立した環境です。ホスティング プロバイダは、オペレーティング システムの上にハイパーバイザ(仮想レイヤ)を配置し、ハイパーバイザを別々のコンポーネントに分割します。VPS は、共有ホスティングよりも詳細な制御とカスタマイズが可能ですが、特定のサーバー上の定義済みの量までリソースの使用を制限します。VPS は「プライベート クラウド」と呼ばれることもあります。

VPS ホスティングはクラウド ホスティングと多くの類似点があり、カスタマイズが可能であり、ホスティング プロバイダがハードウェアのメンテナンスとアップグレードの作業の多くを実行します。VPS は限られた数のマシンで実行されるため、クラウド ホスティングに固有のスケーラビリティ、柔軟性、信頼性はありません。クラウド ホスティングはグローバル ネットワークであり、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)などの機能を提供できるため、VPS よりも優れたパフォーマンスと速度を実現します。

クラウド ホスティングの仕組み

クラウド ホスティングは仮想化のプロセスを通じて機能します。 バーチャル プライベート サーバーの場合と同様に、仮想レイヤがサーバー上に作成され、コンテンツやその他のデータを保存できます。このような仮想レイヤは、クラウド コンピューティング ネットワーク上の他のサーバーに複製して、世界中のさまざまなリージョンに分散させることができます。 

クラウド ホスティングのメリット

スケーラビリティ

クラウド ホスティングでは、単一のサーバーでコンテンツの保存と配信を行わないため、使用量が増加したときにクラウド ネットワーク全体でより多くのサーバーをスピンアップすることにより、ウェブサイトまたはアプリケーションの需要に合わせて簡単にスケーリングできます。

柔軟性

クラウド ホスティングでは、ネットワーク全体の仮想マシンのパラメータを即座にプロビジョニングすることで、あらゆる状況で必要とされる適切なソリューションを自由に使用できます。

コスト

多くの場合、クラウド ホスティングは従量課金制モデルで機能します。つまり、使用量に応じて費用をスケールアップまたはスケールダウンすることもできます。 一方、ウェブ ホスティングは通常、月額または年額の定額料金で動作します。

セキュリティ

クラウド プロバイダは、ネットワーク上のサーバーに対する堅牢な物理セキュリティと仮想セキュリティを提供し、悪意のあるデータを攻撃者から保護します。クラウド ホスティングのセキュリティ レイヤには、ファイアウォール、ID 管理とアクセス制御、セキュア ソケット レイヤ(SSL)などが含まれています。

信頼性とパフォーマンス

クラウド ホスティングはクラウド ネットワークに分散された多くのサーバーを活用するため、信頼性と稼働時間が非常に高くなります。ネットワーク上の 1 つのサーバーで障害が発生した場合でも、別のサーバーでデータを入力してサービスを提供できます。 同様に、クラウド ホスティングでパフォーマンスが向上すれば、さまざまなリージョンのサーバーでユーザーにコンテンツを迅速に提供できます。

クラウド ホスティングを使用する理由

クラウド ホスティングでは、ウェブサイトとアプリケーションのオペレータは、必要に応じてリソースを追加または削除できます。これには、より多くの RAM、保存容量、サポート サービスやデータ ストレージなどのサポート サービスが含まれます。クラウド ホスティングは、信頼性と柔軟性を管理可能なコストで提供します。また、クラウド ホスティングでは、単一サーバー上の共有または専用のホスティングと比べて、堅牢なデータ バックアップと障害復旧が提供されます。

Google Cloud でビジネスの課題を解決する

新規のお客様には、Google Cloud で使用できる無料クレジット $300 分を差し上げます。
お問い合わせ
お客様独自の課題については、Google Cloud のセールス スペシャリストまで詳しくご相談ください。
お問い合わせ