Cloud KMS クライアント ライブラリ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Cloud Key Management Service API の Cloud クライアント ライブラリの使い方について説明します。Cloud APIs 用のクライアント ライブラリの詳細については、クライアント ライブラリの説明をご覧ください。

クライアント ライブラリをインストールする

C#

詳細については、C# 開発環境の設定をご覧ください。

PowerShell または Visual Studio Package Manager Console を使用する場合:

Install-Package "Google.Cloud.Kms.V1" -Version "2.0.0-beta03"

dotnet CLI を使用する場合:

dotnet add package "Google.Cloud.Kms.V1" -Version "2.0.0-beta03"

Go

詳細については、Go 開発環境の設定をご覧ください。

go get "cloud.google.com/go/kms/apiv1"

Java

詳細については、Java 開発環境の設定をご覧ください。

Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。BOM の詳細については、Google Cloud Platform ライブラリ BOM をご覧ください。

<dependencyManagement>
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>com.google.cloud</groupId>
      <artifactId>libraries-bom</artifactId>
      <version>26.1.3</version>
      <type>pom</type>
      <scope>import</scope>
    </dependency>
  </dependencies>
</dependencyManagement>

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-kms</artifactId>
  </dependency>
</dependencies>

Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

implementation platform('com.google.cloud:libraries-bom:26.1.3')

implementation 'com.google.cloud:google-cloud-kms'

sbt を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-kms" % "2.6.8"

Visual Studio Code、IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインでプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Node.js

詳細については、Node.js 開発環境の設定をご覧ください。

npm install --save "@google-cloud/kms"

PHP

詳細については、Google Cloud での PHP の使用をご覧ください。

composer require "google/cloud-kms"

Python

詳細については、Python 開発環境の設定をご覧ください。

pip install --upgrade "google-cloud-kms"

Ruby

詳細については、Ruby 開発環境の設定をご覧ください。

gem install "google-cloud-kms"

認証を設定する

クライアント ライブラリを使用する場合は、アプリケーションのデフォルト認証情報(ADC)を使用して認証を行います。ADC の設定については、アプリケーションのデフォルト認証情報に認証情報を提供するをご覧ください。クライアント ライブラリで ADC を使用する方法については、クライアント ライブラリを使用して認証するをご覧ください。

クライアント ライブラリの使用

次の例は、クライアント ライブラリの使用方法を示しています。

C#

Cloud KMS 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Cloud KMS クライアント ライブラリをご覧ください。 詳細については、Cloud KMS C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Api.Gax.ResourceNames;
using Google.Cloud.Kms.V1;

public class QuickstartSample
{
    public void Quickstart(string projectId = "my-project", string locationId = "us-east1")
    {
        // Create a Cloud KMS client.
        KeyManagementServiceClient client = KeyManagementServiceClient.Create();

        // Build the parent location name.
        LocationName locationName = new LocationName(projectId, locationId);

        // Iterate over and print each key ring name;
        foreach (KeyRing keyRing in client.ListKeyRings(locationName))
        {
            // ... (e.g. keyRing.Name)
        }
    }
}

Go

Cloud KMS 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Cloud KMS クライアント ライブラリをご覧ください。 詳細については、Cloud KMS Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


// Sample quickstart is a basic program that uses Cloud KMS.
package main

import (
	"context"
	"fmt"
	"log"

	kms "cloud.google.com/go/kms/apiv1"
	"cloud.google.com/go/kms/apiv1/kmspb"
	"google.golang.org/api/iterator"
)

func main() {
	// GCP project with which to communicate.
	projectID := "your-project-id"

	// Location in which to list key rings.
	locationID := "global"

	// Create the client.
	ctx := context.Background()
	client, err := kms.NewKeyManagementClient(ctx)
	if err != nil {
		log.Fatalf("failed to setup client: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	// Create the request to list KeyRings.
	listKeyRingsReq := &kmspb.ListKeyRingsRequest{
		Parent: fmt.Sprintf("projects/%s/locations/%s", projectID, locationID),
	}

	// List the KeyRings.
	it := client.ListKeyRings(ctx, listKeyRingsReq)

	// Iterate and print the results.
	for {
		resp, err := it.Next()
		if err == iterator.Done {
			break
		}
		if err != nil {
			log.Fatalf("Failed to list key rings: %v", err)
		}

		fmt.Printf("key ring: %s\n", resp.Name)
	}
}

Java

Cloud KMS 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Cloud KMS クライアント ライブラリをご覧ください。 詳細については、Cloud KMS Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import com.google.cloud.kms.v1.KeyManagementServiceClient;
import com.google.cloud.kms.v1.KeyManagementServiceClient.ListKeyRingsPagedResponse;
import com.google.cloud.kms.v1.KeyRing;
import com.google.cloud.kms.v1.LocationName;
import java.io.IOException;

public class Quickstart {

  public void quickstart() throws IOException {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String locationId = "us-east1";
    quickstart(projectId, locationId);
  }

  public void quickstart(String projectId, String locationId) throws IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only
    // needs to be created once, and can be reused for multiple requests. After
    // completing all of your requests, call the "close" method on the client to
    // safely clean up any remaining background resources.
    try (KeyManagementServiceClient client = KeyManagementServiceClient.create()) {
      // Build the parent from the project and location.
      LocationName parent = LocationName.of(projectId, locationId);

      // Call the API.
      ListKeyRingsPagedResponse response = client.listKeyRings(parent);

      // Iterate over each key ring and print its name.
      System.out.println("key rings:");
      for (KeyRing keyRing : response.iterateAll()) {
        System.out.printf("%s%n", keyRing.getName());
      }
    }
  }
}

Node.js

Cloud KMS 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Cloud KMS クライアント ライブラリをご覧ください。 詳細については、Cloud KMS Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

//
// TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
//
// const projectId = 'my-project';
// const locationId = 'us-east1';

// Imports the Cloud KMS library
const {KeyManagementServiceClient} = require('@google-cloud/kms');

// Instantiates a client
const client = new KeyManagementServiceClient();

// Build the location name
const locationName = client.locationPath(projectId, locationId);

async function listKeyRings() {
  const [keyRings] = await client.listKeyRings({
    parent: locationName,
  });

  for (const keyRing of keyRings) {
    console.log(keyRing.name);
  }

  return keyRings;
}

return listKeyRings();

PHP

Cloud KMS 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Cloud KMS クライアント ライブラリをご覧ください。 詳細については、Cloud KMS PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\Kms\V1\KeyManagementServiceClient;

function quickstart(
    string $projectId = 'my-project',
    string $locationId = 'us-east1'
) {
    // Create the Cloud KMS client.
    $client = new KeyManagementServiceClient();

    // Build the parent location name.
    $locationName = $client->locationName($projectId, $locationId);

    // Call the API.
    $keyRings = $client->listKeyRings($locationName);

    // Example of iterating over key rings.
    printf('Key rings in %s:' . PHP_EOL, $locationName);
    foreach ($keyRings as $keyRing) {
        printf('%s' . PHP_EOL, $keyRing->getName());
    }

    return $keyRings;
}

Python

Cloud KMS 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Cloud KMS クライアント ライブラリをご覧ください。 詳細については、Cloud KMS Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

def quickstart(project_id, location_id):
    # Import the client library.
    from google.cloud import kms

    # Create the client.
    client = kms.KeyManagementServiceClient()

    # Build the parent location name.
    location_name = f'projects/{project_id}/locations/{location_id}'

    # Call the API.
    key_rings = client.list_key_rings(request={'parent': location_name})

    # Example of iterating over key rings.
    for key_ring in key_rings:
        print(key_ring.name)

    return key_rings

Ruby

Cloud KMS 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Cloud KMS クライアント ライブラリをご覧ください。 詳細については、Cloud KMS Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# TODO(developer): uncomment these values before running the sample.
# project_id  = "my-project"
# location_id = "us-east1"

# Require the library.
require "google/cloud/kms"

# Create the client.
client = Google::Cloud::Kms.key_management_service

# Build the parent location name.
location_name = client.location_path project: project_id, location: location_id

# Call the API.
key_rings = client.list_key_rings parent: location_name

# Example of iterating over key rings.
puts "Key rings in #{location_name}"
key_rings.each do |key_ring|
  puts key_ring.name.to_s
end

次のステップ

プログラムによるデータの暗号化と復号の方法を学習します。

補足資料