Intel 搭載の Google Cloud

Google Cloud は、最新の Intel テクノロジーを基盤として、要件が厳しいエンタープライズのワークロードやアプリケーションのセキュリティ、コンピューティング、メモリの要件に対応するように設計された、カスタマイズ可能な高性能のソリューションを提供します。

Intel と Google Cloud

会社を前進させるためのソリューションを手に入れましょう

条件に合わせたパフォーマンス: マルチクラウド管理、大容量メモリ、機械学習、ハイ パフォーマンス コンピューティング、HiFi コンテンツの表示と配信など、アプリケーションがどのような機能を必要とする場合でも、最新の Intel テクノロジーを搭載した Google Cloud インスタンスは、それぞれのニーズに合ったスケーラブルでミッション クリティカルなソリューションを提供します。

設定アイコン

第 2 世代 Intel® Xeon® Scalable プロセッサによるコンピューティング集中型ソリューション

  • Intel は、現在および将来のワークロード ニーズを満たせるように調整された組み込みのパフォーマンス アクセラレーションを提供します。
  • Google Cloud で最初にコンピューティングに最適化された C2 インスタンスは、前の世代の N1 インスタンスに比べて、コンピューティング パフォーマンスが 40% 改善し1、CPU 周波数が 90% 高速になっています2
  • 第 2 世代 Intel® Xeon Scalable プロセッサを搭載した N2 汎用 VM は、前の世代の N1 インスタンスに比べて、20% 高いコスト パフォーマンス3 と、vCPU あたり 25% 大容量のメモリ4 を提供します。
Cloud アイコン

Anthos によるハイブリッドクラウドおよびマルチクラウド ソリューション

  • Intel は Anthos Ready ソリューション パートナーであり、お客様のワークロードと TCO を最適化するベンチマークや最小パフォーマンス保証など、検証済みのソリューションを提供しています。
  • Anthos のリファレンス デザイン向け Intel Select ソリューションは、OEM や SI による採用に向けてテストおよび検証済みの構成を提供することにより、製品化までの時間を短縮します。
  • 最小コスト、最大の信頼性でワークロードを移行してモダナイズするためのインフラストラクチャを提供します。

パフォーマンスのニーズに応じたエンタープライズ ワークロード

  • Google Cloud は、Intel ベースのインスタンスで主要な仮想化とデータベース プラットフォームをすべてサポートします。
  • Intel は、Intel Xeon プラットフォームでパフォーマンスを向上できるように、SAP、Oracle、VMware などの主要なエンタープライズ ソフトウェア ベンダーと連携して製品を最適化しています。
  • Google Cloud の Intel ベースのプラットフォームは、コンピューティング、メモリ、ストレージ、ネットワーク集約的なワークロード向けに調整、最適化できます。

Intel 搭載インスタンスの利点

クラウドの敏捷性を活かしましょう。Intel アーキテクチャは、進化するビジネスニーズに対応するために必要なパフォーマンスを提供します。シームレスなアプリケーションのポータビリティやデータ モビリティを活用し、コンピューティング、ネットワーキング、ストレージなどの幅広いワークロードやサービスにわたって総所有コストを下げる魅力的な恩恵を得ましょう。

  • C2 インスタンス: 要件が厳しいワークロードでほぼリアルタイムのパフォーマンス
  • TensorFlow などの一般的な AI フレームワークをサポートするように最適化および構成されたディープ ラーニング VM とコンテナ
  • デプロイまでの時間を短縮する、Intel Studio XE などのフリー ソフトウェア最適化ツールの使用可能性
  • M2 インスタンス: SAP 認定済みで最大 12 TB のメモリに対応する大型 VM
  • N2、C2、M2 インスタンス: N1 と比較して最大 40% 高いパフォーマンスと 2 倍の浮動小数点パフォーマンス5
  • N2、C2、M2 インスタンス: DL Boost 命令による組み込み AI の推論パフォーマンス5

Intel 搭載インスタンスのサービス

お客様は Intel 搭載の Google Cloud インスタンスに簡単に構築でき、ワークロードに対応するフレキシブルでハイパフォーマンスなインスタンスのセットを使用して、データドリブン プラットフォームでより多く保存し、より速く処理、移行できるようになります。費用の削減にも大きな効果があります。

インスタンス タイプ N1 汎用 N2 汎用 C2 コンピューティング最適化 M1-UltraMem メモリ最適化 M2-UltraMem メモリ最適化 M2-MegaMem メモリ最適化 Google Cloud VMware Engine
ターゲット ワークロード メインストリーム メインストリーム シングル スレッドの周波数を必要とするアプリ(HPC、EDA、ゲームなど) ハイメモリのデータベース(SAP HANA など) ハイメモリのデータベース(SAP HANA など) ハイメモリのデータベース(SAP HANA など) VMware ワークロード
CPU 各種 Intel Xeon(Xeon Scalable など) 第 2 世代 Intel Xeon Scalable 第 2 世代 Intel Xeon Scalable Intel Xeon E7v4 第 2 世代 Intel Xeon Scalable Intel Xeon Scalable 第 2 世代 Intel Xeon Scalable
vCPU 最大 96 最大 80 最大 60 40 / 80 / 160 208 / 416 96 72
メモリ 624 GB まで 624 GB まで 240 GB まで 1 TB / 2 TB / 4 TB 6 TB / 12 TB 1.4 TB 768 GB
全コアターボ ブースト速度 2.7 GHz(Xeon Scalable) 3.4 GHz 3.8 GHz(サステインド) 2.6 GHz 3.4 GHz 2.7 GHz 3.9 GHz
ベースラインのクラウドの速度 2.0 GHz(Xeon Scalable) 2.8 GHz 3.1 GHz 2.2 GHz 2.5 GHz 2.0 GHz 2.6 GHz
Intel AVX-512(2倍の浮動小数点) Xeon Scalable(MinCPU プラットフォームを使用) ×
Intel Deep Learning Boost × × ×
GCP リージョンで使用可能 24 13 12 17 5 10 2

導入事例

テクノロジー リソースとドキュメント

明示されているパフォーマンスに関する脚注

  1. 「コンピューティングに最適化された VM を使用すると、現在の GCP VM と比べてパフォーマンスが 40% 以上改善します。」Google Cloud プラットフォーム担当バイス プレジデント Bart Sano。 詳しくは、こちらをご覧ください。
  2. Google Cloud CPU プラットフォーム ページ: 詳しくは、こちらをご覧ください。 C2 インスタンスの全コアターボ CPU 周波数は 3.8 GHz です。これに対して最も低い第 1 世代 N1 マシンタイプのベース周波数は 2.0 GHz でした。全コアターボは第 1 世代 N1 インスタンスでは使用できないことに注意。2.0GHz から 3.8GHz での改善率 = 90%
  3. 「汎用マシンタイプ(N2)を使用すると、第 1 世代 N1 マシンと比べてコスト パフォーマンスが 20% 以上改善します。」Google Cloud Compute Engine 担当プロダクト マネージャー Hanan Yousef氏。詳しくは、こちらをご覧ください。
  4. 「汎用マシンタイプ(N2)を使用すると、第 1 世代 N1 マシンと比べて、多くのワークロードでコスト パフォーマンスが 20% 以上改善し、vCPU あたり最大 25% 多くのメモリをサポートできます。」Compute Engine 担当プロダクト マネージャー Hanan Yousef。詳しくは、こちらをご覧ください。
  5. 「Intel® AVX-512(第 2 世代 Intel Xeon Scalable プロセッサに組み込み)は、前の世代の Intel® Advanced Vector Extensions 2(Intel® AVX2)と比べてクロック サイクルあたり 2 倍の FLOPS を発揮できます。これにより、モデリングとシミュレーション、データ分析と機械学習、データ圧縮、可視化、デジタル コンテンツ制作などの要件の厳しいアプリケーションのコンピューティング タスクにおけるパフォーマンスとスループットが改善します。」詳しくは、こちらをご覧ください。
  6. 「プリエンプティブル VM は、通常の Google インスタンスを使用する場合と比較して最大 80% の費用を削減します。」 Google Cloud ブログ プリエンプティブル仮想マシン 詳しくは、こちらをご覧ください。