Cloud Healthcare APIベータ版

セキュリティとコンプライアンスが重視される環境で、実用的なヘルスケア分析情報を取得するための標準ベースの API

このプロダクトのドキュメントを見る

相互運用の原動力

Cloud Healthcare API は、医療システムと Google Cloud 上で構築されたアプリケーションを結びつけます。既存のヘルスケア テクノロジーで使用される標準ベースのデータ形式とプロトコルに対応する Cloud Healthcare API を使えば、データを高度な Google Cloud 機能で活用できます。これには、Cloud Dataflow によるストリーミング データ処理、BigQuery によるスケーラブルな分析、AI Platform による機械学習が含まれます。さらに、Cloud Healthcare API は、アプリケーション開発とデバイス統合を簡素化し、デジタル変革を加速化しながら医療ネットワークとのリアルタイム統合を可能にします。

FHIR

Fast Healthcare Interoperability Resources(FHIR)はヘルスケア データを相互運用するための新しい規格です。REST セマンティクスを使用して、FHIR は、臨床リソースの操作に堅牢で拡張可能なデータモデルを指定します。Google Cloud は、データ統合を簡素化し、分析ツールや機械学習ツールでデータを使用できるように、他の形式のデータと FHIR リソースを相互に変換できます。FHIR API は、STU3 リソースを完全にサポートしています。

HL7v2

HL7v2 は、従来の臨床システムと接続しようとするあらゆるアプリケーションで、基本的な通信規格として使用されます。HL7v2 API は、HL7v2 メッセージの取り込み、送信、検索、取得のための REST インターフェースとなります。HL7v2 API は、Minimal Lower Layer Protocol(MLLP)に加えて、複数の共通 HL7v2 インターフェース エンジンでメッセージを介してメッセージを送受信するために、オープンソース アダプタと統合されています。このアダプタは Google Kubernetes Engine で動作して迅速なプロビジョニングを実現し、Cloud Pub/Sub を介して通信することで水平方向のスケーラビリティを提供するとともに、Cloud VPN と接続して転送時のセキュリティを確保します。

DICOM

DICOM は、放射線医学、心臓学、眼科学、皮膚科学を含むさまざまな分野で用いられる、医用画像とメタデータの保存や交換のための標準規格です。DICOMweb は、このような画像の保存、クエリ、取得を行うための REST API です。Cloud Healthcare API 内の DICOMweb を使用すると、既存のイメージング装置、PACS ソリューション、ビューアで、Cloud Healthcare API にアクセスできます。これは、通信は直接、または既存の DICOM DIMSE プロトコルをサポートするよう設計されたオープンソース アダプタを介して行われます。これにより、顧客は医療画像データをスケーラブルに保存し、分析と機械学習向けの強力なツールにデータを接続できます。

匿名化

匿名化は、身元がわかる情報をデータセットから削除したり難読化したりすることで、データを特定の個人と結び付けられなくするプロセスです。多くの場合、匿名化は医療データセット前処理のステップの 1 つです。匿名化は、患者のプライバシーを保護しながら、医療データを分析、トレーニング、機械学習モデルの評価、特権のない関係者との共有に利用するための重要なステップでもあります。Cloud Healthcare API は、サービスに保存されている複数のタイプのデータ匿名化機能を提供し、こうしたユースケースとその他複数のケースを促進します。これには、FHIR 形式の構造化された医療記録に加え、DICOM 形式の医療画像(メタデータとピクセルデータの両方)の匿名化が含まれます。

非公開かつセキュリティが確保されたデータをお客様自身が管理

データの局所性は Cloud Healthcare API のコア コンポーネントです。現在利用可能なロケーションのリストから、各データセットを保存するロケーションを選択できます。利用可能なロケーションは、地域によって異なります。組織は、Cloud Healthcare API を介して Google Cloud 上のデータの保存場所を管理します。Cloud Healthcare API サービスは、Cloud Audit Log と統合されているため、組織はデータに影響するアクションを追跡できます。デフォルトでは、データセット、データストア、IAM ポリシーに対する管理上の変更がログに記録されます。また、各データストア内でアイテムの作成、変更、読み取りを記録する監査ログも有効にできます。Cloud Healthcare API は、データ損失防止ツール、正確なポリシーの制御、堅牢な ID 管理、暗号化などのさまざまな最先端セキュリティ機能を活用する Google の多層セキュリティのアプローチを使用して構築されています。

分析と機械学習

データを Google Cloud に転送することで、Cloud Healthcare API を使用して、BigQuery などの強力な分析ツール、AI Platform Notebooks などの可視化ツールと機械学習ツール、Tableau などのサードパーティ製ツールにデータを統合できるようになります。

また、Cloud Healthcare API を使用して、カスタム機械学習モデルのトレーニングを簡素化する AutoML や AI Platform などの強力な機械学習ソリューションに接続できます。モデルがトレーニングされると、Cloud Healthcare API の DICOM と FHIR のサポートを活用し、既存の臨床ワークフローにモデルをデプロイできます。

特長

コンプライアンスへの取り組み

Cloud Healthcare API は HIPAA コンプライアンスに準拠しており、Google Cloud は HITRUST CSF 認証を取得しています。さらに、Cloud Healthcare API は、Google Cloud の ISO 27001ISO 27017ISO 27018 認証の対象範囲に含まれています。詳細については、Google Cloud Platform のコンプライアンス ページをご覧ください。

データの価値を引き出す

Cloud Healthcare API を使用すると、BigQueryCloud AutoMLAI Platform などの高度な分析ソリューションと機械学習ソリューションに医療データを取り込めるため、医療データの真の価値を引き出すことができます。

管理不要なスケーラビリティ

Cloud Healthcare API は、Google のインフラストラクチャによって最適化された、ウェブ ネイティブのサーバーレス スケーリングを提供します。API を有効にしてリクエストの送信を開始するだけで、容量の初期構成は不要です。いくつかの制限はありますが(Pub/Sub の割り当てなど)、容量は使用パターンに合わせて拡張できます。

エコシステムに対応

Cloud Healthcare API は、Apigee と統合して、データを中心としたアプリとサービスのエコシステムを提供します。Apigee は、Gartner によって「Full Life Cycle API Management」におけるリーダーに位置付けられています。

デベロッパー指向

Cloud Healthcare API では、医療情報をデータセットに整理できます。各データセットでは 1 つ以上のストア形式を使用できます。各ストアは、REST と RPC インターフェースを公開します。Cloud IAM を使用してきめ細かいアクセス ポリシーを設定できます。

データの流動性を強化

Cloud Healthcare API では、FHIR データDICOM データの一括インポートと一括エクスポートがサポートされているため、プロジェクト間でのデータ移動に便利な API を提供しながら、既存のデータセットと依存関係のあるアプリケーションの配信時間を短縮します。

技術リソース

料金

Cloud Healthcare API 料金ページをご覧ください。請求金額の算出の仕組みをさらに理解するには、Google Cloud 料金計算ツールを使用してください。

次のステップに進む

Google Cloud をご利用のお客様には、12 か月間有効の無料クレジット $300 分を差し上げます。

無料トライアル
開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用

このプロダクトはベータ版です。 プロダクトのリリース段階の詳細については、こちらをご覧ください。