App Engine スタンダード環境のアプリケーションの作成

Cloud Tools for Eclipse には、App Engine スタンダード環境の新しい Java アプリケーションを作成するためのウィザードが Eclipse 内に用意されています。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  4. Cloud Build API を有効にします。

    API を有効にする

  5. Google Cloud CLI をインストールして初期化します。
  6. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  7. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  8. Cloud Build API を有効にします。

    API を有効にする

  9. Google Cloud CLI をインストールして初期化します。
  10. Google Cloud Console で、Cloud プロジェクトの App Engine アプリケーションを作成します。

    アプリ作成画面を開く

  11. アプリのコンピューティングリソースを配置するリージョンを選択します。

  12. 最新バージョンの Cloud Tools for Eclipse があることを確認します。

App Engine スタンダード環境の新しい Java プロジェクトの作成

Eclipse で App Engine スタンダード環境用の新しいプロジェクトを作成するには:

  1. Google Cloud Platform ツールバー ボタン をクリックします。

  2. [Create New Project] > [Google App Engine Standard Java Project] を選択します。

  3. プロジェクト名を入力し、(オプションで)Java パッケージも入力します。

  4. Maven ベースの App Engine プロジェクトを作成するには、[Create as Maven Project] をオンにし、Maven グループ IDアーティファクト ID を入力します。

  5. プロジェクトで必要なライブラリ(App Engine APIGoogle Cloud EndpointsObjectify)を選択します。

  6. [Finish] をクリックします。

ウィザードによって、ネイティブ Eclipse プロジェクトが簡単なサーブレットで生成されます。これは、IDE から実行し、デプロイすることができます。

次のステップ