クイックスタート

このページでは、Cloud DNS マネージド ゾーンとドメイン名のリソース レコードを設定する方法について説明します。マネージド ゾーンを作成して、アドレス(A)レコードと正規名(CNAME)レコードをドメインに設定する簡単な例を示します。


このタスクを Cloud Console で直接行う際の順を追ったガイダンスについては、[ガイドを表示] をクリックしてください。

ガイドを表示


以降のセクションでは、[ガイドを表示] をクリックした場合と同じ手順について説明します。

詳しくは、次のリソースをご覧ください。

  • Cloud DNS のコンセプトについては、Cloud DNS の概要をご覧ください。
  • Cloud DNS に関連する用語については、主な用語をご覧ください。
  • Virtual Private Cloud(VPC)ネットワークの構成情報については、VPC の概要をご覧ください。
  • 構成方法と API 情報については、次のステップをご覧ください。

要件

このガイドは、以下のことを前提としています。

  • ドメイン名の登録事業者を通じてドメイン名を取得します。ドメイン名は、Google DomainsCloud Domains、または別のドメイン登録事業者から登録できます。Cloud Domains では、API を使用してドメインを管理できますが、Google Domains では API アクセスが許可されません。
  • Windows Server 仮想マシン(VM)インスタンスまたは Linux VM インスタンス
  • ゾーンの A レコードを指す IP アドレス。参照可能な IP アドレスですでに実行されているサーバーは、有効な IP アドレスになり得ます。たとえば、Compute Engine VM でウェブサーバーを起動する手順については、このチュートリアルをご覧ください。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  5. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  6. DNS API を有効にします。

    API を有効にする

一般公開マネージド ゾーンを作成する

  1. Google Cloud Console で、[DNS ゾーンの作成] ページに移動します。

    [DNS ゾーンの作成] に移動

  2. [ゾーンのタイプ] で [公開] を選択します。

  3. [ゾーン名] に「my-new-zone」と入力します。

  4. [DNS 名] に、登録したドメイン名を使用してゾーンの DNS 名のサフィックスを入力します(例: example.com)。

  5. [DNSSEC] で、Off の設定が選択されていることを確認します。

    Cloud Console の [DNS ゾーンの作成] ページのスクリーンショット。

  6. [作成] をクリックします。

[ゾーンの詳細] ページが表示されます。デフォルトの NS レコードと SOA レコードが作成されています。

[ゾーンの詳細] ページのスクリーンショット。

レコードを編集するには、[ゾーンの詳細] ページで、編集するレコードの行末にある [ 編集] をクリックします。

新しいレコードを作成してドメインを外部 IP アドレスにポイントする

IP アドレスの形式が #.#.#.# の場合は、IPv4 アドレスであるため、A レコードを作成する必要があります。

IP アドレスの形式が #:#:#:#:#:#:#:# の場合は、IPv6 アドレスであるため、AAAA レコードを作成する必要があります。

  1. Cloud Console で、[Cloud DNS] ページに移動します。

    Cloud DNS に移動

  2. レコードセットを追加するゾーンをクリックします。

  3. [レコードセットの追加] をクリックします。

  4. [リソース レコードのタイプ] で、A レコードを作成するには [A] を選択します。AAAA レコードを作成するには、[AAAA] を選択します。

  5. [IPv4 アドレス] または [IPv6 アドレス] に、このドメインで使用する IP アドレスを入力します。

    A レコードタイプと IP アドレスを表示した [レコードセットの作成] ページのスクリーンショット。

  6. [作成] をクリックします。

www サブドメイン用に CNAME レコードを作成する

  1. Cloud Console で、[Cloud DNS] ページに移動します。

    Cloud DNS に移動

  2. レコードセットを追加するゾーンをクリックします。

  3. [レコードセットの追加] をクリックします。

  4. [DNS 名] に「www」と入力します。

  5. [リソース レコードのタイプ] に [CNAME] を選択します。

  6. [正規名] で、ドメイン名に続いてピリオドを入力します(例: example.com.)。

    CNAME レコードタイプと正規名を表示した [レコードセットの作成] ページのスクリーンショット。

  7. [作成] をクリックします。

レコードの有効期間(TTL)値によっては、レコードの更新に時間がかかることがあります。ドメイン名にアクセスして、ドメインが IP アドレスに解決されていることを確認することで、DNS レコードが機能していることを確認できます。

ドメイン ネームサーバーを更新する

最後に、ドメイン ネームサーバーを Cloud DNS を使用するように更新して、新しく作成したレコードをインターネットに公開する必要があります。

ドメイン名が Google Domains に登録されている場合でも、ネームサーバーを更新する必要があります。これらは同じように見えますが、Google Domains で使用されるネームサーバーは、マネージド ゾーンの Cloud DNS で使用されるネームサーバーとは異なります。

これで、Cloud DNS を使用して DNS レコードを正しく設定できました。

クリーンアップ

このページで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順を行います。

  1. Cloud Console で、Cloud DNS の [ゾーン] ページに移動します。

    Cloud DNS の [ゾーン] に移動

  2. ゾーン名(my-new-zone)をクリックして、[ゾーンの詳細] ページに移動します。

  3. 作成した A レコードと CNAME レコードを選択します。

  4. [レコードセットを削除] をクリックします。

    [ゾーンの詳細] ページのスクリーンショット。

  5. [Cloud DNS] ページに移動します。

    Cloud DNS の [ゾーン] に移動

  6. ゾーンを削除するには、my-new-zone チェックボックスをオンにしてから、行末にある [ゾーンを削除] をクリックします。

    ゾーンエントリの右側のごみ箱アイコンが強調表示されている [Cloud DNS ゾーン] ページのスクリーンショット。

次のステップ