Datastream の料金

概要

このページでは、Datastream の料金について説明します。他のプロダクトの料金を確認するには、料金のドキュメントをご覧ください。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Google Cloud SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

料金の概要

Datastream の料金は、処理されたギガバイト(GB)に基づいて計算されます。使用量はストリームごとにバイト単位で課金され、GB で記載されます(たとえば、500 MB は 0.5 GB です)。バイト数は、未加工(非圧縮)のデータに基づいて計算されます。

変更データ キャプチャ(CDC)とバックフィル

Datastream は、次の 2 つの方法のいずれかにより、ソースから発信先にデータをストリーミングします。

  • 変更データ キャプチャ(CDC): Datastream は、ソースからの進行中の変更をリアルタイムでキャプチャします。
  • バックフィル: テーブル内にあるデータの履歴のスナップショットを Datastream に取り込みます。

各ストリーミング メソッドは、料金の詳細で説明されているように、異なるレートで課金されます。

料金の詳細

このセクションでは、Datastream の使用時に各ストリーミング メソッドに適用される料金を示します。

Datastream が利用可能なリージョンで Datastream を使用する場合にかかる料金を確認するには、以下のプルダウン メニューからリージョンを選択してください。

Datastream を使用する場合の料金の例については、料金の例をご覧ください。Google Cloud 料金計算ツールについては、計算ツールのページをご覧ください。

他の Google Cloud リソースの使用状況

Datastream によって処理されるデータの料金に加えて、データの転送、保存、処理に使用する次のようなリソースも課金対象になります。

料金の例

例として、次の特性を持つソースからのデータを処理するストリームについて考えてみます。

項目 サイズ
複製されるソースに現在あるデータ 500 GB
1 か月の変動の量 50 GB
発信先 Cloud Storage

この Datastream のストリームでは、既存データの 1 回限りのバックフィルと、ソースからの変更のキャプチャが実行されます。データは、Datastream が構成されている同じリージョンにある Cloud Storage のファイルに保存されます。

最初の月の Datastream の料金は、以下の式になります。

Datastream charge = (Backfill size * backfill price) + (changes size * CDC price) = (500 * $0.4) + (50 * $2.00) = $300.00

それ以降の月については、Datastream では進行中の変更の処理を行う必要があるので、料金には次の式が使用されます。

Datastream charge = (Backfill size * backfill price) + (changes size * CDC price) = (0 * $0.4) + (50 * $2.00) = $100.00

この例では、ソースと Cloud Storage に保存されているデータに対して追加料金が発生します。料金計算ツールを使用すると、Google Cloud リソースの費用を個別に確認できます。

次のステップ

カスタム見積もりのリクエスト

Google Cloud の従量制課金では、使用したサービスに対してのみ料金が発生します。カスタム見積もりをご希望の場合は、Google のセールスチームにお問い合わせください。
お問い合わせ