リージョン エンドポイント

Cloud Dataproc サポートは、Compute Engine ゾーンに基づいて、単一「グローバル」エンドポイントと「リージョン」エンドポイントの両方をサポートします。各 Dataproc リージョンは、リージョン内の Compute Engine ゾーンへのインスタンスのデプロイに制約される独立したリソース名前空間を構成します。具体的には、異なるリージョン(us-east1europe-west1 など)を指定することで、Cloud Dataproc によって利用されるリソース(VM インスタンスや Cloud Storage など)やメタデータのストレージのロケーションをリージョンごとに分離できます。このことは、Cloud Dataproc の基になる(コントロール プレーンを含む)インフラストラクチャがリージョンごとにデプロイされるために可能となっています。このリージョン パラメータは、参照される Cloud Dataproc リソース URI/regions/<region> セグメントに対応します。

特に指定しない限り、Cloud Dataproc はデフォルトで「グローバル」リージョンになります。「グローバル」リージョンは、特別なマルチリージョンの名前空間であり、ユーザー指定の Compute Engine ゾーンの Cloud Dataproc リソースとやり取りできます。

リージョン エンドポイントを指定すると便利な状況がいくつかあります。

  • Cloud Dataproc を複数のリージョンで使用する場合、明示的なリージョン エンドポイントを指定すると、リージョンの分離と保護が向上する可能性があります。
  • デフォルトの "グローバルな" 名前空間より特定のリージョンを(特に、地理に基づいて)選択する方が、パフォーマンスが向上する場合があります。

リージョン エンドポイントのセマンティクス

  • リージョン エンドポイントの名前は、Compute Engine ゾーンに基づく標準の命名規則に従います。たとえば、米国中部リージョンの名前は us-central1 であり、ヨーロッパ西部リージョンの名前は europe-west1 です。gcloud compute regions list コマンドを実行して、使用可能なリージョンの一覧を見ることができます。
  • Compute Engine に追加された新しいリージョンも、Cloud Dataproc で使用できるようになります。

リージョン エンドポイントの使用

gcloud

gcloud コマンドライン ツールでコマンドを渡すときに --region パラメータを使用して、リージョンを指定できます。

gcloud dataproc clusters create cluster-name --region region ...
特に指定しない限り、gcloud コマンドはデフォルトの --region global を使用します。

REST API

Cloud Dataproc REST API を使用して、Cloud Dataproc のリージョンを指定できます。現在、region は必須のパラメータです。このパラメータでは、使用するリージョン(global を含む)を指定します。

Console

Google Cloud Platform Console の使用時に、[クラスタの作成] ページで Cloud Dataproc リージョンを指定します。

詳細情報

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Dataproc ドキュメント
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。