Cloud Dataproc の Hive WebHCat コンポーネント

Cloud Dataproc クラスタを作成する際には、オプション コンポーネント機能を使用して、追加コンポーネントをインストールできます。このページでは Hive WebHCat コンポーネントについて説明します。

Hive WebHCat コンポーネントには、HCatalog 用の REST API が用意されています。この REST サービスは、クラスタの最初のマスターノードのポート 50111 で使用できます。

コンポーネントをインストールする

このコンポーネントは、Cloud Dataproc クラスタを作成するときにインストールします。コンポーネントは、Cloud Dataproc バージョン 1.3 以降で作成されたクラスタに追加できます。

Cloud Dataproc イメージの各リリースに含まれるコンポーネント バージョンについては、サポートされる Cloud Dataproc バージョンをご覧ください。

gcloud コマンド

Hive WebHCat コンポーネントが組み込まれる Cloud Dataproc クラスタを作成するには、--optional-components フラグを指定した gcloud dataproc clusters create cluster-name コマンドを使用します(イメージ バージョンには 1.3 以降を使用します)。

gcloud dataproc clusters create cluster-name \
    --optional-components=HIVE_WEBHCAT \
    --image-version=1.3 \
    ... other flags

REST API

Cloud Dataproc API を使用して Hive WebHCat コンポーネントを指定するには、SoftwareConfig.Componentclusters.create リクエストの一部として使用します。

Console

GCP Console で、Cloud Dataproc のクラスタの作成ページを開きます。ページ下部にある [詳細オプション] をクリックして [オプション コンポーネント] セクションを表示します。

[コンポーネントを選択] をクリックして [オプション コンポーネント] 選択パネルを開きます。クラスタにインストールするコンポーネントを 1 つ以上選択します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Dataproc ドキュメント
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。