環境の更新とアップグレードのトラブルシューティング

このページでは、Cloud Composer 環境の更新中またはアップグレード中に発生する可能性がある問題のトラブルシューティングについて説明します。

環境の作成に関連するトラブルシューティング情報については、環境作成のトラブルシューティングをご覧ください。

Cloud Composer 環境が更新される際、ほとんどの問題は次の理由で発生します。

環境を更新またはアップグレードする権限がありません

権限不足により Cloud Composer で環境を更新またはアップグレードできない場合、次のエラー メッセージが表示されます。

ERROR: (gcloud.composer.environments.update) PERMISSION_DENIED: The caller does not have permission

解決策: アクセス制御での説明に沿って、アカウントと環境のサービス アカウントの両方にロールを割り当てます。

環境のサービス アカウントに十分な権限がありません

Cloud Composer 環境を作成するときに、その環境の GKE ノードを実行するサービス アカウントを指定します。リクエストされたオペレーションを実行するための十分な権限がアカウントにない場合、Cloud Composer はエラーを出力します。

    UPDATE operation on this environment failed 3 minutes ago with the
    following error message:
    Composer Backend timed out. Currently running tasks are [stage:
    CP_COMPOSER_AGENT_RUNNING
    description: "No agent response published."
    response_timestamp {
      seconds: 1618203503
      nanos: 291000000
    }
    ].

解決策: アクセス制御での説明に沿って、アカウントと環境のサービス アカウントの両方にロールを割り当てます。

Airflow データベースのサイズが大きすぎて操作を実行できません

Airflow データベースのサイズが大きすぎてアップグレード操作を正常に処理できないため、Cloud Composer のアップグレード オペレーションが正常に実行されない場合があります。

Airflow データベースのサイズが 16 GB を超えると、Cloud Composer は次のエラーを出力します。

Airflow database uses more than 16 GB. Please clean the database before upgrading.

解決策: Airflow データベースのメンテナンスの説明に従って、Airflow データベース クリーンアップを実行します。

次のステップ