メソッド: projects.transferConfigs.runs.list

実行中のジョブと完了したジョブの情報を返します。

HTTP リクエスト

GET https://bigquerydatatransfer.googleapis.com/v1/{parent=projects/*/transferConfigs/*}/runs

この URL は Google API HTTP アノテーション構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
parent

string

取得する転送実行の設定名。転送設定のリソース名は projects/{projectId}/transferConfigs/{config_id} という形式になります。

クエリ パラメータ

パラメータ
statuses

enum(TransferStatus)

指定すると、リクエストしたステータスの転送実行だけが返されます。

pageToken

string

ページ分割トークン。ListTransferRunsRequest リスト結果の特定のページをリクエストする場合に使用できます。複数ページの結果の場合、ListTransferRunsResponsenext_page トークンを出力します。このトークンを pageToken 値として使用すると、リスト結果の次のページをリクエストできます。

pageSize

number

ページサイズ。デフォルトのページサイズは 1,000(最大値)です。

runAttempt

enum(RunAttempt)

実行をプルする方法を表します。

リクエストの本文

リクエストの本文は空にする必要があります。

レスポンスの本文

成功すると、レスポンスの本文に次の構造のデータが含まれます。

プロジェクトに返されたパイプラインのリスト。

JSON 表現

{
  "transferRuns": [
    {
      object(TransferRun)
    }
  ],
  "nextPageToken": string,
}
フィールド
transferRuns[]

object(TransferRun)

保存されたパイプラインの転送実行。

注: このフィールドはレスポンスのみで使用されます。リクエストでここで指定された値は、すべて無視されます。

nextPageToken

string

次のページ分割トークン。複数ページのリスト結果の場合、このトークンを ListTransferRunsRequest.page_token として使用すると、リスト結果の次のページをリクエストできます。

注: このフィールドはレスポンスのみで使用されます。リクエストでここで指定された値は、すべて無視されます。

承認

以下のいずれかの OAuth スコープを設定する必要があります。

  • https://www.googleapis.com/auth/bigquery
  • https://www.googleapis.com/auth/bigquery.readonly

詳しくは、Auth ガイドをご覧ください。

RunAttempt

プルする実行を表します。

列挙値
RUN_ATTEMPT_UNSPECIFIED すべての実行を返します。
LATEST 毎日最後の実行だけを返します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...